« 2019年7月 | メイン | 2019年10月 »

2019年8月18日

まじめな話なんでスルー推奨2 自分の人生を生きましょう

前回は機材のことを書きましたが、またまたちょっと違う方向から書きます笑

僕を含めおじさんたちは、ギター音楽黄金時代の音を最高とし、いまだにあーでもないこーでもないと言っております。そしてみんなそんな音を出すべきだと言わんばかりに、インターネットも本も書いております。

だれが、何いってもいいんですよもちろん。言論の自由はあるわけで、勝手に好きなことを言えばいいんです。

ただおじさんたちが、自分たちの好きだった音楽に近い音楽をやる人を、やーーーーーたら褒めるのはいかがなもんでしょうね?
時代はどんどん変わっていくと言うことを前提とすると、なんとも保守的で、その餌食になった子たちはかわいそうな気もします。これはあくまで僕の意見ですけどね。

ギターの場合、初心者はもちろん、駆け出しの頃って、そういったおじさん情報に頼るしかないので、そういう情報を聞き続け美学を覚え、自分の好きなスターを見つけ、その人と同じギターを買い、その人と同じ機材を使い、その人の発言や趣味嗜好まで真似て人生まで似せようとしてしまう人も少なくないはず。

ある意味、新興宗教と同じように、ツボを買えば、水晶を買えば、自分の人生が豊かになるんではないかと言う、幸せを願ってのことで悪いこととも言いにくいですが、とても妄信的な考えに陥るんじゃないかと笑笑笑

インターネット上をちょっと見渡せば、簡単に見つかると思いますが、海外スーパースター風の人たちはたくさんいますし、心底惚れ込んだ先輩や先生と「全く同じギター」「全く同じ機材」なんて人も少なくないんじゃないですかねギターの世界は。

でもね、ここでやっと最初のテーマに戻ってくるわけです。
その人が誰が好きであろうが、共演してるミュージシャンにとっては関係ないんですよね笑笑

もちろん主役が自分であれば、、、例えばEric Claptonや、ジョー・ボナマッサみたいな、ギタリストが主役である音楽をやっているんであれば、共演者にも給料払ってますから、誰も文句言わないと思いますが笑

まぁこの日本、見渡した限りそんな音楽をやってる人は1人もいませんもんねぇ?笑

なのに、どこいっても、だれとやってもおかまいなし、、、俺はこうなりたい!!!って思いが強すぎて、煙たがられるのがギターリスト!ってわけです(自責の念を込めて)

今はインターネットのおかげで、すべての楽器がスター選手を輩出し、全ての楽器が今までないほど盛り上がっている時代だと思います。だから1960年代位から始まったギター至上主義のような音楽シーンはかなり縮小してるんです。その事実を受け入れ他の楽器と共存していくことを模索しなければいけない時代じゃないかと思い、、、ませんか?笑

