« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月25日

愛用ピック

僕の愛用しているJOP PICK。

IMG_2648.JPG

なんと全国にあります「島村楽器」さんでお取り扱いになったようです。

http://www.shimamura.co.jp/rifu/index.php?itemid=131283

↑のHPでも「これを超える物はない」くらい書かれてますね!

もちろんOfficialでも買えますよ。

http://www.jop-style.jp/pick/

写真は僕のシグニチャーピック
多くのギターヒーローたちがそうだった様に、こうやってシグニチャーモデルを作って頼りにしてもらえるということは、ギターリストの端の端しくれですが、とっても光栄です。

ずっと音を追い求める事を美徳ともするけど、何をもったところでずっと不満は残るもの。
その点、自分の音をこうやって持てる事は一つの宝ですね。
JOP PICKがここを見ている人のお役に立てると良いな。

投稿者 burtman : 04:40

2014年7月18日

CDリリパ&誕生日会


分かりやすい事を優先してまず平たく言いますが、8月1日江ノ島(鵠沼海岸)でCDリリースパーティと共に!僕の誕生日会があります(笑)

飲めや歌えの大騒ぎ。江ノ島まで海水浴ついでに来てくれる方は続きに詳細を書いてますので読んでね!

8月8日に僕も作曲&編曲&演奏で参加してますNaomi the MicistさんのNew CD「Island of Rainbow」のリリースされます。

よろしくね!

10458550_807183375972007_214650393293443278_n.jpg

そのリリース日は偶然僕の誕生日でして、いつもみんなが遊びに行ってる海岸沿いのBar「ココツリーテラス」で8月1日(金)にリリースパーティー&ライブをするのです!

そして、それにかこつけて、僕の誕生日会もしてもらえることになりました。

いやーこういうお誕生日てきなのは、夏休みまっただ中に生まれた身としては、ほぼ初なので、、、恐縮です!

ココツリーテラス
http://profile.ameba.jp/kalahikiola/

https://www.facebook.com/cocotreeterrace?sk=info

ライブは18時とか19時くらいからですね。

昼間海水浴、夕方サーフィン、そしてライブってコースですね。

あ、せっかくだから何曲か歌わせてもらおうかな(笑)

みんな普通のカッコでもいいけど、海パン、ビキニで騒ぎに来てください!

お店とライブ中はどんな雰囲気かというと、写真の様な感じ。

IMG_8695.JPG


IMG_8696.JPG


IMG_8698_2.jpg

当日俺の車に乗ってく人は7人くらいまでなら良いですよ。

ライブは

Naomiさん

中村新史(Key)

松井俊大(G)

で、ゲストに僕という事になりました。

アコースティックライブです。

他にゲストに誰かこないかなぁ〜?

投稿者 burtman : 17:06

2014年7月13日

名古屋末松セッション&出れサマご報告

名古屋セッション本当に毎回沢山の方にお越し頂いていて大変嬉しく思っています。
今回も40名強の方にお越し頂きました!すごい!

回を重ねる度に親密度が増し、さらにさらに盛り上がって行ってますね(笑)

今回はすべて近本さんに持って行かれた気がします(笑)

南蛮家、潤さん、佐武くん、ミカミカ、家田先生、映さん、中島君、名倉君、来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。

全員で記念写真、、、といきたかったですが、終演後残った方々で。
今度は一番多い時間に撮りましょうね!
IMG_2553.jpg  

それと一つ残念なお知らせがあります。

出れんのサマソニというコンテストがありますが、第2次審査で落選してしまいました。

んー残念。
でも、なんか結果をみて、受賞者を見て納得出来ました。
みんなが3曲あげてるとこに、うちは1曲のみ。
プロの手によるMVばかりに、うちの個人製作のライブ映像。
事務所のプッシュもある。
完全なる力不足ですね。

みなさんが毎日投票してくれたことは、本当に今後の活動の大きな支えになりました。
僕個人としても本当に、勇気頂きました。

次は、間違いなく勝ってやる!

