« 苦しいミュージシャンほどギャンブラーという話 | メイン | 行動する人は0%でしたが進みましょう »

2021年11月16日

行動が出来る人は1%以下

おはようございますばーとまんです。

さて、昨日がっつり長文を書きました。
多くの方に見ていただけたようで、大変嬉しく思っております。

が!がですね。
僕の助言通り実行に移した方、、、0%でした笑
アフィリエイトのシステムを使って、反応があるかどうか調べてるので、数字がしっかりとわかるんです笑
いやー残念だなぁ、1人くらい出てくるかなぁ?と思っていたんですが。

だからですよ、だからやるだけで日本では勝てるんですけどねぇ。
というわけで、今日は「本」だけに焦点を当てて勧めるワケをご紹介します。

では、早速ですが「本」が読めなかった私が「本」をお勧めしてみます。

僕もね、昔から本を読め!新聞を読め!と言われてました。大人になってもよく言われましたね。社会がわかるからって。
そういえば、小学3年生の時の担任の先生が、なぜか???僕に本をよくプレゼントしてくれていて(いまだに何故だか不思議)その簡単な物語は読んでいて面白いなと思っていましたが、そのあとはもう紙の情報を読むのは漫画くらいでしたね汗

もうね、小説とか読んじゃうと、文章を映像化できず、文章の途中で登場人物が一体誰が誰だかわかんなくなってしまうんですよね笑 そんな経験ある?笑
ま、結局興味がなかったんでしょう。

でもね、かなりなおっさんを迎えてから、ちょっと集客について知りたいなと思ったのです。
要はライブや、CDの物販や、僕らってそれに関わることが多いのに、一度も勉強したことないなと思ったんですね。でもね、過去に英語を楽しく教えるとか、そういう教育の本も買ったことありますが、全然楽しくなかったので、ま、きっと10ページも読まないで終わるかな。。。と思って買ったんですね。

そしたらそしたらですよ!!!なんと2時間で即読破。
自分が一番それに驚きました。自分の興味あることだったら、こんなに面白く文字が読めるのか!と感動した!両親に喜びの電話しようかと思ったわw

でね、俺は本を読める男になった!と思って喜んで、そのあと本を沢山買いましたが、、、やっぱり読めない本もあるんですよ〜不思議だわ。同じテーマなのに全く読めないのがあるんです。

テレビドラマに似てますよ。もう冒頭10分くらいで、このドラマ俺最後まで見れないかも。。。って予測がつきません?あれと同じです。多分、セリフやキャストの説明の方法や、テンポ、使われてる言葉などで、おおよそ先が読めてしまう。

でもね、本の場合はちょっと違ってここが良かったと思ってますが、内容とか確認せずに、バンバン買ってみたわけです。
バンバン買ってかたっぱしから読んで、読める本と読めない本の違いがわかったから、合う合わないがあるってことを知りました。

だから「本」っていうだけで嫌悪しないでください笑
あなたにも読める本が必ず存在するのです。
ただね、いろんなメディアで本って紹介されているじゃないですか。巷でこれはヒットしてるとか、あの有名作家が新刊発表!とかいう言葉につられて買っちゃダメ。
あれはね、本が好きな人向けに宣伝しているので、まず本に抵抗感があるような人が手を出すと難しくて「やっぱり本は読めないわ」しか気づけない可能性が高い。

というわけでですね。
本が苦手の方でも、数をこなせば良い本に巡り合う。これだけは確実に言えます。

でね、ここからが本題ですが、本はあなたに最適なペースで学ぶことができるというテーマです。
今日は
・自分の1歩先を学ぶ
・歴史から学ぶ
この二点についてお話しします。

・自分の1歩先を学ぶ

まずですね、ギターレッスンでもそうですが、どんなに必要でどんなに今後大切になることでも、絶対に理解できないのがレベチ(レベル違い)の話ですね。
人は自分の興味や、自分のレベルにあったことしか想像できないし、興味が持てないのです。なので、ついついあなたのレベルの話じゃないのに、自分のレベルに置き換えて理解しようとしてしまうんです。

例えば実際あった例でいうと
先生:速さに慣れるために、速いテンポでも演奏しよう!
生徒:あ!それをやってないから、僕の指は動かないわけですね?

こんな風にですね、指が動かないのは指を動かすトレーニングをやってないだけなのに、それに都合いい理由が見つかると結びつけてしまうというわけです。
で、これはどんなにわかってる人でもやりがちなことなんです。

それとは違って、本の良いところは受動的では読めませんよね。自分から本を読もうという行動に出なきゃ当たり前だけど読めない。自分から情報を取得しようとしないと本を持たないと読めないわけで、そうなると自分から「自分の興味ないタイトル」は絶対に読まないので、自動的に「自分に必要な情報だけ」インプットすることになるというわけなんです。

自分に必要な情報が受け取れるんで、例えば授業などで他の生徒との競争感や劣等感も生まれませんし、確実に必要な栄養だけ取れるので脳も喜ぶし、もっともっと情報が欲しいと気持ちが生まれ変わるから、こんなに良い勉強はないですね〜

・歴史から学ぶ

NFTについてみなさん知ってますか?NFTが何の略か答えられます?
じゃ、銀行はどうやって生まれたか。なんでお金を預けるだけで、利息をもらえるのかご存知です?

今やですね、お金に関わるものも、NFT、ブロックチェーン、クリプト、株、FX、、、様々なものがありますが、そもそも昔はなかったものです。だんだん発展していって、今のような難しい形態になったってわけなんですね。

音楽も同じで、今やパソコンでの制作が主流になったので、もう楽器だか、環境音だかわからない音が詰め込まれまくった音楽が流れますよね。
だからね、僕は先に音楽を教える時、歴史を遡って教えます。理由は同じです、古いものの方が初心者に簡単だからです。

ただ残念なのが1950年代60年代のものとなると、音楽はいまだに聞けるし売ってますが、当時ネットはなかったので今では本でしか調べられないのです。だから、古い情報は本で得るしかないというわけなんです。

ちょっと「本」が必要なお分りいただけたでしょうかね笑
そしてね、ここが本質です。何が言いたいかというと。

せっかく夢を持ってミュージシャン目指してんだから、ただただバイトに明け暮れて人生を費やすなってことです。何もお金はバイト8時間しなきゃ手に入らないものではありません。世の中にはたくさん稼ぐ方法があるから「本」を読んで調べて仕事を知り実行し、それで作品を作る時間を稼げってことです。

しっかりと稼ぎ方を勉強すれば、なぜ商品が売れるのか、なぜお客はもちろん自分が買ったのか理由が見えてきますから、自分の作ったCDなどの作品も売り方がわかりますし、そもそも作る前提として「自分も売りにくくて、人も買いにくい」作品は作らないでしょ。

というわけでね、この国では勉強をした人が目的にたどり着けます。
逆に勉強することに腰が引けた人が目的にたどり着けず、どうせ俺には。。。って負け癖がつきます。

少しずつですが、Kindleなら30日間無料ですよ?試しに本にチャレンジしてみませんか?

投稿者 burtman : 2021年11月16日 10:35