« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月31日

名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校にて特別講義

名古屋スクールオブミュージック&ダンス専門学校にて特別講義を行ってきました!

IMG_8575.JPG

すばらしい生徒さんばかりで、非常に有意義な数時間でした!

image1.jpeg

しかも福岡の時以来ですから、20年以上一緒に演奏したことなかった今回お世話になった西本圭介さん(教務部長)との演奏がこれまた最高で、何とも言えない空気感と、わかっている人にしか作れない間を感じて、非常に素晴らしい体験でした。

レッスンのほうも、、、ほんとに20年ぶり位の専門学校での講義だったので、僕も随分変わったなぁと自分で自覚しました。

何が変わったかと言うと、的確にその人に足りない部分が今は見えるし、やはりその反面その人の上すべき特徴もはっきりわかるようになってます。昔は小手先ばっかり教えてたなぁとも思いましたけどね(苦笑)でもそれができるのは、今回のような熱意を持った生徒さんだけだなぁとも思いました。

圧倒的な熱量、この音楽をこうしたいと言うような熱意に勝るものはなく、小手先のテクニックばっかりやっていても、聞くお客さんは音楽の理屈なんかどうでもいいわけで、その熱量がないと全く伝わらないと言うことをずっとモットーとして生きてきました。

でも、今やライブハウス出演も、専門学校の入学や、もちろんレッスン教室や大学だって、前提はやっぱり商売なのもあってお金を払えばすべて誰かが何とかしてくれるシステムが出来上がってます。

だからみなついつい甘えてしまうんですよね。誰かがきっとやってくれるといつも思ってしまう。

しかし、今回参加してくれた生徒さんたちのように、自分に立ちはだかる大きな壁を前にしても頑張る、それは熱意があるから出来るわけだ、それだけでもほんとに素晴らしいことだと思うし、絶対この子たちは将来大丈夫だと思います。

頑張れ!これからもエールを送ります!

投稿者 burtman : 06:33

2018年8月15日

Amazonでのご予約スタート!

201808152057.jpg

とうとうAmazonでの予約注文がはじまりました!

こちらは特典グッズがつきませんが、送料がお安いので便利かもしれません!

是非ご予約お願いします!

商品へのリンクながっ

https://www.amazon.co.jp/dp/B07GH6K2NH/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1534334204&sr=8-1&keywords=Curiously+Twisted+Soul

短くしました!

https://amzn.to/2KWzjYA

投稿者 burtman : 20:57

ソロアルバムへの道10to10

最後のゲスト紹介です。

女性コーラスが欲しいよね〜とスパムさんのご提案&ご紹介で、地球ゴージャスのZEROTOPIAなどに参加されていた、女優であり、ダンサーであり、シンガーでもある、田口恵那さんに参加して頂きました。綺麗な方でしょう〜!

IMG_8041.jpg

昔からスパムさんが気にかけている事で知っていましたが、 ご一緒して頂けて感激です!
色々無理な注文にも対応して頂けて本当にありがとうございました!!!今度絶対見にいきたいなぁ!
田口恵那
https://profile.ameba.jp/ameba/en0aaa09

IMG_7785.JPG

そして、今、ブラジルサウンドが好きなメンバーで集まった、藤川製作所というバンドに参加させてもらっていまして、そこでご一緒しているのが宮﨑まさひろさん。

もちろん、多くの方には高中正義さんを支えるドラマーとして、幅広く知られている方です。

僕は、実は斉藤ノヴさんのライブで、サンタナ役のサンタナナイトと、本田雅人さんのライブをご一緒したのが最初で、歌うギターだねぇと声をかけて頂いてからのお付き合い。

宮崎さんは、もちろんレジェンドですが、1mmもふんぞり返った部分が無く、常にビートの研究してまして、僕のインスタとか見てもらえばちょっと出てますが、最近のビート叩きまくりなんです。日本でこんなビート叩ける人、本当にいない。

もちろん普通のビートも激すばらしく、僕は本当に宮崎さんとなら永遠にリズムを刻んでいられる〜というくらい、まったくひっかかりのない、ピッカピカのビートで、音も激素晴らしい。ということで、Oz Noyとの共演は宮崎さんしかいない!とおもいお願い致しました!

