« 2011年12月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月17日

震災から1年。Song for Hope

来月で震災から1年ですね。

song-for-hope.jpg

だんだんチャリティーという動きも減ってきました。

誤解がないように思いをちゃんと書きますが、人間は忘れる事で前に進める事もあるので、いつまでも傷を負ったままの必要はないと思っていますし、規模や方法は違ったり公に見えなくなっていっても、人それぞれ出来る事を出来るだけしている個人単位に変わっただけだと思っているので、目に見える活動が減っていく事は普通の事だと思っています。

でも、まだ援助が必要な状況です。
まだお金が必要だなぁと個人的に思います。

3月で色々と援助頂いたサービスが終了します。
みんなの気持ちを届ける手助けをして頂き、本当に関係者の皆様には感謝しております。

ただSong for Hopeの今後の事を考えなくてはならなくなってきました。
楽曲の売上げ全額ではなく、ネット販売の手数料など発生しますので、手数料を省いた一部を寄付という形に変わってしまいます。
ライブをしたくても、スタッフ・関係者・小屋の使用料、全てタダでとはいきません。
しかし一円でも多くのお金を寄付することの方が大切。

でも反面、それで続けていいのか・・・とも悩んでおりました。

昨日レオミュージックに修理に出したギターを受け取りに行ってきました。
そこでレオの方と話していましたら、レオミュージックはチャリティーに関して無料で楽器を貸し出していると聞いたのです。

もちろんですが、楽器をタダで借りられる!と喜んだわけはないですよ?(笑)
楽器を借りるか借りないかは別として、こうやって今も企業が復興を願い活動しているということを聞けて、心の曇りが晴れたような喜びがありました。
世の中全てが、自分から見える世界と同じだと思ってはいけないと肝に銘じていたのに、盲目になっていたのでしょう。
本当に話を聞けて良かったです。

今後は折角の寄付金を出来る限り使わずにすむように、スポンサーをお願いしながら活動を少しでも長く続けていけたらと思っています。
そこで早速ギターメーカーのTaylorが名乗りを上げてくれました。
Taylorは斎藤和義さんのギターオークションにも賛同し、814を提供しています。
http://www.jvcmusic.co.jp/saito/guitar/

そこに人の生活がある限り、サービスや仕事をお願いする限り無償というのは難しいのですが、Song for Hopeの活動を少しでも続け、出来る限りのサポートが続けられるように頑張りたいと思っております。

投稿者 burtman : 11:33 | トラックバック

2012年2月11日

ネットのあり方

ネットのあり方ってとっても難しいよねー。

もうちょっとみんなが慣れてきたら安定すると思うけど、全て自分に対する文章のように受け取る人がいる。

そうなるとなーんにも書けなくなるのだよね〜。
どんな情報だって誰かを傷付けたり出来るからね。

欲しい情報以外は見ない事だと思います。
特にネットの中に自分を探すことは無駄なの。
ずーっと色々見ちゃうと脳みそばかり働いて、悪い妄想もどんどん出来るようになっちゃうらしいから・・・

好きなモノは調べて良いけど、人の事はあんまり気にしない方が良いよ?

ま、誰に書いた訳でもないが、このままではじょーほーが牡蠣肉エキスです。は?

最近はまた機材が壊れてきてちょっとストレス。

何故こんな時に・・・って所で異変に気づいたり、壊れたりする。

こいつは。。。

IMG_5087.JPG

何度も修理に出して戻ってきてを繰り返してたけど、どーにも弾きにくいし良い音がしない。
で、よく自分で調べてみたら、原因ハッキリ。

指板のRとブリッジのRが合ってない。
Rっていうのは、湾曲しているって事で、そのカーブ具合が違う訳ですね。


なんでだろ。みんなそれでも良いのかな?
僕はとても弾きにくいので形成し直し、音も良くなり、弾き心地も良くなり心晴々(にこっ)

投稿者 burtman : 12:15 | トラックバック

2012年2月 1日

新年遅れましておめでとうございます。

nenga009.jpg

あけました。おめでとうございます!

もの凄く遅くなりまして失礼しっぱなしでごめんなさい。

ここをご覧の方は皆さんご存じだと思いますが、Song for Hopeという音楽ダウンロードのサイトを運営しているので、今年は宣伝も兼ねて上記のような年賀状を沢山お送りしました。

しかーし。

半数以上の年賀状が戻ってきてしまった・・・もったいない・・・なんて事はどうでもいいのですが、年賀状が戻ってきた事で皆さん退社、移転など今回の地震で生活に大きな変化があった事を知りました。

あまり怖がらせるような発言は好きではないのですが、備えあれば憂いなし。
今のために、そしていつか何かのためにも地道に活動だけは続けていきたいと思っていますので、 これからも気軽に立ち寄って聞いてくださいね。

Song for Hope -希望のうた-

aho010.jpg

年末年始は大忙しでした。
公の場所で大きな声で言う事もないのでアレですが、色々あって実家を片付けてきました。
大人になると寂しい事も増えますね。
でもあれですよ、実家がなくなっても心はいつまでも九州人ですよ。

片付けると沢山自分の記録が出てきました。親が保存してくれていたんですね、ありがたい。
少し目を通し・・・自分のバカさ加減が嫌になって、バッサリ燃えるゴミに出しましたが(笑)

思っていた以上に賞状を沢山貰っていました。
賞状ってのは立派感が半端ないですが、いつかどこかで使えるのでしょうか?
皆さん保存してます?
飾る趣味は無いのでそれも全部燃えるゴミへ出しちゃいましたが。

上の写真は上野動物園のパンダの檻の中に偶然入れちゃってビビって泣く僕(笑)お気に入りの一枚です。
ただ・・・よく考えてください。パンダはなかなか凶暴なのですよ。
冷静にカメラを向けられる親。どうなんでしょうね?(笑)

というわけで、ここには書けませんが、今年は年始から色んな踏んだり蹴ったりが続いてます。
参拝の列間違えてならんじゃって、大企業のお祓い30分付き合わされたり・・・
首が痛かったり・・・
そういう年なのでしょうね。困ったな。
気をもう一段引き締めてまいりますので、どうぞ皆さんよろしくお願いいたします。

投稿者 burtman : 04:18 | トラックバック

« 2011年12月 | メイン | 2012年3月 »