2017年5月10日

バッファー

エフェクターのバッファー、今やめっちゃ流行って色んな所から出てるけど、そもそもバッファー必要ですよ!ってわーわーいって色んなメーカーと良質のバッファー作って広めたの僕!!!なのに、もう誰も知らんのね涙。

トッププロ色んな人がバッファーいれたのきっかけ僕。バッファー使うときは僕に承諾を得てね!(ウソウソ)

ホントにそんな事どうでも良かったんだけど、バッファーって使うた事無いやろ?試してみて!って言われると、おいっ!って言いたくなるな笑。

しかも無駄にバッファーだけ出してるメーカーあるし、ヘタすりゃ後段につなぐであろうディレイに高品質のバッファーいれましたとかいうてるとこもあって、、、僕のブログのLUSTREのページ見て欲しいなぁ、もうとっくにそれは無駄って言ってたのに。。。

ギターからすぐというか、ボード内最前段で使うコンプとかワウとかに高品質なバッファー入ってれば、別途バッファー使わなくても音質は保たれる。そして後段にいれても前段のバッファーの影響受けて音質保てないので意味ありませんばい。

ずっと記事書いてないと忘れられちゃってダメね。

LUSTRE出したのも、たしかにもう8年前のことだものね。
今ギター弾き始めた中高生が7歳とかの時か。

しかたない、またそういった記事書いとこうかな。
よっぱらったオジイみたいで嫌なんだけどなぁ〜

投稿者 burtman : 07:59

2009年3月 2日

キてます。

P1030134.JPG

とても嬉しい状況がキてますキてます。
Lustreの開発の頃はまだ開発しているメーカーが少なかったので非常に心細かったが、やっとたくさんのメーカーが「バッファー」もしくは「バッファー入りエフェクター」を作り始めた!今後はバッファーがむちゃくちゃ出てくる・・・僕が知っているだけでも現在10社近いメーカーが新製品として発売しているか、今後の発売を発表しているかと思う。Lustreは半年早すぎたな・・・

たぶんLustreを買ってくれた人も、「バッファー入り」という部分は大して購入動機にならなかったと思うが、僕にとってはLustre一押しの部分がバッファー部分でもあった。
僕は(エフェクターを数個使うなら)バッファーを入れるべきとしつこく言ってきた事はここを見ている方がよくご存じだと思うが、最近になって色んなメーカーが開発に動き出した事は、僕らにとって良い道具が増えるという事だからギターリストとして素直に嬉しい。いえい! (僕の発言のおかげでというつもりではないので誤解無いよう)

トゥルーバイパスは何個かつなぐとギターの肝がハッキリ削れてしまうし、ハイインピーダンスの所為で歪み等のエフェクターがギターによって違う動作をする事は僕にとっては非常に不便と感じていたし、様々なアーティストをサポートをさせて貰っている以上、音楽が求めてる音関係なしにアンプ直が最高!なんてアホな事も言えない。
ならば高品質なバッファーを通るべきと思っていたのだが、正直に書くと今まではたいして良いと思える商品は無かった。

DCF_0672.jpg

全然良い物が無かったので(失礼!)正直それ以前は諦めていたと言って過言では無いのだが、いっぺい氏のBuff(写真参照)を使って気が変わった。
これほどに良いバッファーが作れる技術がある人がいるなら、是非バッファーを通すべきだと気が変わったわけだ。

本当にこのBuffは素晴らしい!むちゃくちゃ良い!しかし、僕はこれをエフェクターボードに入れるつもりが無い。
バッファーだけの為にエフェクターボード内にエフェクター一個と電源一個分場所取られるのは非常に邪魔。道具は便利でなくてはならないと思う。

というわけで、バッファー単体で作って売ってもそのためにボードのスペースを空けてまで買う人は少ないだろうと思い、ギターのOutputから最初につなぐエフェクターにこの「Buff」を入れるべきと考えた。
そして色んなエフェクターの中から、コンプを選んだわけだ。他のブースターや歪みやコーラス等じゃどうも他のペダルと上手く兼ね合いが取れない・・・と思うんだけどなー。

まだコンプにバッファーを入れて開発しているのはLustre以外どこもやってないが、これも時間のうちかな〜と思ってる。良い物は真似される運命。
僕はギターリストとして、便利なアイデアを詰め込んだ道具が沢山出てくる事は、もの凄くWelcomeだ(開発者は嫌だろうけど)素晴らしい物はどんどん増え続けるべきだ。
ステージに出て頑張っている人全員そうだと思うが、機材にはまだまだ不満があり、まだ沢山のアイデアがあるのだから。

投稿者 burtman : 22:41 | トラックバック

2009年2月13日

「返」

DCF_1188.JPG

朝からジョギング。この暗さだから朝とは言わないか。
早々朝は車が少ない所為で、町中の匂いが違った。
その匂いを感じた瞬間、小学時代の同級生・郷原君のアパートの匂いだ!とすぐ思い出した。郷原君を思い出したのも何十年ぶりだろうか。彼の住んでいたアパートはもうすでにないが、アパートを上がる錆びた階段の音や、水はけの悪い砂利の駐車場に出来た楕円の水たまり。その隣の米屋さんでホームランバーが5回連続で当たって、食べ過ぎておなか壊した事。沢山一瞬にして思い出した。
元気かなぁ…
僕は目の前の人の名前が怪しくなるくせに、たまに匂いで数十年前の記憶が蘇る。


お借りした全てのヒット商品のたまごを返送や返却した。
全てのデータに基づき、参考になるように各社にワープロで画像付きの手紙を書いた。かなり時間がかかった。
ちなみに僕個人の趣向だが、現段階ですでに素晴らしいエフェクターが1機種あった。ここまで試作段階で素晴らしいと思った事は初めて。
ローエンドもオーバートーンも一切削られる事なく、スムーズなだけの面白くない音ではなくロックもガッツもある素晴らしいペダルだ。
早く商品名や開発メーカーを言いたくてうずうずする。


Lustreの問い合わせが未だにある。とても嬉しい限りだ。もうちょっと作ってもらえば良かった。
ただ日本国内だけでなく海外からの問い合わせもあり、10台売り切る事以外今後の方針を全く決めていなかったのでなんと返答していいかわからず一切なんの返信もしていなかった。
もちろん僕がプロデュースした10台に関しては、それ以上同じ物を作る事も販売する事もない。それは限定と謳った責任がある。
しかしそもそもの回路設計や技術はいっぺい氏の物なので、Lustreと同じでなければ廉価版や新たにいっぺい氏が改良を加えた物、もしくは完全なるワンオフの特注など、いっぺい氏の本来の仕事をするのは自由だと思っていたので、今度の同行が決まるまでこちらも発言を控えていたわけだ。
しかし先日いっぺい氏と話した際に「現状ではメーカーの新商品開発や定番商品の製作もあり手一杯なので、それ以外のLustreの様な作品に手が回せない」との事だったので、今朝は返信しやすい日本国内からの問い合わせから返答した。

投稿者 burtman : 09:08 | トラックバック

2008年12月14日

Lustreのレビュー

早速使っていただいた方々からたくさんの感想が届いていますのでご紹介します!


福岡県のY・Kさん

先程Lustreを受け取りました。

ずっと楽しみにしてましたし、エフェクターでこんなにウキウキしたのは久しぶりです。

お忙しい中、素敵な梱包までしていただき、ありがとうございました。

取り出すのが勿体なかったですが、早速弾いてみましたので感想を書かせていただきます。

自宅での限られた音量なので、本来の良さが出てるか分かりませんが、とにかく素晴らしいですね!

まず、コンプをかけたときに音質が変わらない事。

評判のいい物でも多少音がこもるんですが、Lustreは抜けが良くなり、音が前に出るので弾いていて気持ちがいいです。

また、ハムバッカーにもよく合うので助かります。

今まで自然なコンプ感、ハムバッカーにも合うというとこでは、Demeter Opto Compulatorを使ってましたが、それ以上に自然な音で、コンプでありコンプでないような感じです。

そして何より嬉しいのは、音量、太さ、艶が別々で調節できる事です。

シングルとハムを持ち替えても、ベストな音に合わせる事ができます。

また、今までのコンプはシングルでのクリーンコードプレイや、アルペジオ、カッティングで使うのが主でしたが、Lustreは音が太く、抜けが良く、ハイを保ったままいい具合に歪み成分がプラスされるので、リードプレイにも最適です。

歪み系などはいい物がたくさんありますが、コンプはどれも何か足りなくて、ROSS、Keeley、Demeter、AYAなどを使い分けてましたが、

Lustreは本当にいいとこだらけで、1台でいろんな使い方が出来る唯一のコンプだと思います。

出来れば2台持って曲中で使い分けたりしたいですね!

それと色とデザインも最高です!

