« 有馬美紀LIVE | メイン | アルバムよろしく〜〜〜! »

2018年11月21日

お弟子との会話とボーカルレッスン

生徒と中身がある人、そうじゃない人の話になった。

生徒さんって、最初は単にこちらの課題をこなしていってるという方が多いのね。例えば世界の名曲、時代を席巻した曲をやったとしてもね。
その曲は、その人には感動もなんもなく、単なる練習曲として、つまんないものとして、記憶されるのね。

勿体無いね!

人なんて、知らないことばかり。

旅先の景色だって、聞いたことのない音楽だって、知らない人と触れ合うことだって沢山ある。

だから、どこか狭い世界で培われた常識を信じず、沢山の出会いに感動したほうがいいと思いませんか!

せっかくの出会いを、ただSay Hi!で終わらず、会話したり触れたり、調べたり弾いたり、歌ったりして、新しいものを調べ上げてハマったほうがいい。調べるのなんて3日かからないじゃん。ストーリーを知って、背景を知る事で、どんなことでも好きになる。

そうやって出会いを大切にしてきた人って、この人深みがあるなぁ、中身のある人間だなぁ、、って人になるんじゃないかなと思いますし、僕もそうなれたらなぁと思っております。

動画を一個アップしますが

彼は僕の生徒で、某音大を優秀な成績で出て来た。でも、最初のレッスンをみてもらえばわかる通り、歌に関してほとんど何にも習ってなかった。ってか、教えてくれなかったみたい。というか、音楽理論も知らず、スケールもわからず、適当な感覚だけで教えてる人多いのかな。可愛そ。

その証拠に、ロジカルなボーカルトレーニングを3回レッスンしただけで、この変わり様。初体験・感動体験になったからこその飛躍。感動するとステップアップ凄いんだよーほんと。

感動し続けて生きていきたいね!

投稿者 burtman : 2018年11月21日 08:35