お互い頑張っていきましょうギターリストの皆さん笑

なんでこんなことを書きたくなったかと言うと、面白い出来事を見てしまってですね。

とても素晴らしい経歴のアーティスト

と、

楽器は全然上手じゃないけど、でもこの人たちしかこういう音楽やってないよなぁ

みたいなバンドが、同じイベントに出て同じギャラをもらってたりするのを見ちゃったんですよ。

オリンピックでもありますよね。この競技は選手層が浅いので、初めて2年くらいの人が出れちゃうみたいな感じ笑

いやいや、人がやってない事をやれば、それが正解と言っている訳ではありませんよ。

音楽に限らず、どんなことをやるにも、どうしても最初は誰かを参考にしなければやれません。

でもね、素晴らしい先輩ギターリストも言っておりましたが、1番大事なのは、自分の人生を生きるってことです。

僕はスパム君と出会ってから、それをより強烈に痛感させてもらい感謝してます。

人に憧れたり、真似したりするのはもちろん僕もそうでしたけど、僕に降りかかっている難儀を憧れの人が攻略の方法を教えてくれる訳もありません。

だから、僕は逃げずにたくさん悩みましたよ。僕はポップスの仕事がしたいのに、なんでこんな11/8拍子の難しい曲を練習せなあかんねんとか笑

俺、5秒に1回位しか音出さない位ゆっくりのギターソロしか弾かないのに、1秒100音くらい弾いてるヘビーメタルの仕事がきたんですけどどうしましょ汗、とかね。

その難儀こそが、自分のスタイルを作ってくれ、人生を太くして強くしてくれるような気がします。

おかげでどんな仕事が来てもそんなに強くなくなったし、ベースだってその延長上みたいなもんで、必要だからやるみたいな感じですっとやれましたしね。

本当に沢山の人に出会い、磨かれたとはこういう事でしょうね。もちろん僕よりさらにさらに沢山の人に出会った人は、比べ物にならないくらいピカピカなはず。

と言うわけですごい長い文章になりましたが、雑誌や先輩のアドバイスはあくまでも初心者用。あまりに聞きすぎると自分の行くべき道を見失うと思います。僕も生徒や後輩には手法や手順、あと人としてどうなのそれ?以外は、言わないようにしています。

理解されるまで時間はかかりますが、人に憧れすぎず、自分だけの人生を大切にして、自分の難儀を喜ぶくらいの気持ちで、がんばることをおススメします!!!

投稿者 burtman : 15:49

2019年8月16日

まじめな話なんでスルー必須その1

今日は自分の人生を生きようと言うテーマです。切り口が危なっかしいので、先にぶれないようにテーマを書いておきます。

さてさて。

ずっと前から、ギター以外の楽器の人が、共演した、もしくは今からするギタリストの悪口を言っているのを聞いて来ました笑

なんで俺が居る時に言うかなぁ(俺のギターリストなんで…)と思うんだけど笑、いつも黙って耳を傾けてきたわけです。

昔はギタリストと言うと、花形とゆうか、ロックスターのイメージがまず強いと思いますが、僕ももちろんそんなロックスターになりたいと思ってギターを始めた1人。

ギターを始めた頃には、ギター弾きになりたかった人が山ほどいましたが、時が経つにつれ

・音楽が好きになった人たちと

・音楽じゃなくてイメージが好きだった人たち

と分裂し、高校卒業、大学卒業、30歳になるころ、40歳になる頃と、だんだんだんだん仲間が消えていきました汗

僕なんか残ってるのが不思議なくらいで、幼稚園の時にはあまりに音楽センスがなさすぎて、鍵盤ハーモニカの合奏の時なんかは、末松君はずっとソだけ吹いてなさいって言われてたくらいで笑笑

まぁ生まれた時から今に至るまでセンスのなさは変わってないと思いますが、身の回りの状況が変わるたびにどんどんどんどんアップデートするしかなくなってきて、いつの間にか譜面や音楽理論などを覚えて、続いてたって感じかな?

おかげて何とか音楽を続けて来れた私ですが、まぁ続けていくとたくさんミュージシャンたちに出会いがあり、たくさんの本を読んだり、経験談を聞いたりするわけですが…

今でもネットの情報なんか見てるとよく思うんですが、ほんとにギターリストのためだけの情報がたくさんあるというか、他の楽器の都合なんてお構いなしのようなガラパゴス的な発展を遂げていると思うのですギターリストの世界って。

何だったら、1940年代に最初のエレキギターが登場してから、エレキギターの構造は全く何も変わってないんですが、色やカラーリング、形に模様など何万通にも組み合わせられ、今や売り買いとしても楽しい、プレミアが付いて銀行に預けるより利息がもらえたり、リサイクルショップにゴミ同然で売られているギターを直したりするのが楽しい!なんて人まで現れて笑、ギターの面白みと言うのは永遠に尽きないような気がします。

まぁそれもこれも1940年代から構造が変わってないことが、大きな要因でしょうね。古くて使えないものというのが存在しにくく、同じパーツがたくさんあるため修理にも事欠かないですからね。

だからでしょうかね?音響システムの性能は60年代から比べると雲泥の差ってくらい進化しているのに、60年代から作られているステージでは音が大きすぎて使えないような高出力のギターアンプなども未だ沢山新商品が出ているんですよ奥さん。

しかもその新商品を作ってる人が有名になったりとかして、、、こうなってくると、もう完全に音楽が主役では無いんですが、僕もどーしょーもねーなーと思いつつも好きです笑笑笑
ある意味、ホビー的な新たなカルチャーとして成り立っているような気がします。