こんなに綺麗な色は他にないんじゃないでしょうか。

後日別メールにて・・・

セッションがあったので、早速スタジオで使いましたが、本当に音がパワーアップしますね。

バンドの中でも気持ちよく音が前に出るので、自分が上手くなったような気がしました。

ただ、苦手なフレーズだと自分の未熟さが際立って、ちょっと使うのが怖くなりますね(笑)

でもこんな音で弾いてたら間違いなく上手くなれるんじゃないかなと思います。

末松さんがおっしゃっていた通り、軽く弾いても太さを残したまま、しっかりピッキングニュアンスが出るので、自分がメインとしている歌ものでは本当に助かります。

その上で音質が変わらないので凄い!の一言です。

今までは曲の盛り上がりに応じて頻繁にペダルを踏み替えてましたが、バラードやR&Bのイントロ&間奏でのちょっとしたソロ、そして曲中でのオブリなど、優しいニュアンスで弾きたいときには最高ですね!

さらにブースターをかけると、もっと太く力強いソロもとれますし。

アルペジオでも他のコンプと違い、ハイ落ちしないので、音がまとまりながらもきらびやかな音が出せるので素晴らしいです。

カッティングでも同じ事が言えると思います。

音質を変える事なく音がまとまり、バンドに負けずに前に出る。

こんなにストレスなく演奏できるのは初めてです!

コンプには不満をもってる人が多いでしょうが、製作が難しいからか、あまり手を付ける人がいない中、

そこに着目してこんな素晴らしい物を作っていただいたお二人には改めて感謝です。


東京都のY・Hさん

使わせて頂いてます!

間違いなく言えるのは、blogで紹介されてた事は過大広告ではなく、本当にその通りで良かったです!

この値段でこれが手に入ったって喜んでます!

使い勝手もいいし、原音も変わらないし。

アコースティックでも全然問題なく使えました!


愛知県のS・Kさん

先日lustreが無事到着いたしました!

で、さっそく使用してみたのですが・・・

音がいい!ナチュラルにも強くにもかけれる!各ツマミの役割がはっきりしてる!クリーンブーストも楽勝!そして見た目も素敵☆

家弾き用の小さいJCでこれですからね~。大きい音出した時やチューブアンプを使った時はどうなるのか・・・バンド練習が楽しみです。

欲を言ってしまうとコンプ用とクリーンブースト用、二つ同時にギターと繋げたい(笑)

あとはこれに頼らない腕を磨くことが課題ですねぇ・・・精進します。

こんな最高のコンプに出会わせてくれた末松さんといっぺい氏にはもう感謝の一言に尽きます。
ありがとうございました!


東京都のM・Mさん

報告遅くなりましたが無事にリュストル届きました。

まず梱包にびっくり!

丁寧に黒い枠にリュストルが鎮座しており開けるのに気がひける感じでした。

セロハンを破らないようにそっと開封しました。

セロハン付の箱も無事に保管。

まずは外観のイメージの感想から。

非常に繊細なオレンジで外観だけで見ていていい感じ。

フットスイッチにもオレンジに彩られていて非常におしゃれな感じですね。

無骨なデザインのエフェクトが多い中さすが拘りのエフェクトという感じです。

次に使用した感想です。

僕の今までのコンプのイメージは音がつぶれすぎる、ハイ落ちするもの逆にハイがかかりすぎるもの等原音が変わってしまうというイメージでコンプレッサーは色々試したけれど満足するものがほとんどありませんでした。

リュストルは僕の良いイメージどおりのコンプレッサーでした。というより今までにはないコンプレッサーという方が正しいかもしれません。

僕の使用方法は音を圧縮するというよりは音の張り、艶を最大限に出すようにする使い方がとても気に入っています。大体Muscleは1時くらい、Eclatは12時くらいでシングルコイルフロントで弾くと音の張り、艶が非常に出てとても音が豊かになる感じです。

特にクリーントーンではリュストルは常にかましっぱなしで弾く感じがこれからは多くなりそうです。

またまだ試していませんが通常でのコンプレッサーとしての使い方もこれから色々と試してみたいと思っています。

何より僕自身コンプレッサーに艶、音の太さを加える役割の物が欲しいと思っていたのでリュストルは本当にそれにかなったエフェクトで大満足でした。

いや本当に購入してよかったです。まだ世の中には10台しかないのでこれだけでもすでにエフェクト好きの私としてはウハウハです。

また面白い使い方ありましたらご報告いたします。

本当に良い製品を有り難う御座いました。作成者のイッペイ氏にもこの感動を宜しくお伝えください。


プロベーシスト 種子田健さん

コンプばっちりですわ。

コンプはパッシブのベースだとかけっぱなしでプリアンプ的に使えます(ピース)


滋賀県のM・Oさん(11月23日追記)

Lustre無事届きました。

さっそくLustreを弾いてみました。
第一印象はつないでも音の劣化がなくて、かなりびっくりしました!!
そこからこだわって作られたんやな〜とプロのこだわりを感じました。

その後ツマミをいろいろさわっていくと、音がよくなっていく感じで音が変になることがありませんでした!
末松さんのおっしゃていたとおりで買ってよかったです!かなり気に入りました。


大阪府のN・Nさん(11月26日追記)

昨日は家で、本日はバンドでスタジオで試しました。

ちなみに、自分のギター(ストラトとテレ)と自分のチューブアンプの間に繋ぐ、というやり方です。

めちゃくちゃ気に入りました!

ブースターとしても原音を保ったまま太さや艶を保つことが出来たり
また、普通のコンプとしても原音を大切にしつつハリが加わるような感じで。
音が綺麗に整理され、しかも自然にプッシュしてくれる感じがしました。
音作りの幅もとても広いと思いました。
自分のギターやアンプの良さが更に引立つな、とも感じました。

今まではコンプは音が変わるものとネガティブなイメージだったのですが
感じ方が変わりました。
あ、でもこれはLustreだから、なんですね!

今度はスタジオに普通にあるJCとかで試したいと思います。
あと、自分の335でも試そうと思います。

演奏する時は手放せなくなりそうです。


福岡県のM・Sさん(12月2日追記)

ずいぶん前にLustre受け取っておりましたが、レビューが遅くなってしまいました。
申し訳ございません。

というのも、自宅で小音量で弾いている状態での感想をのべても、、、、、
と思ったからです。昨日、バンドの練習で試すことができましたので、
それを含めての感想を送付させて頂きます。

1.いわゆる、ダイコン、ROSSクローンと違い原音を変化させる圧縮感がなく、
 音の抜け、ハリが改善される。

 ナチュラル系と言われる某ROSSクローンも所有しておりましたが、どうしても
 原音が変化する感じがあり、クリーンでの16ビート等のカッティング等で
 切れがなくなる感じがするので使用を控えておりましたが、これはクリーンでも
 歪み系のリードでもかけっぱなしで使えます。

2.JC等スタジオ常設のアンプでチューブっぽい艶が得られる。

 これも非常に助かります。JCも程度が良ければ良いのかもしれませんが、
 田舎のレンタルスタジオの設備ではキンキンして使いにくい状態の物が
 多いのですが、Lustreを使うことにより高音の耳障りな部分のみが良い感じに
 緩和されます。しかし、抜けが悪くなるわけではないのが特筆すべきところで
 逆に抜けは向上するみたいです。これは周りのバンドメンバーの共通意見でした。
 (コンプ変えたことは黙っていたんですが、、、、間違えた部分まで目立っていたようでw、
  練習後の突っ込みをかわすのが大変でした。。。。)

ということで、非常に満足しており、手放せない相棒となりそうです。

また、裏蓋を開けたときのサインを見たときは感動しました。


プロベーシト 三浦 ジャイ 剛さん (12月14日追記)

感想としては、物凄く良く出来てる製品だと思いました!

使い方としては、かけっぱなしで、プリアンプ的に太さ足して、音量をやや上げて使っています。

音が程よく太くなり、綺麗に一歩前に出て来る感じで、親指弾き等の弱めの音もニュアンスが残りつつもしっかり聞こえてるので、とても心地良いです!

もう、無くてはならない一台になってます!

ギリギリまで迷ってましたが、買って本当に良かったです!

他の方のレビューにもありましたが、包装も美しく、裏蓋にサインを見つけた時はグッと来ました!

遅くなってしまいましたが、心からお礼を申し上げます!
本当にありがとうございました!


