« Masato Watanabe/ Kazuto Suematsu ライブ | メイン | 【月例】末松セッション »

2015年3月 1日

アコースティック週間からのレコーディング週間

IMG_5516.jpg

mikaちゃんのライブでした!
もうリハからがっつり歌詞見ながらアレンジアイデアも出して、、、軽い口約束的な感じで始まったライブだったのに、凄く熱いかかわり合いになり、ミカちゃんにも喜んでもらえて良かったです。
凄くお世話になったみきさんにも久しぶりにお会い出来て最高でした。
5/29に再演です!楽しみ!

IMG_5522.JPG

ニューギターをゲットですよ。
2014年のレスポールで、2014から色々とオリジナルに近くなったので、この機会にとおもってゲットしてみました。あと木材の選び方にこだわって、理想に近いのを見つけたのです。

  IMG_5572.jpg

フルアコースティックなレコーディングでした。
マイクの感度ギンギンだったので、マスク着用。これも先輩ミュージシャンに教わった技ですね。ふんふん鼻が鳴るのを収録させない訳ですね。
エンジニアさんのテクニックもありますが、Taylor+Cleartone Stringsは恐ろしい音しておりました。

IMG_5607.JPG

長崎に行って参りました。
大きな会館で、完全アコースティックな感じで、音作りは大変だったけど気持ちよかったな。

IMG_5603.JPG
手嶌葵ちゃんがね、やっぱり唯一無二な方で、すべてがいつもと違う手順なんで緊張します。
でも、まだまだこのテンポではなく息吹に合わせる世界は精進精進ですわ。

IMG_5659.jpg

またレコーディングになりまして、ダビング、ダビング、ダビングとかなりの本数入れさせてもらいました。

IMG_5654.JPG
友池くんをはじめとするTexas Bloodならぬ、Kyushu Bloodが素晴らしく熱くて、本当に関われた事に感謝してます。徹底的に妥協無く音を作り込んだですよ。

IMG_5661.JPG

今回はKRBで一緒だった種子田健さんをお誘いさせてもらいましたが、やっぱ強力だわ。とにかく僕にとっては懐かしく居心地よく、このGrooveにずっと浸かっていたいって感じ。
お互い楽器好きとして、ベースの構造や、改造の経緯や、音作りの方法まで、ありとあらゆる種明かしをしてくれるわけですが、もうね基本的に考えている事が超個性的なんです。誰も真似出来ない様な事だらけ。
だから、教える事も無ければ、教えてもきっと出来ないから意味ないと種子田さんもいってましたけどね。
きっとこの話をききたいベーシスト死ぬほどいるだろうな、と思いつつ役得させてもらいました。

このアルバム聞いてもらえる日を楽しみにしてます。

投稿者 burtman : 2015年3月 1日 00:25