おもちゃがありすぎてホントダメ

そんなわけで、このホビーが、あんまり良くないね笑

しょっちゅう色んなもんが発売されるから、みんなが何使おうかいつも悩んでいて笑。

自分がうまくいかないのは音が悪いせいかと思って機材をとっかえひっかえするんで、仕事現場の音がなかなか定まらんというか、その人のキャラすら固まらん人もおるくらい笑。リハーサル終わってもしょっちゅうサウンドチェックしてんのはギタリストばかりだ!って怒ってる人も実はいる笑

そのセッティングの音がうるさいって、どれだけのギタリストが仕事クビになったかわからんのもほんと。

音作りは、家でやって来い!!!って言う人もいて、、、でもギタリストの立場から言わせてもらうと、現場で使う大きな音が出るアンプを使ってそこそこの音量出さんと音が定まらんのですよ汗

僕はギターリストだから、実情がよくわかるだけに、もっと言えばいい音を出したいと言う気持ちがよくわかるだけに、やめときゃ良いのにと思いつつも、いつの間にか俺もいっしょになってどんどん出てくる新商品、インターネットの新情報、楽器店の安売り、リサイクルショップの馬鹿安情報、、、漁っちゃって笑
買っちゃうんだよな〜どうしても笑

ただ、買えば買うほど、意外に悪循環しとることに気づかないのが実情なんです。
一つ変われば、全部いじらなきゃいかんし、今まで良かった所が悪くなったりしてね。その度時間かかるかかる。

もちろんそんなことお構いなし。どんな機材使ってもどんなふうにセッティングしてもバリバリ弾けちゃう人もいるわけで、そんなのを見ちゃうと、さらに追いつき追い越そうと、みんな携帯見て夜な夜なポチポチ機材を漁っとるわけです。つづく


投稿者 burtman : 00:44

2019年8月 6日

NAMI @ Rollins

福岡のジャズボーカリスト、NAMIさんのバースデーライブに呼んでいただきました。

image1-7.jpeg

実はNAMIさんも、僕の生徒でして、その縁といいますか、責任を取らされ笑、ライブに参加してまいりました。

そして、今回は選曲の方からがっちり参加させてもらったんですよ。というのも

ご本人も非常にライブのことで悩んでおりました。緊張する、歌詞が飛んでしまう、うまく指示できないなどなど。。。

そんな相談から始まったわけですが、いろいろ聞いてわかった事は、簡単に言うとライブへの準備の仕方がとっても悪いんですよね笑笑

なんとなくライブを決めてしまった日程、、、しかし迫りくる日常、雑務の処理、そんなことに追われライブ直前まで思考停止笑

そこを1回ちゃんと僕のシステムでやってみませんかと言うことで、今回はいろいろ先生と言う枠を飛び越えてプロデュースをさせてもらいました。

もちろん初めてのことですから、練習どおりにはいかないことも多々ありましたが、お客様も大盛り上がりで、とてもご本人も新しい世界が開けたようで、こんなライブをずっと続けたいと言うお声をいただけて、僕も少し胸を撫で下ろしております。

これから福岡で新しいNAMIさんの姿をたくさん目にすることができると思います。たくさんの応援お願いいたします。

投稿者 burtman : 07:14

2019年8月 4日

ボーカルレッスンについて

最近、希望が多くボーカルレッスンをやっております。

image1-6.jpeg

僕が管理していますMusic School Bambooの方でも、講師募集を行ってですね、過去の大手レッスン企業や学校で講師経歴がある方にたくさんお会いしてきたのです、、、ですが、、、

音楽は、団体競技です。僕1人では音楽できないので、周りの人のことを悪く言うのは本当に忍びないのですが、、、荒波立てたいわけではないんで、ほんとに書きづらいのですが、、、

実際ボーカルの先生をやっていると言うことでお会いするのですが、お話ししてみると、ちゃんとした教えるテクニックを持っている人が全くおらず、スクール代表としては非常に困っているのが実情です。

根性論だったり、たくさんものまねさせるだけ、大きな声を出せればいいってことばかり教えてる人が多く、音楽理論も分かっておらず、ちゃんとテクニックを教えてくれないというか、、、聞いてみると知らないんですよ。これには本当に驚いておりまして、というか困っておりましてって言ったほうがいいかもしれないなぁ、、、

そんなわけで、僕の方がまだマシかも、、、ってことで僕が直でレッスンするようになってしまいました。

というわけで、もしボーカルのことでお困りの方はご相談くださいということを初めて書いてみます笑

まず多いのが、音痴とリズム感を治したいという生徒さんですね。。。

と、その前に先に話しておきますが、レッスンを1年や2年長く時間をかけて習っていこうと思っている人がたくさんいます。

結果的に自分の目標ができてから、仕方なくそうなってしまう事はそれでいいと思うんですけども、基本的には3回のレッスンで目標に到達するつもりで習いに来られた方がいいと思います。