どれも最高のレビューですね〜。また届いたら追記しますね!
ホントに皆さんありがとうございます(嬉涙)

本名を出しても良いですよーって言ってくれた方もいたのですが、限定10台ということで狙われて盗難にでも遭ったら困るなーとおもってやっぱりイニシャルにしました(笑)

投稿者 burtman : 07:19 | トラックバック

2008年12月 5日

絶えず

たった10台しか売ってないのにLustreの購入希望が絶えない。素直に嬉しい。
もちろん僕は世界で一番素晴らしいコンプが出来てしまったと思ったから紹介したわけだけど、この反応は思っていた以上の反応で、えふぇくたぁ工房が驚き喜び悩んでる。僕もたくさん連絡が来て喜び悩んでる。

国内はじわじわという感じだが、Youtubeで見たアメリカ人からの問い合わせが多くてびっくり。
しかも何度も「買いたいから連絡をくれ」としつこくくる。

どうしよう。

けちけちしないで売れば良いじゃんと思う人もいるだろうか?しかし現状はなかなかそう簡単にはいかないのだ。
まず僕はもう間に入って販売するつもりはないし、あのデザインは僕のデザインだし、あくまでも同じ物は作らないという約束がある。
しかもえふぇくたぁ工房としては売ってもアフターケアが出来ないし、限定10台でもハンドワイアードで大変だったのに、そんなにまとめて問い合わせが来たところで作れないのだ。

しかも最大の問題が・・・英語で説明できない(笑)

簡単な返事なら出来るが、音の艶とハリを含むナチュラルなコンプ感を・・・とか英語ではなんと説明するのか疑問だ。直訳じゃまず意味が通らないだろうな。

うーん。

DCF_0993.JPG

先日から話題のトランポさんの32回目の誕生日という事で開演前にサプライズ。

これからも「おしい」語録を楽しみにしてますよ。


DCF_0991.JPG

宇部で泊まっているホテルでパーティーがあるようで、そのポスターが貼ってあったのだが、なんと左下のベーシストは20歳前後地元福岡で一緒に活動してたベーシスト森吉さん。

8月に福岡にツアーで帰ったとき、道ばたで15年ぶりぐらいにばったり。それいらい頻繁にメールしたりして旧交温めたばかりだった。

がんばってるなぁ。

投稿者 burtman : 01:00 | トラックバック

2008年11月19日

最後の発送!!!

ではではでは。
P1030134.JPG

今日は東京都にお住まいのプロベーシストT・MさんとT・Aさん、大阪府にお住まいのN・SさんにLustre発送しますってことでぇ・・・
P1030135.JPG

限定10台「完売」いたしました!!!
ありがとうございました!!!

早速お買い上げ頂いた方々からレビューが届いています。
送って頂いた方々に許可得てからここで紹介したいと思いますのでお楽しみに。

追記
↑は、ただいまツアー中のため、次の会場に向かう集合時間直前に慌てて書いたので、あらためて追記しておきます。

いやーホントにみんなに気に入って頂いて嬉しいです。
しかも限定10台が全てちゃんと買っていただけましたしね〜最高です。マジで。
P1030136.JPG

実は発売前ちょっと気になっていた事があるんです。

Lustreに搭載したバッファーは本当に優秀なんですが、アンプによっては音が変わってしまう事があるんです。
アンプ直でつないだ時にサウンドが濁ってしまうアンプあるでしょう?分かります?
あのごわーんと濁るのはハイインピーダンスの問題やスピーカーの口径や質など色々問題があるんですが・・・ あの手のアンプでLustre使うと如実にスッキリ!パリッとした良いサウンドになってしまうんです。

ただLustreの宣伝文句としてONにしても原音と変わらない!と謳っていたのに、もしかすると使用環境やアンプによっては「変わっちゃうじゃん!」って突っ込まれるかもなーとひやひやしてました。
整備された質の良いアンプだとほとんど変化ないんですけどね〜。
電気信号が綺麗になって、アンプも発音しやすくなって・・・良くなるとはいえ変わっちゃうじゃん!と言われたらホントに困っただろうなぁー(汗)
とはいえ、いくら音質変わっても音の太さが変わらないから大丈夫かなとも思ってたんですけどね。

あと、ホントにあの独特の圧縮感がないコンプで、いくら強くかけてもハリとツヤが消えないし、あのダイナコンプ改良系によくある、コンプを強くかけるとミーとかモーとか鼻づまりのような音にも変わったりしないので、これホントにコンプですか?って効果が分からない人もいるんじゃないかとも心配してました。

買う人の演奏レベルや好みは様々なので、万人に受けようと思えば派手にかかるようにしておいた方が、誰にでも分かりやすく使いやすいんでしょうけど、Lustreはレコーディングやライブで絶対生きてくる「素材に磨きをかける」事だけに特化して作ってもらっているので分かってもらえるかちょっと怖かったんですよね〜!
巷の言葉を借りれば完全に「プロ仕様」だったんです。
でも絶対この良さは分かると思いましたが。

でも、みんな良いアンプ持っていたようで、今のところ全員が良さを分かって貰えたようで嬉し〜〜〜!

DVC00080_M.jpg

たった10台とはいえ、飽きや流行などに左右されない「新しいスタンダード」を目指しましたんですよ。
ちょっと話はそれますが、コンパクトのコンプはもちろんパーツなどで各メーカー各機種、音はそれぞれ違うでしょうけど、どれもダイナコンプの回路が源流にあるそうです。
でね?ダイナコンプが1970年代に元祖として誕生して、その後ダイナコンプはノイズが多くて歪んじゃうって事でそこを改良したROSSが出来て、それでもまだノイズがとか、アタックいじりたいなーとかいって色んなメーカーが改良したり値段下げたりして、しまいにゃいじりすぎて何が良かったのか分からなくなってコンプ要らなく無い?って言い出す時代が来て、今またダイナコンプ良かったよねとかいってスクリプトロゴの復刻版が出たりして(笑)

結局ね、ダイナコンプの歪むところもノイズが多いぶん音が太いのも「ダイナコンプの良さ」なのに、それを否定して改良するんじゃ無限ループなんですよ。いじれば良いところ無くなるもん。
ホント俺はあのグッとつぶす系が欲しいなら元祖スクリプトダイナコンプか、手頃で優秀という意味でBOSSのコンプかどちらかもっとけば良いんじゃないの?と思っちゃう。それが嫌ならそもそもコンパクトのコンプなんて要らないんじゃないかな。

だから、いっぺいさんがLustreのプロトタイプを作ったとき、ダイナコンプの改良系統だったら無限ループの一機種で終わるわけだからこんなは企画絶対やってない。
そのプロトタイプがもうすでに素晴らしい素材で、発展させれば新しいスタンダードに絶対なる!っていう確信があったんで着手したわけです。

というわけで、Lustreは何十年でも持ち主の支えになる物です。
Lustreをつなぐとギターが上手く聞こえるとか、ぼろいアンプでも良い音出るとか、カッティングがそろうとか、そういう子供だましだけで飽きてしまう物ではなくて・・・まぁそういう事ももちろん結果として出来るんですが簡潔にいうと「全ての素材を最大限に生かすコンプ」なんです。
弱い音は最高の弱い音に、小さな家庭用アンプも最大限働かせ、他につないだエフェクターも全て開発者が狙った音通りに動作させ、音楽の中で弾き手の気持ち通りに音をコントロール出来る・・・といえば大げさなようでホント。

なので、売り切った今振り返ってみても全くやり残した事もないし、今後の改良点も全く思いつかないコンプなので、買った人が飽きや勘違いで手放されちゃう事が無ければいいなぁと祈る限りです(祈)

ただ僕がいくらこう書いても文才が全然ない所為でなかなか良さが伝わらないので(汗)僕より圧倒的に文章が上手な購入して頂いた皆さんのレビューを掲載しますんで是非楽しみにしていてくださいというわけでした。

では、追記しまくりですみません。

投稿者 burtman : 11:02 | トラックバック

2008年11月17日

お待たせしました!

DCF_0933.JPG

昨日到着したLustreの梱包完了しました。
そして早速お支払い頂きましたプロベーシスト種子田健さんと、 滋賀県のM・Oさんに本日発送いたしました!
故障もばっちりサポートしますので、ガンガン現場で使ってやってください!

さ、あと3個!

DCF_0928.JPG

日記
ローズウッド指板のストラトを探して渋谷に行ったら渋谷音楽祭のため交通規制。
なんだ?渋谷音楽祭って・・・知らなかったなー。
話戻って珍しくラッカーで仕上げられたSuhrとかFenderのMBSとか色々弾いた。
どれも良かったが、決定打がないなぁ。
お、これ良いなぁーとまでは思うんだけど、持った瞬間これだ!って思えないんで、ひとまず保留。
ツアーの時に楽器屋行ってみる楽しみが出来たって訳だ。

DCF_0930.JPG

Lustreを売るために、ちゃんと素晴らしい物という事実というか裏付けが欲しくて、色んな定番とか名機と言われるコンプを購入し、リハスタ定番のJC-120も手に入れたりして、またそれでとったデータをパソコンに残したりして・・・
暇があればそんな事やってパソコンばかり見ていた所為か、目がすんごく疲れていたようで、気づいたら目が半分しか開いてなかった。

目のマッサージってどこかにあるのかな?