投稿者 burtman : 13:07

2014年7月 9日

ライブ中止のお知らせ

Number A. Live 「Rock Pop High Vol.10」を7月末に予定しておりましたが

都合がつかなくなり、残念ながら中止となりました。

楽しみにして頂いてました皆様、大変申し訳ありません。

日程を再検討し、開催予定ですので、発表までしばらくお待ち下さい。

               Number A. 一同

投稿者 burtman : 03:35

2014年7月 6日

末松セッション in 名古屋

10468057_320451071456919_4660322485352290711_n.jpg

緊急告知ですが、末松セッション第四回目をいつもの名古屋南蛮家さんで行います。

20時からいつもセッションを企画してくれているお二人のユニット「As/Style」さんがミニライブ。
そのあと21時からセッション行います。

是非是非楽器もって遊びに来てください!

日時:2014年7月11日(金)

開場:Live20:00スタート Session 21:00スタート(入れ替え制)

会場:名古屋 今池 南蛮家

料金:3000円

投稿者 burtman : 19:47

手嶌葵Live

手嶌葵ライブ

7/26 KIRIN BEER "GoodLuck" LIVE に出演決定。

公開生放送に抽選で10組20名様をご招待。

<応募締切>7/17(木)

<会場>TOKYO FM(会場までの交通費は自己負担となります。)*集合時間15:30

*ご応募はお一人様1回に限らせていただきます。

詳細は、下記番組ホームページをご覧下さい。

http://www.tfm.co.jp/live/lineup/


投稿者 burtman : 19:40

吉田栄作 LIVE ~chapterII 2014~

吉田栄作 LIVE ~chapterII 2014~

【オープニングLIVE】

ナオミ ザ マイキスト(ナオミさんをサポートします)

【日程】

7月26日(土)

【会場】

表参道 GROUND

【時間】

18:00 開場

18:30 開演

【料金】

前売り ¥5000

当日券 ¥5500

(ドリンク別 ¥500)

【アクセス】

表参道GROUND

渋谷区神宮前4-2-12 WES B1

TEL 0357728566

【東京メトロ】「表参道駅」A2出口~徒歩1分

【JR原宿駅】「表参道口」 徒歩15分

【東京メトロ】「明治神宮前駅」A5~徒歩15分

投稿者 burtman : 19:38

末松セッション

w.jaz-tm.jpg

【末松ブルースセッション】

西荻窪のw.jaz(ダブ・ジャズ)で、僕がホストのゆるーいブルースセッションやっています!

次回は7月16日ですよ!



見に来て頂ける方はもちろん!楽器全パート初心者、経験者どんな方でも大歓迎です。

毎月第3水曜日予定です。


もしかしたら仕事の都合で変更になるかもしれません。

ホストバンドは僕以外まだ未定ですが、素敵なメンバーに声かけて、レパートリーも増やしておきますが、譜面を持ってきて頂ければボーカルの方も参加できるようにしておきたいな!なんておもってます。



是非気軽に弾きに飲みに遊びに来てください〜!



LIVE BAR "w.jaz"

〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-7-6 サンパレス西II B101

03-6750-9105

http://wjazinfo.jimdo.com/

投稿者 burtman : 18:59

2014年7月 5日

オカルト的なギターの話でも

沢山のギターリストに会う機会があるので、様々に様々な意見を聞くんですが、実はどうも僕と見解が違うなぁと思いつつ、黙っている事が多いのです。

それはなぜかっつうと会話のほとんどが、あいつがアレを替えると良い音がするとかふざけた事言ってたけど、その前に練習してから言えっつうの!というような会話だから。

これは、ギターの改造云々の話に聞こえるが、実のとこはその人が嫌いという悪口なだけなので、そこで発言する事によって怒りの矛先が自分に向くのが嫌だから黙っているのでした(笑)
あとあの人だと信じるが、あの人だと信じないという、なんともまぁ根も葉もない話だったりするからである(笑)

なので、2014年現時点での、オカルトティックというか、眉唾的な話を、まぁある程度ちゃんと自分で調べたりしたこととか、こう思ってるって事を書いておこうかと思います。
自分と違う意見だからといって、誹謗中傷おくってこないでね(笑)
いつか見返して、あのときはこう勘違いしてたのかと思える事も、自分の楽しみである。
とはいえ、アレが良いこれが良いなどの、細かく書きすぎるのは控えますが。

