« Youtubeで紹介したもの! | メイン | コロナ渦だからこそ生まれて初めてハマったこと »

2021年7月13日

YouTubeでバズったエフェクター

こんにちわ

今日もYoutubeでバズったものの話をします^^

今日の話題はですね、、、SUMO STOMP!
四股踏みって事ですねw
sumo.jpg

なんのこっちゃって感じだと思いますが、実は今やバックオーダー300台を超える、ぶっちぎりのギター用エフェクターブランドです。どうです興味出ました?

実は先輩ギターリストのご紹介から僕に興味を持っていただいたようで、ご連絡いただいたんですが、、、実は最初ほんとに心の底から興味がなかった汗

というのもこのブログ読者はご存知だと思いますが、これまでも、、、ブランド名は出しませんが何台もプロデュースしたり販売させていただき、たくさんの方に使っていただきました。改めてみなさんありがとうございました。

そんな経緯もありましたし、またここが一番の転換ポイントだったんですが、ステージでの問題でコンサートではギターアンプからマイクで集音するため、エンジニアの個性やエンジニアが持ってきたマイクによってギターの音が変わってしまう、要は自分が狙った音とは違う音になってしまうって問題があったのです。

特に、TV出演も一時期は月1必ずあったりしたので、それがとても歯痒くて歯痒くて、アンプを2台にしたり、スピーカー大きなものから、小さなもの、また高級ヴィンテージアンプまで手に入れたりして試行錯誤、、、本当に大変でしたが、結局解消してくれたのは、デジタルアンプシミュレーターの登場でした。

作った音のまま集音されたり、録音されるので、こんな素敵なことはありません。それで音が悪いなあ!と言われても、自分の音だからそれは責任とりますが、自分ではどうにもならない音は責任の取りようがありません。

アンプやエフェクターにこだわる人たくさんいて、デジタルに懸念持ってる人もたくさんいますが、結局は最後はPAやレコーディングエンジニアのところへ、どう音が届くのかがいちばんの難所で、いくら気に入った音を作っていても大して関係ないんです。

とまぁこんな風にデジタル一色になってきた(とはいえデジタルの中身は完全アナログな設定しか使わないんですが)ばーとまんだったものですから、SUMO STOMPさんかぁ今更アナログのコンパクトはいらないなぁ、、、でもおつきあい断る勇気もないなぁ、、、でも、小さなライブハウスでは流石にコンパクトの方がいいかぁ、しかも先輩の紹介だしなぁ、、、って数百メートル後ろまで腰が引けた状態でお付き合いさせてもらい始めたんですwwwごめんなさい(初告白)

まぁそんなこんなで、お付き合いが始まり、色々と弾かせていただいていく中で、なんだか今までのエフェクターメーカーと違うなぁ???という気持ちが芽生えます。多くのエフェクターが「他ブランドのあの機種に似てるな」という印象に対して、「あの曲の音に似てるな」と楽曲の方が思い浮かぶ音だからだったわけです。そして#8 TEXという機種に出会います。それをSUMO STOMPさんに聞いてみたところ、「これ全く売れてないんですよね、廃盤にしようかなぁと思ってまして。在庫あるんで使ってみます?」的はお話いただいて、使ってみたところおおおおおおおおお当たり!!!

まさに過去に試奏したDumbleのような音!John Mayer!SRV ! Joe Bonamassa!いろんな楽曲のような音がする!え!まじ?本当に巷で売れてないの?ってことは俺の感覚狂ってる?とはいえ、Dumbleもいろんな機種あるからなぁ、、、うん、俺自分の耳信用ならねーな!と思って、デジマートディーパーズビューに掲載されたDumble Amp特集の音を聞いてみて、、、あれ、やっぱそっくりじゃん!って大興奮w

すぐに手元の#8 TEXとディーパーズビューの音を比較したものを録画して、僕の運営する悩めるギターリストのためのオンラインサロン「カケコミギタLAB」メンバーに大報告!
その日の1夜で、巷に溢れていた「#8 TEX」は全てSold Outという形で姿を消しました。

そんなことも手伝ってSUMO STOMP大ブレイク。今やバックオーダー300台は超える大人気ブランドとなります。
というわけで、関東方面だけで全て売れてしまい、、、まだまだ僕の地元九州方面や、北海道など皆さんの目にも届いてないのが実状ですが、段違いのペダルなのでぜひ注目していただきたいなと思う次第です。

何が段違いかというと、もうそもそものビルダーさんの知識量、技術力とかはさておき、圧倒的に出音が速く!圧倒的にローノイズ。
理由は、原価計算無視のような、高級ヴィンテージパーツの採用、しかも全部測定し直して使えないものは廃棄、誤差(アナログパーツは数パーセント必ず誤差があります)に関しては別のパーツ部分とのマッチングで、全台全く同じ音が出る調整を施してからの出荷。

ここまでこだわってるメーカーあったでしょうか?

しかもね、Klon、TS808、Big Muff Triangleなどもう手に入らなくなった「ヒット曲を生んできた名機」たちの完全復刻をしてくれてる涙

もう一個ダメ押しで、そういう復刻ってさぁ「出来るだけ同じパーツ使ったよ!うふ」みたいな復刻が多いわけですが、そこには一切こだわらず別のパーツも用いて「耳を使って本物の音が出るパーツ」を採用してる。ここがほんとにすごいw

といったわけでね、ばーとまんが責任をもってオススメするSUMO STOMPのお話いかがだったでしょうか?
こういった流れのせいか、ヤフオク、メルカリなどで20万円近い値段にプレミアがついてしまっていたりします(転売ヤーよくない!)

現在ギター用エフェクター全種類(#9、#8、Big Mage、#8 Tex、#8 Limited、Tex Limited、#873、#873 Limited)全て売り切れておりますし、現状再販があっても秒でSold Outになっている状態ですので、もちろんこのブログや、僕のYoutubeはもちろんのこと、SUMO STOMP公式ツイッターまた公式HPをいつもチェックしておいてゲットしてみてください!

SUMO STOMP 公式HP
https://sumostomp.thebase.in
Twitter
https://twitter.com/StompSumo

投稿者 burtman : 2021年7月13日 15:00