全然知らないので、「蒸気でアイマスク」っていうアイマスク買ってきた。
これが激しく気持ちよくて、目がじわーっと温かくなって、効果が切れる10分後には目がスッキリ!
でも、あまりの気持ちよさにうっとりしてしまうので寝る前に布団の中で使うのがおすすめ!

投稿者 burtman : 19:56 | トラックバック

2008年11月16日

Lustre到着!

DVC00055.jpg

大変お待たせしました。
未完成だった最後のLustreが到着しましたので、早速発送準備に取りかかります。

いやーもうこれが最後かと思うとちょっと寂しくなりますねー。

以前某メーカーのギターのモニターをやっていた時も、友人・後輩が気に入ってくれて何十本もオーダー入れ、みんなで素晴らしいギターの楽しさを分かち合えて楽しかったですが、今回も友人の助けもあっておかげでたった10台ではありましたが難なく楽しく販売できました。ま、まだ終わってないけどね(完売出来たかどうかは発送最後までのお楽しみ)

楽器は冷たく言えば道具なんですが、音楽を奏で一喜一憂するパートナーでもあります。
特にギターとアンプに次いで、コンプや歪みというのは自分のギターの中核を彩るモノでもあるので、「これ無しには・・・」と思える特に大事している部分の機材です。

なので、ホントに今回のLustreは自分が気に入って作ったモノなので 、ほんと子供を売りに出すような気分ですよ(寂)参ったなぁー。
でも各地で良い音を奏で、誰かの良きパートナーとして音楽と時間を刻んでくれると思うとワクワクもするんです。矛盾しまくりですね。

というわけで心を鬼にして梱包しながら、早速ご予約頂いていた方々にメールを送らさせて頂きましたのでご確認ください。
もし万が一、うちには届いてないぞーなんて人はlustre@burt-man.comまでご連絡くださいね。

そうそう以前このLustreのコンプをYoutubeにアップしたときはまだ「Original Compressor」となっていて、しかも機材名もCocktail Partyとなっていたので改めて動画を撮り直しました。
ちょっと残念なのが、カメラ付属のマイクの性能が悪くて集音しきれてないだけでなく、ひずんじゃってるんだよなー。残念。

そうそう先日Lustreの開発者浜田一平さんが代表のえふぇくたぁ工房について問い合わせがありましたんで、いっぺいさんに色々と電話で聞きましたら、以下のURLを参考にしてくださいとの事。

http://www.mpc.name/shops/osk/mpcbooth.php?rid=12

http://www.mpc.jp/report/product/pro001/pro001.html

ここから、メールを送る事も出来ますし、インタビューなどで彼の熱意を感じる事も出来るので是非観てみてください。


ちょっと話変わりますが。

初めてトップページの音楽をちょっと変えました。またエフェクターのサンプルですが・・・(汗)

でも、ちょっと良い感じでしょ?

投稿者 burtman : 11:32 | トラックバック

2008年11月13日

初回発送ラスト!

ではではでは本日、初回発送分の最後の発送です。

東京都のM・Mさんに発送いたしますので、楽しみにお待ちください!

DCF_0926.JPG

限定10台の中で初回出荷分、次回分・・・があるのも変に思われると思いますし、日記にも質問がありましたんで僕の方からえふぇくたぁ工房についてちょっとだけ説明します。

えふぇくたぁ工房は浜田一平氏がお一人でやっている工房なのです。

今でも売れ続けている「Spice Land」や「Active Spice」など定番商品があるので大きなメーカーを想像してらっしゃる方も多いようですが、あれだけ売れている定番商品も今でも一人で作っているのです。

その日々の製作とは別に「オーダーメイド」を受け付けていて、いつのも仕事が終わってからオーダー品を一個ずつ作っているという感じと言えば分かっていただけるでしょうか?

なので、製作のプロですが、オーダー品に関しては設計から始めますし、部品の選別など細かい作業を一人でやるのでだいぶ時間がかかるようです。まぁオーダーメイドはなんでも時間かかりますよねー。

僕がなぜ今回Lustreのオーダーをしたかというとまさしくこれが問題だろうなとおもっていたんです。
個人製作者って方々見渡して貰えば分かりますが・・・月産2〜3台ってのが相場でしょ?
僕が一生懸命ここで宣伝して気に入ってくれた人がいたとしても、一台一台別々に10台オーダーが来たとしたら最後に注文した人は何ヶ月待ちとかになるかもしれない・・・って単純に思ったので、まとめて10台横並びで作ってもらえば時間短縮出来るな!と思ったんですね。

なんせたった1台作るといっても、いつもの仕事が終わってからしか取りかかるわけですから、手間と時間がかなりかかるのが分かっていたので、時間短縮のために10台まとめて僕がオーダーかけて買い取り皆さんに個人的にお譲りする形にした訳です。

おまけに、10台オーダーした「お得意様」の権限により(笑)音色とデザインをこだわったモノにして貰えました。いえい。

081103_131824.jpg

ホントは100台でも1000台でも売りたいんですけどね〜エフェクター販売は僕の本職ではないので、販売と保証と真剣に考えると10台が限界だったんですよ。それ以上になるとちゃんと会社組織にしてかなり真剣に取り組まないと、お客様にも他の楽器会社にも申し訳ない。

そういうわけがありまして、10台限定なんです〜10台に関しては僕といっぺい氏できっちり責任とります!
ちなみにこのデザインは僕がしたものですし色や基盤なども特別なモノ。
これ以上の台数は僕が責任取れなくなるので、今後同仕様のオーダーも受け付けないと約束して貰いました。
というわけで本当にこの世に10台のみです。今後「バージョンアップ〜」なんていって世に出るつまんないオチはありません(笑)
なので、所有された方はどんどん自慢して良いですよ(笑)

まぁそれもこれもいっぺい氏の腕前を紹介したかっただけなんです。
ホントに素晴らしい知識を持った職人です。
新しいモノを作り出すスピードは圧倒的でしょう。

ただ、本当に一人でやってるので製作は遅いんです。
早けりゃ良いって訳ではないですが、みんなに使って貰うためには何千台と作れないと認知して貰えませんからね〜。
なので、僕のほうからも大きな会社作って!っていつもいってますし、彼は目指せレオ・フェンダー!っていう目標があるので今後を本当に期待しているわけです。

そんなわけで、出来上がった分から販売させて〜!とこちらがお願いしたので、初回完成分、次回完成分と分かれてしまったわけです。次回完成分は16日(日)に僕の手元に到着です。
お待ちいただいている方々、もう少しお時間くださいね。

あ、そして「行列の出来るアダプター」に関して問い合わせをしてくれたらしいですが、いっぺい氏はネットが苦手なので返事帰ってくるまで時間がかかるかも知れません。

ちょっと僕からもメールしておきますね。

投稿者 burtman : 08:17 | トラックバック

2008年11月12日

続けまして発送!

P1030134.JPG
機械ばっかりでごめんなさい(笑)

というわけで、今日は愛知県のS・KさんにLustre発送いたしました!
丁寧に梱包して送りましたからね〜いつもLustreをギターと共にガンガン使ってください!

感想も是非お待ちしてます!

今日もちょっと小ネタを。

Lustreはコンプ感、艶、太さ、ブーストっていうのがバラバラに動くのが最高なんですよぉぉぉぉ。

レンタルスタジオでJCしかなくても、チューブアンプのようなコンプ感と艶と太さを与えられるし、最高のチューブアンプにはブーストとして使ってそのアンプの魅力を引き出す事が出来る。
特に日本みたいに小さな会場ばかりだと、アンプが本領発揮出来る音量まで上げる事が出来ないから、ますますブースターの必然性が高くなるでしょう?
(ちなみにアンプのボリュームをがんがん上げて、アッテネーターで音量下げている方も多いようですが・・・ある由緒正しき有名メーカーの方によると、アッテネーターで落とす事自体アンプがかなり無理している状態らしく、トランスを痛める事が多くなるのでお勧めできないとの事。参考までに。)

もっというと!
ストラトにちょっと太さとボリュームを同時上げで歪み成分与えてグイッとロックに!
セミアコフルアコの時は元々音色が太くて艶があるので軽いブーストと艶を出したり!
ギターの持ち替えの際の音量差を埋めたり!
プレーン弦でのメロディー弾きを太さでサポートしたり・・・
まだまだまだまだありますがーむちゃくちゃ良いところだらけなんです。

でも、ポツーーーーーーンっていう深く潰す事が出来なかったり、コンプの深さが2段階しかなかったりと器用貧乏なんかじゃーーーない。
かなり個性的。とてもロックそしてソウルフル。

しかし!これだけ個性的だからこそ使いどころが多いのですよ。逆に出来ない事はDyna CompとROSSに任せます。

ってなわけで、今日のLustre小ネタでした。

あー凄いネタを書いちゃってるな・・・(汗)

DCF_0912.JPG

八戸のせんべい汁ようのせんべいを使ったミートソース・・・せんべい?。
ラザニアとかフェトチーネの感じ。とっても美味い。

DCF_0918.JPG

今日でツアーも一段落。
来週は山形からスタート。
明日から山形スタートまでの数日間で、とある会社のエフェクターのサンプル音源を作ったり、発売前テストに会社に伺ったり、アレンジと曲書きを数曲、打ち合わせも数件と結構忙しい。

がんばらねばな。

投稿者 burtman : 05:57 | トラックバック

2008年11月11日

発送!