狙いはばっちり、サウンドチェックからグルーブぶっとばしまくりで、みんな大感激でした!!!
IMG_7904.JPG

キョンさんとももう20年超えてますですねー。

10代も終わる頃、先輩からの電話であのボガンボスのキョンさんが来てセッションやるぞ!すごいから見に来い!なんて電話があり、すっ飛んで中洲に行った事を覚えてます。

僕の青春ですからボガンボスは。
特にキョンさんはブルーハーツのトレイントレインの人ですからね。実はすっ飛んで行ったものの、その日はすでに帰られてしまっていましたが、後日ライブを一緒にやることになったってことで、全くお金がなかった僕はギターを質にいれて見に行ったのでした笑

いやーホント、古い60年代前後の曲ばかりやるライブでしたが、曲を選んだ人より、やる曲のことをよく知っていて笑、当時のMVの振り付けをよく覚えてて、鍵盤バリバリ弾きつつも手振り身振りで踊ったり、美味しいコーラスは必ず逃さず、異次元の人だ!という凄さも感じながら、なんか音楽が心の底から楽しそうで、その姿をみて本当に大ファンになってしまいました。

そんな出会いのあとは、だんだんキョンさんが博多に染み込んでいき、キョンさんのサインがありとあらゆるお店に貼られ、馴染みのラーメン屋には「キョンさんセット」なるものが登場し笑、地元の有名人並みの愛され方。

そんなキョンさんとも、同じステージを何度かご一緒し、山弦+キョンさんツアーにスタッフとして帯同し(お陰で山弦のバンドスコアに上京前の僕が写真に写っています)同じ事務所でお世話になり、本当に元ちとせさんから、リップスライムさんまで様々なアーティストに誘って頂きました。

IMG_7916.jpg
そんなキョンさんには絶対に参加してもらわなければ!と思いまして連絡したところ、是非さんかさせてくだされと快諾頂き、今回のFlock of Birdsに参加して頂きました。

この曲にしたのは、テンポチェンジに、3拍子と4拍子のコンビに加え、シンコペーションありまくりで構成されてて、ニューオリンズピアノの神ながら、プログレ出身者でもある、まるでギターでいうならリトル・フィートのローウェル・ジョージのようなキョンさんでしか、かっこよく弾けない!と思いお願いしたのですが、、、

レコーディング当日、セッティングも終わり、ちょっと音量とか決めたいから、とじわっと始まった演奏がすでに凄くて、間違えてたとこは、僕の譜面の書き間違え(すいやせん!)

ここはこんな風にしてもええ?なんてアレンジが加わり、2テイクで終わり。。。2テイクですわ。。。しかも僕が弾いたフレーズを追いかけてニヤニヤしたり、急にハモってみたり、怒涛のように前かがみで弾き倒したり。

天才だ天才だとは思ってましたが、今回はあまりの凄さに、正直1週間ほど音楽やめ用と悩んでしまったくらいの衝撃でした汗

この方が先輩で本当に良かった。
春歌でご一緒していますが、今回は初めて依頼側からのキョンさんを見ることができて本当に良かった。

Flock of Birds楽しみにしていてくださいね!

投稿者 burtman : 14:41

2018年8月 9日

Jam For Joy Vol.73 「洋楽 Night 2018」

Jam For Joy Vol.73 「洋楽 Night 2018」

●9月9日(日) 18時00分開場 / 19時00分開演

●会場:南青山MANDALA

(港区南青山3-2-2 MRビルB1 / TEL:03-5474-0411)

http://www.mandala.gr.jp/aoyama

●チケット:前売り/ネット予約=3,800円、当日=4,000円 (いずれも1ドリンク付き・消費税込)

・チケットは、8月12日(土)午後4時より、南青山MANDALA店頭にて発売開始。

・また、以下のサイトから、チケット予約も可能です。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/9f37feea49950

(ただしネット予約の整理番号は、店頭販売チケットの後になります)

・当日券も発売します。

●出演予定(7/28現在、パート別50音順)

VOCAL:近藤ナツコ、chibi、平松八千代、福冨英明、PENNY、まるたまり

GUITAR:安斎昌之、佐藤純朗、JAKE斉藤、末松一人、堀田篤、湯浅真

KEYBOARDS:あいあい、小西真澄、進藤陽悟、遠山無門、まめ妓

BASS:河野誠志、ちみりとし、野中聡

DRUMS:新谷康二郎、小川このん、おにぎり、高林カツミ、滝山清貴、HIDE

HORNS:座光寺基光(tp)、はぐれ雲 永松(tb)、藤田かおり(sax)

他、まだまだ増えます。

*出演者は変更になる可能性がありますので、その際はご了承ください。


投稿者 burtman : 14:06

ラジオ出演「KANAGAWA MUSIC LAND」

8月20日(月)

FM Yokohama 84.7

深夜2:00から

「KANAGAWA MUSIC LAND」内

「Music Port」というコーナーに2組目のゲストとして出演します。

アルバム収録曲を一曲かけて頂きます!よろしくね!

http://www.fmyokohama.co.jp/

投稿者 burtman : 11:11

Live in The DRINKER vol.31

Kazuto Suematsu Band Live(久留米)

<日程>2018年9月16日(日)

<時間>Open 17:30 Start 18:00

<会場>The Drinkers(福岡久留米)

<チャージ>前売りご予約2000当日2500+別途1ドリンクオーダー

Kazuto Suematsu Band
その他、対バン4バンドあり

ご予約はこちらから
http://kazutosuematsu.cart.fc2.com/ca6/15/p-r-s/

投稿者 burtman : 10:16

2018年8月 2日

ソロアルバムへの道9to10

アルバムジャケットと裏ジャケット、帯が出来上がりました。
さぁそろそろプレス!というところまで来た感じですね。

4573106340081.MAIN.JPG

僕のアルバムですから、ジャケットの表面にドッカーンとギター持った僕と言うことも考えましたが、あまりに世界中のギタリストのアルバムが全てそれなのと笑、ギターインストルメンタルとか音楽ジャンルとかカテゴリに左右されず、たくさんの人に聞いて欲しくて、とにかくひと目見て覚えられる、アート作品のようなものを目標にしました。

そこで前も書きましたがメインのバナナートをエンドケイプさんにお願いし、すべてのデザインや調整などをNa2 Worksさんに頼みました。

メインはバナナートですが、それを生かすも殺すも、その他のすべてのデザインにかかっているわけで、ほんとに細かいところまで一工夫入れてくれて素晴らしいジャケットになりました。そう思いません?

4573106340081.BACK.JPG

写真やアングル、様々なアイデアは僕が思いつきで出しているので、それを具現化するのは本当に大変だったと思います。

Na2 Worksさんは、大幅にぶれてしまうことがなく、安定している中にちょっとNa2スパイスを必ずかけてくれるところが僕は大好きです。

IMG_8079.jpg

今回は紙ジャケットで作るので、時間とともに少し折り目がついたり、印刷が焼けてきたりジャケットも味が出てくると思います。まさに昔のレコードと同じですよね。そういうことも狙って色味や写真を選びました。

あなたの部屋を彩る1つのアート作品になったら嬉しいな!ね?Na2 Worksさん!

様々な素敵な作品が見れるNa2 Works Official Webはこちらから!
http://na2works.com/  

投稿者 burtman : 16:36

2018年8月 1日

ストーリーが何より大事

やっとライブのご報告が出来るところまできました。ひとまずいつもお世話になっている所を中心に東京、福岡まわりつつ、名古屋、大阪、、、色んな場所に行けたら良いなぁと思っています。

ツイッターでもインスタでもメールでもなんでもいいんで、是非、ライブ行くよー!とか、ライブ来てー!と声援頂けると、頑張る気力になります汗
聞いてくれるかな?来てくれるかな?と日々不安が募る毎日なので、初のリリースパーティー応援してやって下さい汗

