« Heavy Gauge Festival その1 | メイン | 末松セッション【忘年会】 at w.jaz »

2014年12月10日

考えさせられる一言。

IMG_4657.jpg

あまりの衝撃的な話だったもので、どこで誰が言ったのか忘れてしまったのですが(笑)今年一番感動した会話を書きます。

プロギターリストで続けていけるなんて凄いですね。と切り出されました。
まぁこの仕事してると、なんかこばかにされたような、よくある話です。

いつもなら、あぁ、、、(無言)としらんふりしてやり過ごす所ですが、今回のお話の方は、ここからが凄かった。

僕もですね、昔ミュージシャン目指していたんです(ここまでもよくある言い方)
でもですね、色々プロのみなさんの曲を聴いてて、僕には向かないと分かってしまったんです(これもよくあるがここからが本題)

プロミュージシャンって、いっつも何かに不満があったり、怒ってるでしょ?
歌詞もだいたい何かに向けて怒ってるし、会話の内容も不満ばかり。
僕は振り向いてみると、多少の不満を感じた事もあったけど、今となっては全て忘れてしまってるくらいで、歌詞を書こうにも思い出せないし、現状を見渡すととっても平和で幸せだと気づいたんです。それでミュージシャンの道は諦めました。とおっしゃる。

IMG_4765.JPG

もう、、、ね、、、たちくらみがしました(笑)

僕だって特に日々怒ってるつもりもないし、平穏無事に暮らしているつもりですが!!!振り返ると確かに不満ばかりの自分の人生。

いや、そんな陰湿な物じゃないですよ?
単純にやっぱりその時点より更に更にギターが上手くなりたいと思い続けてる。
誰かにギターで負けたくない、人の聴音を満たしたい、お金持ちになりたい、有名になりたい。
その時々で色々思うことは違いますが、そういえば「現状に満足してない」これがエネルギーの源でありました。

確かに今も、色んなことに不満があります(笑)
しかし、これはいつか満たされると思い続けてましたが、そういうもの物ではないようですね。 そもそもの気質という気がしてきました(笑)
ちなみにあの人より上手くなってやる!なんてしょっちゅう思ってて、練習して練習してしょっちゅう超えて来てますが、超えたことに気づいた時にはもう興味がなくなってしまってて、勝った〜〜〜!とは感動しないんだなぁ(汗)それどころかその人の良い所見つけちゃって、認めて好きになって仲良くなって終わる。。。なにしたいねん(笑)
ひくつで利己的で、ひねまがってるのでしょう(笑)そのおかげでミュージシャンをやっているつもりのようです、やっと気づけた気がします。感謝してます。

投稿者 burtman : 2014年12月10日 22:41