早速ですが!

今日は福岡県のY・Kさんと、M・Sさんのお二人にLustre発送いたしました!
お手元に届いたときの顔が見たいなぁー。きっと喜んでもらえると思います!
楽しみに待っていてください。

P1030135.JPG

ちょっと小ネタを。
今日もちょっと先輩ミュージシャンからバッファー入ってないの良くないよねーとメールを頂いたので、今日はLustreのバッファーの話をします。

バッファー搭載のってホント少なくなったんですよねー 全部がトゥルーバイパスっていうかバッファーレス。
実はバッファー入ってないと悪い事だらけらしいですよ。
電気関係は専門ではないのであまり突っ込んだ事は書けませんが、スイッチノイズはうるさいわ、汚い電気信号(ハイインピーダンス)を修正してから(ローインピーダンスにってことね)エフェクターを通るわけではないから、ギターによってインピーダンスが違う所為で艶が出なかったり正しいエフェクターの効果が出なかったりしてしまうんですよ。困ってしまいますね。

これは僕も現場のトラブルでなんとなくバッファーの所為だと感じてたんですよ。電位差のトラブル、ギターによっての効果の変化、スイッチノイズ、音質劣化・・・トゥルーバイパスをむやみに信じていたときには原因不明のトラブルにたくさん襲われていて、スタッフと考えても結局原因が本当に分からなかった。
そんな時にいっぺいさんに色々と説明してもらって・・・ああ!なるほど!あの事故はその所為で起こったのか!って正しく教えて貰ったのです。
ホント悩んだなー「なんでこのギターだけ歪み具合が変わっちゃうだろう?」ってね。

というわけで!Lustreのバッファーが良いところは!

・ギターからすぐ後にコンプをつなぐから、自動的にそこにLustreが入れば、電気信号が綺麗にローインピーダンス化されその後のエフェクターも正しい効果を得られるようになる。

・しかもスイッチノイズも劣化も押さえれる。

それを可能にしてるのは、えふぇくたぁ工房オリジナルの高音質バッファーが入ってるからな訳です。
過去によくあった「簡易版バッファー」の搭載したエフェクターは駄目でしたよねー。その所為でバッファーが「悪」とされましたしね。ホントはバッファーいいのにな。
ただ・・・ちゃんと作るとパーツ代とか高くなりますからね〜気持ちはわからんでもない。
でも、Lustreはやりましたよ!素晴らしいバッファーそのまま搭載してます。

こういう細かい所に拘ってるから売価が高くなっちゃったんだけどね(汗)

ちなみに、いらなければオフにすればトゥルーバイパススイッチなのでLustreのコンプも搭載バッファーも通らなくなるようにしてあるし・・・単体で売ってるバッファーをわざわざスペース使っていれるのは・・・邪魔でしょ?

というわけで、「どこかのメーカーがやってそうでやってない」そんなLustreの魅力の一部でした。

200811110409.jpg

トップページが超パワーアップしました!

これはスーパー最新科学技術トップページで、僕が見ているモノを携帯で投稿するとトップページにどんどん反映しデザインとして彩ります!しかもクリックすれば一枚ずつ見る事も出来る!すごいでしょ!

実はWhat's HappenというLink張られてないコーナーがほったらかしであったんですが…実はこの技術を使って写真を見せたかったんです!

でも、最近それはトップページでやれるんではないか?という事になって急遽路線変更。本日発表となりました。

というわけで、トップページでリアルタイムな僕の行動もお楽しみください! よろしくです。

投稿者 burtman : 05:27 | トラックバック

2008年11月 8日

幸せな日々

まず最初に!

Lustre Compressor昨日発売日でした!
たくさんのお申し込みありがとうございます。

早速ですが、今日東京都のY・Hさんに初出荷いたしました(嬉涙)
たった10台ですからね(笑)ここで感謝の意も込めて全員イニシャルですが発表させていただきます!
Y・Hさん使い始めたら是非感想聞かせてくださいね!

というわけで、用意ができ次第一人ずつご連絡差し上げてますので、「まだ来てないよ〜」と思ってる方は連絡が来るまでしばらくお待ちください。

P1030134.JPG

最近友人プロミュージシャンの方々に、コンプ良さそうだねぇ〜!と連絡貰ったりしてます。
そうです。間違いなく良いんですよ〜。素晴らしいギターリストであればあるほど感動して貰えると思います。

ホントに「オリジナル回路」だからこそ、自分のプロデュースって胸張って言えます 。
最近モディファイやクローンと言われるものが増えたせいか、 最近基盤や回路に詳しい人も多くなってきてるんで、中開けて見て「なんだ偉そうに語っといてこれ○○○のコピーじゃん」って言われるのは嫌ですからね(笑)

ちなみにLustreは基盤を樹脂でぐちゃぐちゃーって固めてたりしてません。
いっぺい氏曰く「見るならどうぞ」だそうです。
いっぺい氏の作るエフェクターは、その効果(コンプとか歪みとか)にあわせて、基盤のデザインを最良の方法で組んでいるので、パーツだけをみて、もしくは回路図だけをみて真似したって、同じ音など作れないと自負しているそうです。言うのは簡単だけど、実はこういう事が出来る人がどれだけいる事か・・・

またネタは少しずつ発表しますね。

それにしてもご予約いただいた方々皆「いつもBlogを楽しく読ませて貰ってます〜」から文章が始まるんです。
ほんと全然面識ない人も多くて、僕が知らないだけでたくさん見てくれてるんだなぁーととても嬉しく思っています。
ありがとう!

DCF_0891.JPG

というわけでいつもの日記へ。

アグネスさんのマネージャー橋本君の結婚式に出席。久々のスーツはなんだか気が引き締まる。
とても良いムードの結婚式だったうえに、奥様の感謝の手紙が素直な気持ちが書いてあり、話を聞いていてついもらい泣き。

DCF_0890.JPG

ツアーが始まった。
かれこれもう何本目だろう?とはいえ来月で今年も最後か。
短期間のツアーにも得るモノは多いが、これだけの長期でのツアーは、演奏者として、対人関係、楽器・・・本当に色んな事が勉強になった。
特にメンタルというのが演奏には一番大事だな。

DCF_0894.JPG

機材の見直しをしてる。
足下をすごくシンプルに、小さくまとめたい。
先輩稲葉政裕さんとか、僕と同じボードに恐ろしく収納上手な感じで、かなりのエフェクターが詰め込まれているんだよなー。
なんとか真似したいなーと思うと、George L'sを使うか、いっぺい氏の作った便利機材を使わないと出来そうにないんだよなーうーん。。。いっぺい氏に来て欲しいなツアー(笑)

投稿者 burtman : 05:06 | トラックバック

2008年11月 5日

Lustreの説明及び画像・映像

どぎまぎしながですが(笑)Lustreの参考映像を作りました!

P1030134.JPG

10分という尺が決まっていて、焦っているせいで存分につたない紹介になってますが(汗)少しでも分かりやすくなるよう素人ですが見苦しいところだけ編集しましたんで、雰囲気だけでも分かってもらえたらなぁと思います。

P1030136.JPG

ちなみに梱包も着々と進んでまして・・・

P1030135.JPG

めちゃ良い雰囲気でしょ!

では、よろしくお願いします!

投稿者 burtman : 08:45 | トラックバック

2008年11月 3日

Lustre Compressor 11月7日発売!

DVC00080_M.jpg

予定がずれ込んでしまって、本当にすみませ〜〜んでした!

なんとか初回出荷分が数台ほぼ完成しましたので、今宵正式に発売のアナウンスをさせていただこうと思います!

お待たせしました!Lustre (Compressor) 11月7日に発売いたします!パチパチパチ・・・

明日初回出荷分の数台が届く予定ですので、発売日の7日までに映像や梱包の用意など販売に関する準備をテキパキ進めたいと思っております。

明後日までにはこのBlogで最新映像を流せると思いますので、そちらのチェックもよろしくお願いします!

一台一台僕の手元に届いたものを最終チェックし、特別梱包し発送準備が整い次第、ご予約を頂きました方々から順次ご連絡入れますので、「おれのはまだかー!」とおっしゃらず、今しばらくお待ち頂きますようお願いいたします。
081103_131824.jpg
また改めてコンセプト説明しますっ!