そうだ、各雑誌社の方、こういう記事の仕事あったら喜んで引き受けます(ちゃっかり)
その時は細かくおすすめを書きます!(ちゃっかりすぎ)

10525380_464768460325434_233171459847912745_n.jpg

・コンデンサーで音が変わるか。
これ信じてない人が多いのですが、まったく変わります。トーンは使わないからという人もいますが、そんなこと関係なく変わります。まぁ音がパーツを通りますから当たり前ですよね。
ただ、何をもって良しとするかってとこが怪しくて、ネットなんかに書いてある記事を見る限り、そもそもGibsonの音が好きな人が、ストラトの音を太くしたいという体で書かれてる記事なんかは、実のとこはGibson寄りにしちゃったことで良くなったと勘違いしてる例が結構あります。
俺は、、、それだと元も子もないと思うかな。じゃ、Gibsonでいいじゃん。。。
ちなみに僕はそのギターが生まれたその時代のパーツなりそれに近いものが良いとおもっていて、それで音がいまいちだというのなら、そもそもそのギターが嫌いなのだよと思うのです。
理想も歴史もないギター以外、今のところそれ以上の理屈が見つからない。

・内部配線
配線材を替えるといいよってことで、一時期某スタジオのおじさんが、内部配線を交換っつうのを流行らせてましたが。
ひとまずヴィンテージワイヤーは選択しないほうがいいかな。
かなりの量を試しましたが、数センチという短い長さでもケーブルでもハイとローがスポイルされるものばかりで、音がなまっちゃいました。
あまりにもハイファイすぎて困るという時に、もしかしたらヴィンテージワイヤーが活躍するかもしれないが、何kHzが何dB落ちるとかまで分からないので、ものすごい時間使わないと適合するワイヤーは見つけられないと思うし、それこそその分ギターの練習したほうがいいって話かも。
ということは、新しいワイヤーで良いってことなのだが、パーツとの相性があるので、最新の使ったら必ず良くなるって訳ではない。
そもそも今の音が気に入ってそのギターを買ったはずというか、この子はもっと伸びる!なんてテレビのプロデューサーばりの目線でギター買ってる人はいないはずだから(笑)替えないのが得策だと言うのが僕の意見。

・ネジの緩ませると音が良くなる
緩ませると音があったかくなるとか、倍音が増えるとか、、、オカルト感がハンパないがこれ「本当」。
きっと鉄のかたまりと、小さな鉄の固まりの集合体との違いというか。鉄のかたまりを叩いてもキーンとしか鳴らないが、集合体だと色んな種類の音が出るでしょ。隙間が出来て、ぶつかり合えば倍音は増えますがな。
実際やってみればよくわかる。
ただツアーに出たり、しょっちゅうケースに入れて持って回ったりしていたら、揺られたり振られたりで自動的にあちこちが緩むもので、そんな一つ一つのネジを管理出来る訳もなく、とはいえやってる人も実際いるようですが、そうなると現場に着き次第、リハの時に音を出しながら再調整するしかないわけで、五月蝿いわ、リハ時間が無くなるわで、共演者にとってそんなに迷惑な話はないわけで(笑)ギュッとネジを締めた時に音が良いギターを使うこと!これ以上は選択の余地はないんじゃなかろーかと思う次第。

・ヴィンテージピックアップ
ヴィンテージピックアップを真似てるやつよくあって、それらのほとんどが枯れてる具合を似せて出力を低めにしてますとか言いますが、ヴィンテージピックアップは出力高めのもいっぱいあります。あーこれ書いたら怒られそう(汗)
これはあくまでも推測だが、ヴィンテージピックアップのレプリカを作りたいとなればどこかのメーカーがヴィンテージ買って来てバラさなきゃいけないわけで、その際に誰も手をつけてない数万ドルの超ミントコンディションのギターを選ぶ訳なく、なるべく痛んで安くなった奴を買うとか、痛んだことで売られちゃったピックアップを計測した事で、ヴィンテージ=枯れているという見解が生まれた。そういうことの気がする。
というわけで、あそこのやつがいい「ろ」しい。

