« 既出ネタ | メイン | 探し求めて2 »

2013年2月20日

探し求めて

IMG_0824.JPG

前も書きましたかね。

どーも最近生徒の食いつきが悪い。
僕がビンテージギターの事ばかり楽しそうに言うからですね(笑)

やっぱり博多ラーメンは博多で食べるのがおいしいのと同じで、アメリカのBluesとかJazzとか古い音楽は、古い楽器でやるのが楽しいのですよ。
エフェクターとか駆使しなくても、あーこれだーってなる。

昔いっくら機材まねしても、SRVの音が全然出なかったの。
でも、ヴィンテージギター買ってすぐに似た音が出たときは、今までの時間と金を返してくれ〜って思いました(笑)約20年がかりの探求でした。
Larry Carltonも、Santanaも。腕は全くですが・・・。

新しいギターは新しいギターで、今の音楽を作れば良いよね。
素直だし、作りも良いし、楽器としての信頼感が高い。

ただ古いギターは、良い状態のものが数が少ないので、見つけた時には新しいギターより興奮気味になるってわけです。

でも、僕も昔、先輩がヴィンテージギターの話をしているときはちんぷんかんぷんだったなぁ。
そもそも買える訳が無い金額なので、視野に入れた事が無いので、何言ってるのかわかんないんですよね。

でも、その先輩の話のおかげで、本当に良いヴィンテージギターに巡り会えて、ぱーっと視野が広がった気がします。

つづく

投稿者 burtman : 2013年2月20日 09:24