このコンプはむちゃくちゃ特殊で文章では伝わりにくい部分が多いので、映像でお届けしようと思っておりますが、簡単に文面でも説明しておきます。

簡単に言いますと、コンプに対して望んでいる事を叶えました。

・自然なコンプ感が欲しい
・ハイ落ちしないで欲しい
・ハムバッカーにも使える
・ダイナミックコンプじゃなくリニアコンプである事
・艶も出したい
・シーケンスに負けないパワーが欲しい
・最初につなげるエフェクターなので音質劣化も防ぎたい
・ブーストも出来るようにしたい

色々コンプ集めてみましたが、どれも何か一つ出来ないんですね。残念ながら。

しかし☆Lustreは全てを叶える事が出来たんです☆

実は、最終的に1つだけ出来ない事があったんですが、諦めようかと思ったその日奇跡が起こり最後の最後に乗り越える事が出来ました。

そんな奇跡もあって「これは自分のモノだけにするのにはもったいないな」と思い、10台だけ僕がオーダーし皆さんに適正価格でお譲りしようと思ったわけです。

適正価格とはいえこの値段は確かに高いです。そういう声がチラホラ聞こえてきました。たしかに僕も中学生に買ってもらえる値段にしたかったし、たくさんの人に使ってもらえる値段設定でたくさん作りたかった。でもそれは難しかったーーーー(それはまた今度話します)

あ!残念ですがLustreには一つだけ出来ないことがあります。
コンプを強くかけた時に得られるポッーーーーーンという潰れまくった音。あれだけは出せません。開発の時にあれは使わないから!とあの音だけを妥協しました。

このLustreはDyna CompやROSSとは一線を画するオリジナル度の高いコンプレッサーなので、もちろんLustre一台でのバリエーションは広いですが、Dyna Compと併用し曲によっての使い分けや、同時使用など可能性はたくさんあります。

「Original」というのは存在理由が強いのです。

taneda.jpg
ベーシストには種子田健さんのファーストインプレッションを。

・SoftとHardのミニスイッチはSoftの方が使いやすい。
・パコンパコンに潰しまくるコンプと言うより、ラックのコンプに近い。
・Urei1176の潰れる感じじゃなく、ナチュラルなdbx系。
・バッファーを通り信号が綺麗になるせいか、パッシブピックアップでもアクティブのように元気になる。

との事。参考になりますね〜〜〜!

というわけで、このLustreは限定10台となってます。
ええ、僕が全て買い取った?仕入れた?愛すべき10台です。(ふふふ、もちろん代金も支払い済み!)
しかし!すみません、すでに残り2台となってます!
ガンガン使っていただける方、是非よろしくお願いします!


商品説明

・パーツの選定から半田やケーブルにまで拘り抜いた部品。
・True Bypass(Off時の音質劣化を避けます)
・ユニバーサル基板
・製作者一人で組み上げた完全ハンドワイアード
・オペアンプを使用しないディスクリート回路
・ラッカー塗装
・スパークリングオレンジ(限定色)
・9V電池、9V ACアダプター対応


注意事項

※安定した9Vアダプタをご使用ください(えふぇくたぁ工房「行列の出来るACアダプター」推奨)
※ハンドメイド&ラッカー塗装ですので、若干の塗装ムラや小傷がある場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
※ご購入後1年間、えふぇくたぁ工房での無料修理保証(正常な使用状態に限る)

販売価格36,750円(税込み)

ご購入は11月7日よりlustre@burt-man.comで受け付けます。

投稿者 burtman : 20:44 | トラックバック

2008年10月28日

久々の日記

今日はお詫びから。。。

そもそもの予定としてはLustreがもうそろそろお手元に渡ってないとおかしいのですが、予定よりだいぶ遅れております。
細かい部分に拘ってやり直しが続いたり、製作者いっぺい氏の怪我なども重なってしまい、予定としては今月半ば発売だったのですが、今週中に初お目見えでは無いかという感じです。

予約されて楽しみに待って頂いている皆様には大変申し訳ないのですが、もうあと数日お待ちいただけますようお願いいたします。

そして残りは・・・ラスト2台となってしまっております(汗)
出来上がり次第、映像や説明のページをアップしますので、それをみて気に入って「欲しいかも!」となっちゃった方はお早めにlustre@burt-man.comの方まで、お気軽にお問い合わせください!

DCF_0880.JPG
ここからいつもの日記に変わります。

プレミアムギターショーに行った。
着いてすぐ開催会場にも入らず、わざわざ出てグヤトーンの松木部長さんと寿司を食った(笑)
まぁ楽器は逃げはしないから。。。そんな余裕が出てきた。
上京してすぐは、ギターショーというものはたまらない喜び。
地方にはそんな楽しい行事ないからだ。
初めて行ったときは、それはそれは一つ残さず見るべしっと汗をかきかき焦って見て回ったのをよく覚えてる(笑)
今度はゲームショーとやらに行ってみたいなー。

DCF_0879.JPG

ギターショーを回っている時に、Dr.Kこと徳武さんに出会ったので、松木さんに紹介して貰った。
なぜだか徳武さん僕の名前を知っていたようで恐縮。。。
とても好きなギターリストなので、本当に嬉しかったな。

DCF_0878.JPG

僕のヘアースタイルを全面的に任せているTさんが結婚し、身内でパーティーするって事だったので、僕が演奏しに行ってあげたかったのだが、どうしてもスケジュールが許さなかった。

なので、 僕が「僕は残念ながらいけないんだけど、結婚記念に二人でなにかやるってのはどう?」って焚き付けたのがきっかけで、ウクレレと歌をお祝い代わりに教える事になりレッスン初日を迎えた。

まぁ間違いなくTさんのお友達はここを見ているわけがないので写真公開。

イケメンの旦那様と、かわいいTさん。
レッスンしてても、ほんとに「うまがあう」とはこのことで、「何でもさらっと出来ちゃうが飽きっぽい旦那様」と、「とても不器用だがしつこいくらいの情熱を持った奥様」が良い刺激を与えあうので熱中し、いつのまにかに1時間半以上レッスンしていた。

良い夫婦だなーと、なんだかこっちが嬉しくなった一日だった。

投稿者 burtman : 07:26 | トラックバック

2008年10月17日

買い出し

Lustre(Compressor)最新情報

ご注文頂いた皆様には申し訳ないのですが、少々パーツの入荷などの都合で作業が遅れてまして少し予定より遅くなってますが、塗装の途中経過写真が届きましたので来週中には入荷報告出来るかなーと思っています。
一台一台お申し込み順に僕が最終チェックと梱包をして発送するつもりです。
梱包完了しましたらご連絡しますので、代金をお振り込み頂いて入金確認次第発送いたします。
なんとか映像や完成写真載せてからの販売分も確保出来そうなので、もうちょっと情報欲しいなーと思っている人は楽しみに待っていてくださいね!

追加情報
1年間無料修理保証(正常な使用状態に限る)

DVC00048_M.jpg
では、いつもの日記に。

3ヶ月ぶりに髪を切った。写真はいつもお願いしているTさん。
偉そうに聞こえるとあれだが、初めて美容師さんを気に入って通ってる。
もちろん美人だし、こんな人がいたのかという位良い人で、それに加え自分でヘアデザインが出来る人。
「コンサート前なんで、セットすれば派手になって、日頃も手入れしなくてもすっきり見える、僕に似合う髪型」
こんな勝手な事言ったらどこのお店でも「お客様の好みがあるので・・・」と返されてしまう。
そこを彼女はうーん・・・と悩んでくれて、しかもホントにバランス良い感じに仕上げてくれる。ホントに助かってます。
Tさん最近良い事があったらしいので、近々お祝いに特別ウクレレ教室をしてあげるつもり。
いやーホント見た事ない位良い人なんだー本当に話してるこっちが恥ずかしくなるほどなんだ。
お願いだから心の中では「うぜー」くらい思ってるような黒い部分が欲しいな(笑)無いだろうなー。

DCF_0856.JPG

夕方色々買い物に行った。
ワイアレスキーボードの単3電池、Lustreの梱包用テープ、事務用セロハンテープ、蛍光スタンド、プリンター用インク・・・久々そういう文房具や電気屋に行くと色んな物があって楽しい。
デジタル放送対応のテレビなんかめちゃくちゃ安くなってる。そもそもTVを見ないので興味が少ないのもあるがあそこまでとは知らなかった。

投稿者 burtman : 04:41

2008年10月 9日

後、3個

もう何度も書いてますが。。。
Lustre(リュストル)というコンプレッサーを、大阪のえふぇくたぁ工房と一緒に作りました。
一緒に作ったというか、サウンドとデザイン監修が僕、製作がえふぇくたぁ工房ですね。

lustreface-1.jpg

最近ほとんどが、某大根や○スのコピーですが、これは全く違う回路から生まれたコンプレッサー。
でも、CD等で聞いた事がある、誰もが求めている音と思うものを目指し、かなり良い物が出来上がりました。