・パーツの質量
よく最新パーツに平気で替える人いますが、パーツを変えるってことは重さが変わる訳で、ギター全体の質量が変われば音は全く変わりますよ。
木に弦を張るのと、鉄に張るの、だいたいどうなるか想像出来るでしょ?
自分のギターが気に入ってて、パーツが壊れた場合、出来るだけ同じもの、同じ重さの物に替える事をお勧めします。
ちなみに僕は金属パーツが大きすぎるギターと、Wilkinson by Gotohブリッジは、将来的に好きになるかもしれない物です(笑)
ストラトの普通のシンクロナイズドがすごく好きで(6点止め)これも調整の仕方があり、その調整を出来れば何も塗らなくても全然狂わないですよ。これも雑誌に書く際に、、、(しつこいかw)

・ストラト用、レスポール用
歪みものでストラト用、レスポール用っつうか、どっちか向きの製品ってのがあるわけですが、なんでそんなレッテルをわざわざ張るのか不思議だなとずっと思っていた訳です。
やっとその意味がわかりました。
ひとつはどちらかで使いやすい様に音質調整されたもの。これはわかってた。
もう一つの理由がなるほど!という感じで、オーバードライブなんかは回路の中でクリーンと歪みをミックスさせてる訳ですが、シングルの低出力で調整されたエフェクターに、ハムの高出力を突っ込むと、原音の方が大きくなりすぎて、作者が意図してない音質になるって訳でした。もちろん逆も然り。なるほどなぁ。
ということは、クリーンミックスのノブがついてれば、ギターを選ばないという事ですね!

・バッファー
僕が色んなバッファーを紹介した所為で、よくこれ必要あるの?と聞かれますが、まぁなくてもいいならそれでも良いですがやっぱりあった方が便利だと思います。いや、僕は絶対ないと困る。
レンタルスタジオに置かれているギターアンプを使っている人にはわかりにくいようですが、気に入ったギター、気に入ったアンプを使ってる人ならすぐ分かってもらえます。
ギターを直でつっこんで音を聞いてみて、そのあとトゥルーバイパスのエフェクターを挟んで聞いてみてくださいな。全然音が違うでしょ。
たとえトゥルーバイパスでも、ひどく音に影響を及ぼします。
「昔はエフェクター通すとモケモケになってしまったもんだよな〜」という先輩の話を聞いた事がありますが、いやいや!あの小型エフェクターの元祖といっていいMXRも1970年代当時からLine Driver/Noise Gateという名のバッファーを出してまして、それはそれは素晴らしいナチュラルな音なのです。今でもばっちり使えます。素晴らしいよMXR。
まだ当時は、音を変える事ばかりに目がいっていて、バッファーまで気とお金を使えてなかったってわけですね(笑)

最後に
ああ、沢山書いてしまったという感じですが、ギターリストの後輩たちの何か助けになればと思ってます。
こういう話はほんとギター屋さんとはもめるのよ。何も知らないくせにえらそうにといわれます(笑)
ま、その情報や商品を売って食ってる人達だからこそ、違う意見は困るのでしょうかね〜。
でも、とりあえず2014年的には、これらが僕の真実。
最高のGuitar Lifeを!

投稿者 burtman : 07:05

2014年7月 3日

今日はTaylor Underground!

今日は全米最大のGuitar Brand 「Taylor」のイベントです!

Taylor Artistとしては、これで2回目の出演です。
以前はTokyo Guitar Showにガッツくんとやったなぁ。

今回はNumber A.のフロントマン2人で出演です。

詳細はLive Scheduleを見てね!

もうね、ここまでやるかってくらい、リハーサルやってます。
kuropiも自覚が出て来て、ここ数ヶ月でかなりパワーアップしてます。

やっぱり良いパフォーマンスが出来る様になるかは、技術より何より良いステージを作りたいという強い思いだよね。

がんばります!

投稿者 burtman : 07:12

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »