« 河合徹三Live | メイン | 末松セッション in 名古屋 南蛮家 »

2014年9月22日

Kazuto Suematsu Quartet

なんだかんだいって、僕のリーダーライブがデビュー戦を迎えました。
応援してくれているファンの皆様。
ほんとーーーーにお待たせしましたっ。

いや、なんか僕がリーダーっつうのは沢山やってるじゃんか!!!!って言われそうなほど、ライブやそれこそ他ジャンルの僕企画から、姑息なやつまで(笑)多々お付き合いくださいましていつも感謝してる訳ですが、僕の中では自分の名前を前面に打ち出して、自分のやりたい事バーンとって言うのは初めて。のはずです。

それもこれも。

やりたい事が多すぎる訳ですよ。いや、みんなもそーでしょ〜?。
中学生の時から音楽生活が始まりますが、そもそもはブルーハーツにだまされて音楽始めてますから、やっぱりいつかは、若者が僕の様に道を間違える音楽がしていたいと思ってますし(笑) でも、自分が大人になった今、大人になってからの音楽というのも実際良いなと思う訳で今でも沢山のそういうグットミュージックに関わってますし、そのほかにも黒人のハイパワーな意味不明なファンキー道もめちゃくちゃ憧れるし、アメリカンに限らずトラッドミュージックも最高な訳で、、、

以前、ごちゃごちゃ悩んでても仕方ない!アメリカントラッドな感じでいくか!とMud Steppersというマンドリンとのデュオをやり始めた訳ですが、ブルーグラスを本気でやってる相方や、その仲間のバンジョー弾きとかトニーライスってる方とかと並んじゃうとやっぱりなんか僕は異質すぎたし。

もっとフリーな感じだったら合うかな?とフュージョンをやってみても、またフュージョンさせてる根っこが一致するって人もまぁなかなかいないわけで、、、

ぜんっぜん否定してる訳じゃなくどれに関わっても最高だったんですが、自分の活動です!というよりグループの活動という感じだった訳です。
なので、自分の!をいつか、と思っていて色々やってみたわけですが、正直どうやって具現化していいか分からなかったのです(汗

ということで、半ば自分のソロということでやるしか、答えはみえないかなとは思ってて、実は8年前くらいにちょっとやりかけた事はあったのですが、その頃は具現化する力が無く共演者に何がやりたいか伝えられなかった訳で、スタジオで一回音出して解散という結末を迎えました(笑)

というわけで、それ以来のライブという事になりますね。
ここにいたるのには、様々なアーティストやミュージシャンの皆さんに関われた事で随分色んな事が理解出来ましたし、なによりNumber A.を組んだ事も大きかったですね。
やっぱり若者が道を間違えるであろう(笑)音楽をやりたいという気持ちが大きく一つ埋まってくれた訳ですから、 ずいぶんと自分の音楽性を整理しやすくなりました。

というわけで、やりたい事が分かって来たので、メンバー選び!となるわけですが、まずは同じブルーハーツから音楽に入ってる異例のジャズピアニスト(笑)でもあり、普段仲良くしてる中村新史くんは欠かせないと思ってました。
ベースは以前Jam for joyなどで知り合っていまして、ウッドベースを弾く素晴らしいジャズベーシストでもありますが、最近色んなものがやりたいという気持ちが芽生えた!ということでお話を頂きました芹澤さんにお願いしまして、ドラムはw.jazで何度もやったことのあり安定感が評判の小林崇くんにお願い致しました。

いやーさくっとやってるようで、ここまでが長かったなぁ。。。

これからはソロとしてQuartetにとどまらず、TrioやSextetなど色んな事にチャレンジしてみたいと思います。

というわけでね、見に来てくれた方が映像にとってくれましたので、是非デビュー戦の私をみてやってください。



投稿者 burtman : 2014年9月22日 15:03