商品説明しますと。

・限定10台

・発売予定10月後半

・販売価格36,750円(税込み)

・ユニバーサル基盤/完全ハンドワイアード

・トゥルーバイパススイッチ

・ディスクリート回路

・ラッカー塗装/カラー:スパークリングオレンジ

・ON時には音楽的なバッファー回路を通ります。

本日の追加項目

・送料別。

となっております。

ただいまご使用頂いているのは、織田哲郎さん。

というわけで、まだまだ情報すらおおざっぱな状態の上に完成サンプル写真も無い状態だったのですが、反響に押されフライング状態で予約を受け付け初めてしまいました…が。

あれよあれよと予約が入りまして、後3個!
後、3個しかなくなってしまいました。。。(汗)

出来ればせめてサンプルが出来て、改めて発表してから数日間で即完売!となると幸せだなーなんて思っていましたが、毎日全国の方からお申し込みいただき、もう残り3個。すみません。。。

お問い合わせいただいた方の中でも、情報を待ってから注文しよう!と思って待っていてくれてる方がいるのですが、もしかしたらサンプルが出来上がる前に、いや近日中にも完売の可能性が。。。というわけで、絶対に増産するつもりが無いので、もし迷っている方がいらっしゃいましたらお早めによろしくお願いしますと言っておきたくて再度情報を載せた次第です。

商品の発送や、パッケージ等は僕が楽しみながら一個一個やるつもりで、今日色々と仕入れてきました。ふふふ。

よろしくお願いします。

DCF_0845.JPG

では、いつもの日記に。
ちょっと前に頼んでいたツアーケースや、歪みものエフェクター、シールド、CD等が午前中一斉に届いた。にこにこ。
一気に届くとありがたみが減るので、一個一個届いたつもりでいじっていこうと思う。
明日も一本シールドが届くらしいので非常に楽しみ。

DCF_0843.JPG

オリンピックをあまり見てないからなのか、時代が移り変わってしまったから理解出来ないのか原因が分からない事がある。

今回のオリンピックで鳥の巣と呼ばれていたスタジアムがある。
その鳥の巣の事の呼び方が問題なのだが、ニュースでは「五輪メーンスタジアム」と書いているのを見かけないか?

メーンって何だ?メインの事か?メインスタジアムならよく理解出来るのだが。
山城新伍がカメラマンをキャメラマンと言っていたように、昔エフェクターの事をアタッチメントとよんだように、時代の移り変わりでメインがメーンになったのか?「メイン」は昭和生まれのおっさんだけの呼び方か?
それとも練マザファッカーの影響か?

五輪メーンスタジアムと書かれているのを見る度、違和感を覚えて仕方が無い。

DCF_0844.JPG

ホークスの監督を秋山が引き継いた。
たいした野球ファンではないが、それだけはむちゃくちゃ嬉しい。

投稿者 burtman : 06:52

2008年10月 6日

なぜこうパソコンに向かうと全て忘れるのか。

なぜこうパソコンに向かうとblogに書こうと思った事を全て忘れるのか。
誰か検証してくれないだろうか?きっと、ちゃんとかかなければ伝わらないという緊張からかと思うが、それにしてもぼけどころでは済まされないほど忘れていくのだが。
そうか嫌な事があればパソコンの前に座れば解決だな。

ちなみに風邪をひいた。自分としてはかなり久しぶりである。
今回は風邪治りかけの人と数時間仕事したので、もう途中から喉がかなり痛くなっていた。
なんて免疫がないんだと情けなくなるが、なんとか気合いで喉の痛みと鼻水でとどまらせた。

暑いのか寒いのかわからない時期なので、みなさんもお気をつけください。

DCF_0838.JPG

以前も書いたが、本当に店舗は必要ないように思ってきた。これはもう強力にだ。
一昨々日、超メジャーな人の「最新CD」を買いにいった。しかーーーーし4店舗回って1店舗も無い。

ネットショッピングで十分と以前書いたが、ちょっとそれは言い過ぎかと反省していた。やっぱり見て回って自分のお目当てのモノ以外も情報としていれるのも良いかもしれないと思ったのが運の付き。
都内をぐるぐる回って歩き疲れてイライラしただけだった。
まだ懐メロなんかの珍しいアルバムや、廃盤や中古を探してるなら分かる。去年出たJ-POPだぞ?
結局帰ってきてAmazonに頼った。はぁ。。。

080926_0703~01_Ed.jpg

リュストルは毎日着々と予約が入り、驚く事にあと僅かとなった。
まだたいした情報もないのになんとありがたい事か。
今いっぺい氏と最後の詰めを続けているのだが、全ての面で完成が楽しみでたまらない。
ちなみに質問があったので、ここで答えておこう。

質問:もっと安くならないですか。
みなさんは結構原価が安いものと思っているようだが、これが全く安くないのだ。大手企業なら1000個作るためのパーツをドカっと仕入れるため、単価を下げる事が出来るかもしれないが、10個のために厳選したパーツとなると全然別次元。
しかもそれをいっぺい氏が基盤にはめて一個一個ハンダ付けして、ネジはめて、虫除けながら塗装して、乾燥させて・・・(汗)
その原価が高いプロトタイプを、改良の度僕に送って貰う送料や、打ち合わせの電話料金や、現場でのテスト期間など色々考えると。。。
あははははは。いいじゃないか良い物を作って10人に勧める事が出来て楽しいのだから。わははははは。

質問2:ラックに勝るコンプなんですか?
ラックはラックの良さと目的がある。ラックこそがギターに良いのであれば、高かろうが何だろうが買って使っている。
なぜプロのギターリストがコンパクトのコンプをわざわざ使うかというのには理由がある。
それは企業秘密なのでかけないが、その答えがLustreに秘められているのです。ふふふ。

一応出来上がってから写真やサウンドは改めてここに載せるつもりなので、その時を楽しみに待っていて欲しい。
ちなみに写真のエフェクターはLustreじゃないのでお間違いないように。

DCF_0837.JPG

久々にハマった。
マニアックな話で申し訳ないが、シールドのチェックをした。
CANARE(シールド)良いじゃないか。
俺は15年以上初心者用と思ってた。すみませんCANAREさん。
今のローディーチームの方々が口を揃えて「結局皆CANAREに帰る」と言っていた意味がちょっと分かった。
逆に現在多数持ってる高額なだけの使えないシールドはどうしよう・・・まぁサンプルに持っておくか。

今夜の最大の衝撃は、TS808HWのスポンジ加工のひどさか、これのどちらかに尽きる。

投稿者 burtman : 03:31

2008年10月 3日

Lustre正式に予約開始

細かい事が決まってきたので毎日更新で申し訳ないですが、Lustre(Compressor)について詳細発表です。

毎日更新というのも・・・実はちょっと焦っているのです。まずその理由を正直に書きます。

どうしても自分がツアーに出てしまうと責任もって販売が出来ないので、なんとか10月入ってすぐ発売したいと思っていたのですが、細かい部分がどうしても納得いく感じにならず、思わずこだわってしまっているのでかなり作業が遅れております。

あとハンドワイアードでの複数台の作業もかなり大変なようです。

ただ、ありがたい事にデザインや価格も決まって無い状態なのにも関わらず、mp3や動画のサウンドを聴いて買いたい!と申し込んで頂ける方が多くて、実はもうご予約いただける残り台数が少なくなってます(汗)

そういうわけで、デザインや価格等詳細を待ってお申し込みいただこうとしている方に1台も買って頂けないのでは申し訳ないので、現時点で決まっている事だけでも発表する事にしました。

ですので、まだまだ情報が少ないので申し訳ないのですが、迷っている方はこの発表で少しは決定しやくすなるのではないかと思います。

完成品が一つもないので写真は載せられませんが、一応お絵描き程度でブランド名も入ってないのですが、ざっくりでもイメージが伝わるように完成予定像を載せておきます(完成品とは印象が違う事がありますのであくまでも参考程度にみてください)


lustreface.jpg

では、Lustreの商品説明です。

・限定10台(以後の販売はありません)

・発売予定10月後半

・販売価格36,750円(税込み)

・ユニバーサル基盤/ハンドワイアード

・トゥルーバイパススイッチ

・ディスクリート回路

・ラッカー塗装/カラー:スパークリングオレンジ

・ON時には↓と全く同じ音楽的なバッファー回路を通ります。

DCF_0672.JPG

Lustreは本当にこだわりまくって時間かけて作っているものです。

これはROSSやMXR Dyna Compのコピーではありません。
スタジオラッククオリティーを目指しHi-Fiで音が細くなる物でもありません。

あくまでオリジナル。

しかもこれを通すだけで太くなる、艶が出るなんて、トーンを追求する「音マニア」「コンプ好き」にはたまらないでしょう?

