« 2017年9月 | メイン

2017年10月11日

ビンテージギターと新しいギターどちらが良い?

僕なりのビンテージギター論を書いてみる。

いつの時代でも、やはり手が届かない事と、持ってる人の方がマイノリティなので、ビンテージなんて使わなくったって!なんてよく言われる。まぁその人がそれでよければ、僕には関係ないし、万人に使って欲しい買って欲しいとお願いしている訳ではないのだが。

しかしあまりにあちこちでビンテージなんて!いらねえだろ?と言われすぎてがっくし。
というわけで、生徒にしか話さなかったビンテージギターについて、少し書いてみようかと思ってパソコンに向かってる。

先日もエボニー、ローズウッドに規制が始まったが、まず木材が枯渇していることは皆さんご存知の通り、60年代には枯渇したと言われてる。80年代に売られていたフェルナンデスやクレイマーなどの木を見ても、いやーこんなに良い木は今使えないだろうなと思うほどなので、ビンテージに使われている樹齢の長い木材なんて、もうギター材としては手にも入らないであろう。

そして、今の電化製品を見てもらえば分かるが、なんと摩耗と劣化が早い事か。どれも2〜3年で壊れる様な金属で作られてる。
ギターのパーツだって、アレがダメにこれがダメになんてしょっちゅう聞くはず。
でも、僕のヴィンテージギター達は、全くパーツ交換せずとも50年くらい経っているのに故障が無い。
本当かどうか知らないが、当時は金属加工の技術も高くないから、軍隊で使われた金属と、ギターパーツに使われてる金属の差がないらしい。 今で言えば、スペースシャトルに使われるような、金属と言えるだろう。確かに強靭だ。

そしてFenderでいえば、Pre CBSといわれる、1964年より以前のものは、全てレオフェンダー氏が管理し、チェックしてから販売されていたとの事。今で言えばオールハンドメイドの手工ギターと同じ。

それこそ、エレキギターのコイル、ギターの形状、音の出力方法など、今までと全く違う考えで作られた物が出て来たら、それは別世界。それは興味めちゃある。
でも実際の所、どこも同じストラトの様な、レスポールの様な形で、コイルも、磁石も、ボリュームポットですら、70年前と同じような構造のものしか無いのに、新しいギターとビンテージと分けて考えるのが変だとずっと思ってる。

分けるなら良いギターと悪いギター。それに尽きる。

ビンテージギターは高いと言われるが、デパーゴなどいわゆるハンドメイドでちゃんと管理してストラトを作ってるメーカーのものは100万円前後じゃないか。
他の安いギターと比べるから、話がややこしくなる気がするなぁ。  

かといって安いのがダメと言いたい訳じゃない。
ネジをなめずにぴったりの高級なドライバーと、100均で買えるドライバーでは同じ形状でも使いどころが違う。
ペンキ缶の蓋を高級なドライバーで開けなくても良いじゃないかって話。適材適所だし比べるものじゃない。

想像して欲しい、樹齢の長いデッドストック状態の木材をボディーにつかい、ネックにはワイントン条約で保護されたブラジリアンローズウッドを貼り、手間のかかるラッカーで何度も塗装し、スペースシャトルで使われてる強靭な金属を使って作られ、責任者が全てのチェックを行ってから売りに出されるギター。

といえば、そんなに高いと言われないと思う。

あ!!!ただ、僕が言ってるのはFenderでいえば1964年以前のものだけ。それ以外は確かに興味が無いかな笑。

投稿者 burtman : 18:03

2017年10月10日

Instagram

野宮真貴さんがInstagramでリハーサルの映像を上げてくれました!

