« 1st Solo Album ご予約受付中!!! | メイン | One of Loveがヤフーニュースに取り上げられました! »

2018年6月 9日

ソロアルバムへの道7to10

これはソロアルバムを作ると決めてからの理想でありましたが、世界で活躍する僕の大好きなアーティストと共演出来たら、と思っていました。
ただし先輩の教えもあり、、誰かを介してとかではなく、作品を気に入って貰ったうえで参加して貰わなければ意味がないと思って、誰も頼らず憧れの方のエージェントにまずご挨拶とデモ作品をお送りしました。
そうしたら、数時間も経たないうちに返事をくれまして(本当に感謝してます)
メッセージありがとう、このプロジェクトはご本人喜ぶと思うから直接連絡してみて!とご本人の連絡先が書いてあるではありませんか!!!!!

というわけで、改めてメールを書き直し、リスペクトを込めた文章とデモ曲を添付して、もしこの曲を気に入って頂けたら、ソロアルバムに参加してくれませんか?とメールしてみ ました。
そして、その日のうちに返信が来て!
いい曲だね!是非一緒にプレイしたいとメールいただけました。オーイエイ!!!
メール見た瞬間は前の日の酒も残ってて、初恋以上の興奮でボーゼンとしてしまったから、慌ててシャワーで水浴びて気を取り戻しました。
渡辺直美さんが先日だれか海外セレブにインスタフォローされて、「びっくりしすぎてうんこ漏れた」って書いてたけど、まさにそんな気持ち笑。
ツイッターに
やばい
叶った
やばい
叶った
って叫んでしまったw
とにかく僕のギターソロもしっかり入れて送った、デモ音源を気に入ってくれただけでも何より嬉しくて、そのうえ参加できてハッピーだっ!って言ってくれて、最高の賛辞を貰ったような気持ちになったけど、、、そういえばそんなに浮かれてらんない!
ちゃんと仕事しやすい様にお膳立てしなきゃというわけで、急いで諸々段取りしまして共演の念願叶った、、、その方は!
Jeff Beck meets John Scofield in James Brown’s bandと称され、NYのギター界のカッティングエッジいや超スターギタリスト

Oz Noy!!!
詳しくはこちらが分かりやすいですよ。http://haarp-ch.jp/oznoy1/

どうせやるなら僕が一番好きな大スターと!決めていたけど、本当に叶ってしまった涙
スケールライクなギターソロ弾く人の方が圧倒的に多いんだけど、どうもずーっと好きではなくて、ちょっとギターに飽きてきた時に超衝撃を受けたのが彼。僕が気に入ってるのは彼の超人か!というようなプレイもそうなんだけど、ブルースがちゃんとベースにあり、ちょっと奇怪だけどメロがあらゆる形で湧き出てくる。歌う様に演奏するから、プレイとしてはシンプルな部分も多くある。そんな所なんです。
ちなみにCuriously Twisted Soulはもう12年前くらいに書きましたが、Ozが世に出る前に書いたんで意識してる訳も無いけど、コレも気に入ってもらえそう笑。同い年だから影響されたものが似てるのかも。
Ozからのメッセージをどうぞ。
そのOzが参加してくれたCuriously Twisted Soulは、すでに予約開始しております!!!BASEショップかhttps://burtman.thebase.in/

このHPのWebshopからどうぞ!

投稿者 burtman : 2018年6月 9日 15:03