« 博多のオヤビン | メイン | 願いどおりのギター »

2012年11月 4日

晒し1回目


rh.jpg

ちょっとがんばんなきゃと思って、親友誘ってリハ始めました。
色々考えすぎたのかな、もう出口がないかもって頃に良いライブに出会えて、こういう感じなら俺にも出来るかもなって思ったんですよ。

俺の固定概念かもしれないけど、日本って「歌います」っていうと、売れたい!紅白でたい!からやってるんでしょ?っていうか、逆にそれ以外になんで歌うの?みたいな雰囲気が・・・ない?。売れる気がある人が歌うものだと思ってる気がするような気がする(笑)

そういうレッテルなしで歌ものをやれないかなと思ってたんですよ。
海外のミュージシャンはみーんな歌うのに、日本では歌うことが特別なことだから、歌ったばかりにレッテル貼られるのが嫌でどーしていいか分からなかったの。

でも、年を重ねてだんだんどーでもよくなったのかな。
洋楽邦楽問わず、昔から好きな歌とか、今まで仕事してきて出会った名曲なんかを歌いたくなった。

もちろん歌に専念するだけじゃなくて、ギターリストだという強みもありきで、そして人の機能(口笛とかボイパとか)フルに使って。
とても自由に、タブーなんて無視して、カッコイイと思えることを純粋にやってみたいと思って練習始めました。

しかし1度目のリハでその山は険しく、とても急斜面だということだけはわかった(笑) まずは、僕の歌が下手(笑)いーんだよ下手は今始まったことじゃねぇんだから!!!

いつもと違うのはね、このシリーズでは下手を晒そうと思います(笑)
毎回毎回日記をつけるように歌った歌をアップします。いつか曲がたくさん溜まったらライブしてみようかと。聞いてくれる人が少しでも楽しめるよう に、進化し続けますので、晒すことをどうぞお許し下さい。
そういうわけで、晒し1回目。
5時間歌い疲れてへろへろになってる姿を微笑ましく聞いてくれれば・・・あまい?(笑)

» サンプル音源

投稿者 burtman : 2012年11月 4日 19:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/762