« ソロアルバムへの道4to10 | メイン | 中華製の、、、 »

2018年4月 3日

何かを守りながら戦うなんて「まだ」無理だよ

kiro.jpg

いままで、本当に色んな人に会って来て、色んな音楽家の進退を見て来たけど、やっぱり何かを守って戦おうとする人は、まったくうまくいってない。。。

バイトや生活、家族、自分のペース、友人、他人への建前、自分の気持ちや照れ、自分の目標、、等、いやもちろん死なない程度には誰だって守りますよ?

でも、それらを必要以上にみんな守るんだよなぁ。

みんな安定したいのはわかるけどね。
バイト先もいつかは年長者になっていられなくなるし
生活だって天変地異はまぬがれないから何をもって守ってるといえるかわからないし
自分のペースなんて社会には何の役にも立たないし
自分の好みなんて時代が変われば必要とされなくなるのは当たり前だし

結局、音楽家には大切な聞いて頂く皆さんを喜ばせようって行動に全く繋がらない、行動しない「いいわけ」なんだよね。

一生懸命がんばって人に必要とされる様になれば

安定するし
友人や仲間も出来るし
自分の目標も違った形でも達成出来たりする  

ま、僕は頑張るって言葉がきらいだけども。
とにかく、色々やれるように実力付いてから「守りながら戦う」なら分かるけどね、あれはできませんこれはできませんなんて注釈付けてなんて、、、

頑張るのが嫌だったり、考えるのが苦手なら、とりあえず光の大きく見える方へ進んじゃえば良いの。

進んだらそんなんじゃだめだ!と壁が立ちはだかるから、その時になって攻略を考えればいいわけで、やらんことにはなんもはじまらん。
岐路の選び方は大事よ。そこでびびったら男が廃るぜ。

投稿者 burtman : 2018年4月 3日 08:23