渋谷音楽祭楽しみにしていて下さいね!

https://instagram.com/p/BaEDYQ4BttY/

スクリーンショット 2017-10-11 00.14.22.png

投稿者 burtman : 23:48

レッスンについて

なかなかレッスンで伸びずに悩んでる皆さん。

とにかく理想を持つこととよく言ってますが。
ただ具体的な理想じゃ無くて良いんです。

今日はこれをやれるようになってみよう。
今月はここまではやってみよう。
で良いんです。

コンサートとか見るとアレがやりたいこれがやりたい
って思うのに、そこまでの道のりが見つけられない。
理想がぼんやりしかみえなくて何していいか分からない。
そんなもんです。

だから日々の積み重ねを作るんです。
急に5段目を飛ぶ事は出来ないから、理想の
一歩手前までに行く為に基礎がある。
それを先生が教えるわけです。

もひとつ。

理想を叶えるためには準備が大切なのです。
全ては準備のみ。
素晴らしい理想には準備にどれくらい準備ができるかが大事。

僕らが演奏してる仕事もライブもそうです。
準備で全てが決まる。

でも準備を何していいか分からない。
それは準備出来るだけの道具を持ってないんです。
それは日々の目標の積み重ねで産まれるものなんです。

そして準備の間に産まれるであろう、苦難も想定しておけば
さらにうまくいく可能性が上がる。
その苦難は予測出来ない。
だから先生がいます。

そして

とにかく幸せを感じる事。
楽しみたい、モテたい、喜ばれたい、なんでもいい。
やっていることに感動する。

そして、決してやめないこと。
勝つまで辞めなきゃ、負けないんです。

そのためにエンラージメントトレーニングがあるんです。
宣伝になっちゃった。てへ。

メルマガ登録・解除
末松一人のエンラージメントトレーニング
>> サンプル
詳細ページへ
powered by まぐまぐ!

投稿者 burtman : 02:21

2017年10月 5日

野宮真貴 第12回 渋谷音楽祭

第12回 渋谷音楽祭

<日程> 2017年10月21日(土)
<会場> 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール (東京都)
<出演者> かせきさいだぁ / 小西康陽 / 高野寛 / バニラビーンズ / 野宮真貴 / カジヒデキ / 他
http://www.play-shibuya-shibuon.com/
※注意事項
3歳以上はチケット必要。
※公演などに関する問い合わせ先
ディスクガレージ:050-5533-0888

投稿者 burtman : 10:59

2017年10月 4日

ひさびさに福岡に行ってきましたよ!

久々にギターセミナーをやってきましたよ。

素晴らしい若いギターリストが集まってくれて、本当に嬉しかったなぁ。

天才高校生ギタリストの入江誠君も来てくれましたよ。
色々刺激になったようで、これからが楽しみです。

エンラージメントトレーニングを取り入れてセミナーやっています。
エンラージメントトレーニングって何かって言うと、人間構造の特徴からギターを学んでいくって方法論っていえば堅いけど近いかな。

何度やってもそう動かないっていうものは、だいたい感じ方や印象、体のクセなども含め、思った様に動かなくなる訳です。そこで心象から砕いて感じさせ、テクニックも分解して細かく分けてやり合体させるので、スイープ程度なら1時間もあればみんな覚えちゃうんですよ。
このセミナーの日も、セミナー後にスイープに徹底したエンラージメントトレーニングで、生徒ニコニコで帰りました笑  

こんなセミナーやってますので、ご興味ある楽器店や、レッスン教室など、特別セミナーで呼んで下さいね!笑
メールマガジンでもエンラージメントトレーニングを配信してますので、是非ご登録を!

末松一人エンラージメントトレーニングで検索!

もうかなり古いお友達、イノウエミチコのライブもやりました。
ホント素晴らしい楽曲なので、バンマスとして素晴らしいメンバーを集めたんで、めちゃめちゃ凄いライブになりました笑。

まぁ贅沢な音。

次は11/24です!是非福岡/御縁屋二階店に見に来てね!

さぁー明日はTVのリハーサル!

IMG_3998.JPG

IMG_3996.JPG

IMG_4013.JPG

投稿者 burtman : 03:36

« 2017年9月 | メイン