« もりもり頑張ってます! | メイン | マニアック!スルー推奨w »

2021年10月30日

なかなかしんどい日々です。

19歳くらいに出会ってその才能に惚れ込んで一緒にやりたい一緒にやりたいとラブコールを送った(そこまでしたのは後にも先にも最初で最後かも)から、上京をお互い夢見てバンド活動し、同じ専門学校でも教壇に立ち、上京してからも何かと連絡を取り合っていた友人が亡くなりました。

数年前にね、抗がん剤をつけたまま僕のw.jazでのセッションに遊びに来てくれたのを最後に、数日前どうしてるかなぁなんて思っていたのだけど、虫の知らせだったのかもね。

最後にさよならをしてきたけど、痩せてやつれてしまったいたので、相当きつい闘病を送ってきたのだろうと思いました。亡くなった話を聞いた時には、何で俺に一本の連絡もしないんだよ!ってちょっと寂しくなったけど、変わってしまったその姿を見て、俺も昔からの友達には見て欲しくないかもなと思った。それでも近くにいる古い友人としてはして欲しかったけどね。

でも亡くなった今も、Youtubeにはデビューしていた時の、元気な彼の動画が残っていて、それだけが何だか嬉しい。よかったなぁと思うのは何だろうね。うまく言葉にできないんだけど、あまり自分の精魂込めたものが世の中に出回らない人の方が多いわけで、少しでも生きた痕跡を残せた彼は、人生は短かったけど何か残せて、残してくれて嬉しいな、よかったな!と思う。

ラヴァーフェニックス「ビックフット」

20代の時には弟も(白血病で)亡くし、なかなか普通の人とは違う山あり谷ありの人生だったように近くで見てきて思うけど、沢山の人に愛された証拠に、葬儀も何もないのにたくさんの人が会いに行ってくれてるみたい。

いやー本当に今年は父や恩人、友人、沢山自分の周りからいなくなってしまって、本当に辛いね。気が滅入りそうになる。

でも、人はいつか死ぬんだと教えてくれてる気もしてて、この体が灰になるまで酷使した幼いと勿体無い、どんどんやれることをやっていけ!と思うんです。
僕は彼みたいに何か残すことが出来るだろうか。どこまで行けるかわからないけど、彼のように何か残せるように頑張りたい。


投稿者 burtman : 2021年10月30日 17:29