はっきり言って喉は自分の長年使ってきた、使い方のわかっている部位です。そこは他の楽器の練習とは全く違うものなのですよ。

使い慣れた喉のコントロールをするだけなので、はっきり言って目標さえわかっていれば、30分もあればそのゴールに到達できますし、僕は1回のレッスンで教えることができます。

特に音痴なんかは、すぐに治ります。日々やってもらうことがありますが、動いてない部分の筋肉を動かすだけなので、安心して来てみて下さい。

例えばミックスボイスというのがあるのですが、そのミックスボイスの教え方は非常に難しいというか、ちゃんとしたセオリーがなかったみたいですね。でも、今まで習ってきたボーカリストで10分以上ミックスボイスが理解できなかった人は誰もいません。

10分でミックスボイス出来るようにするレッスンやりますよー。

ミックスができるようになるだけで、すぐ高音が出せるようになります。嘘、紛らわしい、大げさで、めちゃくちゃなことを言ってるように聞こえるかもしれませんが、実際本当なんです笑

ただし!!!ですね、1番難しいのは、何を目標にしているのかが全くない人が1番難しいです。例えばサッカー選手になりたいと言うのであれば、どこの筋肉を鍛えて、どういうトレーニングをしていくかと言うスケジュールが立てれますが、別に何になりたいわけでもないと言われて、じゃあサッカー選手を目指してみたらどうかって進めるのは、その人が興味を持つか持たないか、その人がそれに向いているかどうかもわからないため、とても無駄な時間になります。その目標、例えば〇〇と言う曲が歌いたい、あの歌手が好きだなど、だけはしっかり持ってきていただきたいなと思います。

歌は、ドライバーやペンチ等の道具の部分と、図面をひいたり色付けするデザインの部分、この2つに分けてレッスンすれば確実に上手くなるわけで、ミックスボイスなんてのは道具ですから、誰でもできて当たり前で、できたからと言って歌が上手だと言うわけではありません。

上手だと言われるのは、あくまでも声を音楽に変えていくデザイン力だと思います。すごくいい声をしていても音痴であれば下手に聞こえますし、とても変わった声の方でも、 デザイン力があれば、、、例えば忌野清志郎さんみたいな素晴らしいボーカリストもいるわけです。それは全てデザイン力じゃないかなと思うわけですね。

なので僕のレッスンは、先に道具をしっかり覚えます。エッジボイス、ミックスボイス、チェストボイス、ホイッスルボイス、などなど。

それからビブラートなどの具体的なテクニックもつけ、音楽理論とともにコーラスの仕組みを覚えてもらいます。

もしそんな感じでよろしければいつでもご相談ください。1年以上歌だけ習い続けた生徒が1人ますが(マイペースにやりたいと言うことで、自由にやってもらってます。基本は3ヶ月で卒業が目標です)習い始めから比べると、もう3音以上高い声が出るようになりました。実際有名音大を卒業した生徒たちが、歌い方をちゃんと学べなかったと相談にしに来て、そんなふうに学んで卒業されてます。

時間とお金は限りあるものですから、無駄に使わずにあっという間に覚えて、素晴らしい成長でアッ!と周りを驚かせましょう


投稿者 burtman : 07:11

2019年8月 2日

上白石萌音さん@インスタライブ

上白石萌音さんのインスタライブやってきました!

image1-4.jpeg

あまりにお仕事がお忙しいと言うことで、リリースイベントとかが打つのがなかなか難しいと言うことで、インストアで配信ライブをしようと、萌音ちゃんが希望を出してくれたおかげで実現したわけですが、なんとリアルタイムで12,000人を超える方に見て頂きました!

あなたは無事見ることができましたでしょうか?

バックアップした動画を見せていただきましたが、歌は天才か!ってくらい素晴らしいし、スカートをひらひら笑顔も可愛いし、非常に幸福感満載のインスタライブでしたね笑笑

また遠くない未来にご一緒できたらうれしいなと思っております。それまで皆さんもお楽しみに!

投稿者 burtman : 07:08

« 2019年7月 | メイン | 2019年10月 »