« つまらねえやつだな | メイン | Roger Mayer 456 続き »

2016年11月13日

Roger Mayer 456

IMG_3432.jpg

Roger Mayer 456を手に入れました。

なにかこれ一個で、どーでも良い事色々考えてしまった。

僕のエフェクターのこだわりってのは、まぁマニアの皆さんと比べれば数百種類しか知らないのでさほどたいしたものではないけど、きっかけはコンサートの時にTS9音抜けなくてダメじゃんってエンジニアと話した青天の霹靂からでした。

定番というか、安定っつうか大ヒットのこの機種が、そんなにも使えない物だったのかぁって。まぁ今考えればそれは使い方も悪かったんですけどね。SRVもModしたやつ使っていたらしいから、ブルースマンが愛する機材を、J-POPで、しかもそのまんま使って俺もまぁアレなんですが。

まぁそんなわけで、定番が僕の中で揺らいだその日から、アレでもないコレでもないと色々買いました、探りました。そしてコレじゃなきゃ!ってわけじゃないけど、最大のコンサートホールからカフェまで色々やって、様々なアーティストから注文だされたりしながら、おかげさまでギターからアンプまでの僕の基本ルールは作り上げる事が出来た気がします。だからこそこのブログをよく見てくれてるギター好きな方に紹介してたわけなんですが。

ただエフェクターってのはあくまでも音楽をやるための「道具」ですが、いつの間にかこれを手に入れる事が楽しみで、音楽やるわけじゃない人達が世の中に増えて。なんかいくら商品紹介しても、これをつなぐと良い音になりますよ、凄いパーツ使ってるんですよっていう、何をもって最高と呼んでるのか分からないけど、永遠に最高と言われる商品が出続ける無限ループが巻き起こっている現状に気づいたし、僕の感想なんてめっちゃ鼻くそ程度の1意見にしかならないし笑

僕の経験上〜なんてまじめにかいても不毛に感じたし、なんか大して裕福でもないのに大枚はたいてきたものタダで情報バラまいてるのもどうなのかなって。

でも今回Roger Mayer 456買って、生徒から何に使うんですか?って質問が来て気づいたんだけど、この紹介している俺も、この機材と音楽の接点を書かないからよくないかもって思った訳です。まぁ音作りなんて好きにしろってのが基本だからおのずとそうなってしまったんだけど、アメトークの読書芸人見ていて、全然本読まない俺も興味持てたりして、著者のペンなんて専門の方しか興味ないけど、書いた作品の紹介は本当に面白い。そうか音楽の中のギターの面白さを伝えるとみんなに楽しんでもらえるかもなぁとか思ったりした訳です。

ってわけで、たまにはそんな記事を復活させていこうかなと思う今日この頃なわけです。
メルマガ書き始めたのもそんな理由もあるかな。 知りたい人にだけ書こうかな?って。

投稿者 burtman : 2016年11月13日 12:35