もの凄くナチュラルにかける事も出来るのでどんなジャンルでも使えるかもしれませんが、僕としては是非「どんなコード進行でも歌える様なメロディーを弾いちゃう」方や、「この人のバッキングじゃないと歌えない」とボーカリストに言われちゃう「ポップス職人」に是非使ってもらいたいなぁ。

きっと「ポップス職人」にとって「これさえあれば俺最強」と思えるような相棒になると期待してます。

というわけで、ご予約ご質問はlustre@burt-man.comまでよろしくお願いします。

投稿者 burtman : 07:40

2008年10月 2日

buRt-manの機材レビュー ベースでのサウンドチェック(動画)

今日はちょっと別件で用事があったベーシストさんに、都内某スタジオにてLustreのサウンドチェックをお願いした。

いやーお願いしておいてこういうのもなんだが、ビデオカメラ越しでも上手いしかっこいいのがよくわかる。

快く引き受けて頂いてありがとうございます。

というわけで早速見て欲しい。

一目見てお分かりだろうが、そう!素晴らしいベーシスト種子田健さんだ。

この映像を見てパソコンの前で小躍りする人が何人いる事やら。ふふふ。

早速だが種子田さんの感想としては。

・SoftとHardのミニスイッチはSoftの方が使いやすい。

・パコンパコンにつぶしまくるコンプというよりラックのコンプみたい。

・Urei1176のつぶす感じじゃなく、ナチュラルなdbx系。

・バッファーを通り信号が奇麗になるからか、パッシブピックアップでもアクティブのように元気になるね。

という感想頂いた。
ベーシストの方にはとても伝わりやすいイメージでは無いだろうか?

しかも。

バンドメンバーのよしみという事で弾いてもらえるだけで十分だったのだが、なんと「これ6万くらいで買える?1台売ってくれるなら欲しい」と言ってくれ「え〜!」って声出したほどびっくり。

限定台数のためモニターとして差し上げる事が出来ない事をビデオ録る前から伝えていて、それでも二つ返事で「いいよ」と引き受けてくれただけでもありがたかったのに。。。
でも、本当に気に入ってくれたから買うって言ってくれたんだと思うと、心苦しいようなめちゃくちゃ嬉しいような…

というわけで、今日は数件のご予約に合わせ、種子田さんもご予約いただき、幸先のいいスタートを切れた。

早く値段やデザイン決めなければな。。。

投稿者 burtman : 01:49

2008年10月 1日

オリジナルコンプレッサー「Lustre」

先日織田哲郎さんのライブツアー2008 「SHINE THE LIGHT!」に、えふぇくたぁ工房いっぺい氏が伺った。
なぜかって、このオリジナルコンプの反応を聞くためだ。

結果から言うと。
「あれ良いよ!ナチュラルなかかりがいい!」と「使っていたけど音分かった?」とツアーで全面的に使ってる事と、お褒めの言葉を頂いたようだ。

プロデュースした僕も、とっても嬉しい連絡だった。

まぁそれよりもなによりも、電話くれた電話先のいっぺい氏が緊張でガチガチだったのが忘れられない。

DVC00371_M.JPG

また特に喜んだ理由は、ツアー直前にコンプを渡した後、織田さんに関わる人たちから、織田さんの音(トーン)に対する異常ともいえるほどのこだわりを感じるエピソードを聞いたからだ。

残念ながらここではそのエピソードは少しも書けないが、どの話も聞けば聞くほど凄い話。
音楽系の仕事の人なら笑えないか、冷や汗が出るような話だろう。
それもこれも、織田さんが掴めるくらい鮮明にトーンをイメージ出来てるからこそ出てくるエピソードだから素晴らしい。

その織田さんがかなり気に入って使ってくれ、先日mayushaさんがコメントくれたようにライブで沢山の人にあの音を聞いてもらえたというわけで、非常に嬉しかったわけだ。

DVC00369_M.JPG

というわけで!

えふぇくたぁ工房のいっぺい氏と、長文メールと電話連絡を何度も交わし(たぶん通話料金、エフェクター1個分以上)、ロードテストを繰り返し、素晴らしく良いコンプが出来たので、全く同じ物をこのBlogだけで限定発売する事を発表します!

以前からそう出来たら良いなと思っていましたが、なんとか発売出来そうな所まで打ち合わせが進みましたので、いっぺい氏に製作に入ってもらいました。

というわけで、オリジナルコンプレッサーと言っていましたが、長く愛着もって使ってもらうためにも無い知恵振り絞ってネーミング。

『Lustre』リュストルと名付けました。どうです?良い名前でしょ?

Lustreの発売に関しては調整段階なので、ざっくりとしたインフォメーションで申し訳ないですが、少し説明しますと…

・限定台数(多分10台位が限界かと)

・価格4万前後に押さえられると良いなぁ。

・ユニバーサル基盤/ハンドワイアード

・トゥルーバイパス

・ディスクリート回路

・ON時にのみ、かなり素晴らしい音楽的なバッファーを通ります。

・ラッカー塗装/スパークリングオレンジ

という事になるでしょう。

Lustreに関して気になって気になってどうしようもない人のお問い合わせや予約等はlustre@burt-man.comまでお願いします。

限定台数を超える予約が入ってしまった場合、先着順での受付となりますのでご購入いただけない場合があります事をご了承ください。

※写真は製作途中の様子

DVC00367_M.JPG

ではまた。

投稿者 burtman : 05:36

2008年9月17日

buRt-manの機材レビュー

連日アップ。
日記にも書いたが、新製品開発に参加し、プロトタイプが完成したので紹介させて欲しい。

DVC00348_M.jpg

上のやつである。
右はプロトタイプ、左は完成系プロトタイプ。
中身はどちらも同じである。
ちなみに右のが織田哲郎さん所有、左が僕所有。
この世にまだ2台しかないコンプである。

まずはこんな素晴らしい機材を作ってくれた浜田一平氏に感謝します。

では、少しだけ経緯を。
実は数ヶ月前からこのプロジェクトに取りかかっていた。
これまでコンパクトエフェクターのコンプはなかなか納得いく物が無かった。これはプロトタイプの持ち主、織田哲郎さんも同意見である。
音の感じ方は人それぞれなのであまり細かい事は書くつもりはないが少しだけ僕の意図を説明すると、基本的にMXR Scriptのダイナコンプは大好きだ。

しかしある特定のジャンルではダイナコンプが大活躍するが、ジャンルが変わるととても歪みぽかったりレンジが狭く感じて演奏がグッとこなくなってしまうのが問題だった。

そこを解決すべく数年前から知っている限りのメーカーや開発者にコンプを作ってくれませんかと持ちかけてきたが、誰にも興味を示してもらえなかった。
しかし今年に入ってえふぇくたぁ工房の浜田氏が、ありがたい事に僕のわがままに耳を傾けてくれたわけだ。

プロジェクトがスタートしてからは僕なりのコンプに求めている点を浜田氏に包み隠さず伝え、プロトタイプを作ってもらっては、現場で試して、また変更点を告げ、また作ってもらっては・・・と繰り返してきた。

しかし最後の最後でどうしても一点だけクリアしない問題があった。

電話やメールで何度も話しあったのだが、どうしてもそこをクリアしようとすると全体のバランスが崩れるとの事で最後の打ち合わせの日に諦める事に決めた。

しかしタイムリミット前日の深夜、浜田氏に突然の閃きかあったらしく、なんと一晩で完璧な回路を完成させ、僕の全ての望みをクリアしてくれたのである。

そして目出度く昨日手元に届いたので、ツアー直前の織田さんにも僕から手渡せた。良かった。

そんなわけで早速だが明日からのツアーに織田哲郎さんが持っていったので、生で音色を聞けるのは各ライブ会場となりそうだが、ひとまず昨日と同じ環境で録った音源があるので聞いてもらいたい。

まずストラト生音、ドラム入ってきてからコンプのストラト(Left)、4小節後に335(Right)エンディングにコンプかけたままアンプを歪ました335をワンフレーズ。バッキングギターも同じコンプをかけている。

質は変わらず艶と張りが出て、太くなっているのが聞いてとれるだろうか?
分かりにくければ一応ダウンロードファイルも置いておくのでより良い音で聞いてみて欲しい。

» オリジナルコンプ

いつも使うような音色に設定したので、今度はガッツリかけた音源も作ってみたいと思っている。
今はなんせベースも自分で弾いているので演奏がヨレヨレで申し訳ない。
もっとわかりやすい音源にグレードアップしていくつもりなのでそれまで少し待って欲しい。

完全ハンドメイドなんで製作はかなり大変だろうがあまりに良い出来なので、僕の友人プロミュージシャンのためだけに2〜3個無理言って作ってもらおうとお願いするつもりだが・・・ここを見ている人で欲しい人・・・いるだろうか?

追記
たくさんのお問い合わせを頂いて驚いている。
とりあえず念願だったyoutubeデビューを果たしたので、動画も見てみて欲しい。

投稿者 burtman : 08:06