2018tourFlyer.png

ご予約はこちらからよろしくお願い致しますです
http://kazutosuematsu.cart.fc2.com/

先日お友達達と話していた話題をちょっとメモ代わりに。

大切なのはストーリーと言う話です。

今回の僕のアルバムはストーリーを大切にしています。
各曲もKRBなど過去のバンドの為に書いたものだったり、、、たとえば、Curiously Twisted Soulという曲も、KRBのときはmink-Ta-Oh!という曲でした。ですが、mink-Ta-Oh!は青山純さんが叩いてこそなので、ソロアルバム用に完全リメイクしたわけです。あのイントロを弾いて振り向くと、いつもそこには青山さんがいます。

各曲書くと凄く長くなるのと固定概念を与えないためにこれ以上は書きませんが、大好きな人、憧れの方、色んな思いが詰まって曲になってますから、僕にとっては今までの素晴らしい時間を大切にしまい込んだ宝箱の様な一枚になりました。

僕のギター達もそうですね。小金持ちになった中年にありがちのギター集めを始めた訳じゃありません笑。
昔、レコーディングの仕事で伺った現場で、とあるプロデューサーが僕の新しい楽器達を見て「○○さんは、何年製のストラトとかレスポールとか持って来てくれたし、○○さんは〜」と嫌みを言われたのがきっかけ。いやー大ショックだったなぁ。未だに恨んでますよ〜笑。いや、そのおかげで成長出来たと10年経って理解しました。今では本当に感謝してます。

そして楽器をちゃんと集め始める訳ですが、今回アルバム制作に使った一本は20年以上のお付き合いさせてもらっている稲葉政裕さんと色々楽器店をめぐり、これいいですね〜といえば、あ〜あれはどことどこのパーツが変わってるし、中古相場でも高い方だしあまり良くないね!ニコッって0.1秒でダメだしされたりしながら笑、何日も何件も楽器店めぐって探して、買う前も何度も稲葉さんに写メ送って見てもらって現金握りしめて買いにいったもの笑。

一本は、とても頭脳明晰で、エンラージメントトレーニングの元になった人物で、まったくピアノ弾けないのにショパンの革命だけ弾けたり、全然ならったこともないクラシックギターを独学で難曲まで弾ける様になったりと、根性論でなくあくまでも方法論が大切と示してくれたとても尊敬している友人が、ジストニアという指が意識に関係なく勝手に動いてしまう病気になり、弾けなくなってしまったのを僕が譲り受けたもの。

僕のお弟子さんたちや、生徒さん等って、ただただ人と違うモノ、好きなモノ買いたがるのですが、まぁ気持ちはわからんでもないというか、自分だけが特別でありたいから、そうなってしまうのでしょうけどね。みんなとこの先、少しでも共感出来たら嬉しいなぁ。

だってね?ただただ需要があり高い金額の楽器ってものは、確かに壊したらどうしよう???という恐怖感はありますが、触る事には抵抗は無いし、いやいや、、、なんなら触ってみたいくらいじゃん?笑
でも、憧れのアーティストが何十年もアイコンとして使って来た楽器なんて、恐れ多くて触ることができないし、たとえ手に入れてステージに上がっても僕の人生には何の意味も無い。コレクターとして他人に自慢するくらいしか使用方法ないよね。。。

モノの価値なんて、そんなものでしょう?

圧倒的に僕には体験して来たストーリーが一番の価値で、ストーリーを一緒に紡いだ出会った全ての人との樹形図が大切なんです。
そういう意味では、今回のアルバムで僕が出会って来た樹形図を上手く形(曲)にする事が出来たと思っています。
そして聞いてくれた誰かにとって重要なものになれたら、それほど幸せな事は無いなぁ、本当に。それもこれも、俺が良いストーリーを作れる様に先ず頑張らなきゃね!

初のリリースツアーが始まりますが、沢山の方に出会って、みなさんとの新しい樹形図が沢山産まれる事を楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします!

投稿者 burtman : 15:06

« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »