« NAMI @ Rollins | メイン | まじめな話なんでスルー推奨2 自分の人生を生きましょう »

2019年8月16日

まじめな話なんでスルー必須その1

今日は自分の人生を生きようと言うテーマです。切り口が危なっかしいので、先にぶれないようにテーマを書いておきます。

さてさて。

ずっと前から、ギター以外の楽器の人が、共演した、もしくは今からするギタリストの悪口を言っているのを聞いて来ました笑

なんで俺が居る時に言うかなぁ(俺のギターリストなんで…)と思うんだけど笑、いつも黙って耳を傾けてきたわけです。

昔はギタリストと言うと、花形とゆうか、ロックスターのイメージがまず強いと思いますが、僕ももちろんそんなロックスターになりたいと思ってギターを始めた1人。

ギターを始めた頃には、ギター弾きになりたかった人が山ほどいましたが、時が経つにつれ

・音楽が好きになった人たちと

・音楽じゃなくてイメージが好きだった人たち

と分裂し、高校卒業、大学卒業、30歳になるころ、40歳になる頃と、だんだんだんだん仲間が消えていきました汗

僕なんか残ってるのが不思議なくらいで、幼稚園の時にはあまりに音楽センスがなさすぎて、鍵盤ハーモニカの合奏の時なんかは、末松君はずっとソだけ吹いてなさいって言われてたくらいで笑笑

まぁ生まれた時から今に至るまでセンスのなさは変わってないと思いますが、身の回りの状況が変わるたびにどんどんどんどんアップデートするしかなくなってきて、いつの間にか譜面や音楽理論などを覚えて、続いてたって感じかな?

おかげて何とか音楽を続けて来れた私ですが、まぁ続けていくとたくさんミュージシャンたちに出会いがあり、たくさんの本を読んだり、経験談を聞いたりするわけですが…

今でもネットの情報なんか見てるとよく思うんですが、ほんとにギターリストのためだけの情報がたくさんあるというか、他の楽器の都合なんてお構いなしのようなガラパゴス的な発展を遂げていると思うのですギターリストの世界って。

何だったら、1940年代に最初のエレキギターが登場してから、エレキギターの構造は全く何も変わってないんですが、色やカラーリング、形に模様など何万通にも組み合わせられ、今や売り買いとしても楽しい、プレミアが付いて銀行に預けるより利息がもらえたり、リサイクルショップにゴミ同然で売られているギターを直したりするのが楽しい!なんて人まで現れて笑、ギターの面白みと言うのは永遠に尽きないような気がします。

まぁそれもこれも1940年代から構造が変わってないことが、大きな要因でしょうね。古くて使えないものというのが存在しにくく、同じパーツがたくさんあるため修理にも事欠かないですからね。

だからでしょうかね?音響システムの性能は60年代から比べると雲泥の差ってくらい進化しているのに、60年代から作られているステージでは音が大きすぎて使えないような高出力のギターアンプなども未だ沢山新商品が出ているんですよ奥さん。

しかもその新商品を作ってる人が有名になったりとかして、、、こうなってくると、もう完全に音楽が主役では無いんですが、僕もどーしょーもねーなーと思いつつも好きです笑笑笑
ある意味、ホビー的な新たなカルチャーとして成り立っているような気がします。


おもちゃがありすぎてホントダメ

そんなわけで、このホビーが、あんまり良くないね笑

しょっちゅう色んなもんが発売されるから、みんなが何使おうかいつも悩んでいて笑。

自分がうまくいかないのは音が悪いせいかと思って機材をとっかえひっかえするんで、仕事現場の音がなかなか定まらんというか、その人のキャラすら固まらん人もおるくらい笑。リハーサル終わってもしょっちゅうサウンドチェックしてんのはギタリストばかりだ!って怒ってる人も実はいる笑

そのセッティングの音がうるさいって、どれだけのギタリストが仕事クビになったかわからんのもほんと。

音作りは、家でやって来い!!!って言う人もいて、、、でもギタリストの立場から言わせてもらうと、現場で使う大きな音が出るアンプを使ってそこそこの音量出さんと音が定まらんのですよ汗

僕はギターリストだから、実情がよくわかるだけに、もっと言えばいい音を出したいと言う気持ちがよくわかるだけに、やめときゃ良いのにと思いつつも、いつの間にか俺もいっしょになってどんどん出てくる新商品、インターネットの新情報、楽器店の安売り、リサイクルショップの馬鹿安情報、、、漁っちゃって笑
買っちゃうんだよな〜どうしても笑

ただ、買えば買うほど、意外に悪循環しとることに気づかないのが実情なんです。
一つ変われば、全部いじらなきゃいかんし、今まで良かった所が悪くなったりしてね。その度時間かかるかかる。

もちろんそんなことお構いなし。どんな機材使ってもどんなふうにセッティングしてもバリバリ弾けちゃう人もいるわけで、そんなのを見ちゃうと、さらに追いつき追い越そうと、みんな携帯見て夜な夜なポチポチ機材を漁っとるわけです。つづく


投稿者 burtman : 2019年8月16日 00:44