« Bambasic新作 | メイン | バースデーメッセージありがとうございました! »

2015年8月 6日

ライブ映像が届きました。

めっちゃ暑いのにも若干慣れてきて、過ごし方がわかってきました。滝のような汗はかきますけど、夏ですしそれは仕方ないしねw夏は汗かいてなんぼ。しっかり水分補給して、毎日頑張っていきましょうね!

さて、僕の方はというと、8月前半は仕事が緩やかでして、この空いてる期間を使って忙しくなるとやれないことにドドドッとやっちゃってます。
前回書いたレコーディング用ペダルボードもその1つ。
事務的な作業から、仕事でこうだったらいいなと感じた機材やテクニックを具現化したり、冬に備えギターのハードケース天日干ししたりw作ってるアルバムや次の教本の事などなど、日頃なかなか手がつけられないものに毎日取り組んでるわけです。

こういうのを1つずつ終わらせておくと、忙しくなってからもリフレッシュして仕事出来ますね。

中でも以前からとても気になっていたのが、Michael Landauのペダルボード。
長年ギターを弾いてますから、ある程度のことは写真とか見れば分かるもんですが、この人のはホント謎で。いや見て予測だけならもちろん出来るんですが、この人のボードは見るとやるとでは大違い。全然サウンドしないシステムと言っちゃっても過言ではない。ボリュームのつじつまが合わない。
これもね誰かに聞いてみたいなぁと以前から思っていて、勇気出してFBに書き込んだら稲葉先輩をはじめ、先輩方が色々と答えてくれました。ありがたやー。
でも、ちょっとまだ、、、え?しつこい?wいやーあのシステムを組んで試してみたことがある人はわかると思うけど、まだ情報が足りない感じなんですね。理屈はそうかもしれないけど、それにしても極端なのですよ。ただVooDoo Marshallってのはかなり有難いワードでした(謎)

あ、すみません、好きなことになるとついつい熱く。。。
悩んできたことが紐解けたときの快感を餌に生きてます。すません。

さて、9月は名古屋に行きますので、お友達に会えることを楽しみにしている毎日ですが、前回の音と光り絵コンサートのダイジェストが、素晴らしい編集のもとにYoutubeで発表されてました。

凄い、、、心が動かされるというのはこういうことです。

最近僕の注目ミュージシャンは、前から家族のように付き合って頂いてる山田智之(Percussion)さんなのですが、僕この方ずいぶんと別次元にいかれたなぁとおもっていて。

とっても失礼な書き方をすると、一見雑に叩いているようで、よく聞くと、、、いやいや、よく聞かなくても踊りたくてたまんないようなリズムを叩かれるように、、、発展されたのか、努力されたのか、、、このコンサートで久しぶりに一緒にやって、何度も振り返ってオーイエイ!と叫びたくなりました。いやーこの映像見てもわかりますが、なんか別次元にいってしまいました。羨ましい。

音と光り絵コンサート ~歌う切り絵の物語~

2015年9月20日(日)
開場15時半~ 開演16時~
場所:ウィルあいち 4階ウィルホール〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地

投稿者 burtman : 2015年8月 6日 04:44