« Song for Hope 活動説明 | メイン | 現実 »

2011年3月27日

Song for Hope公開と、最高音質ノススメ

以前からご紹介してました、Song for Hope -希望のうた- を3月25日に公開いたしました。

song-for-hope.jpg

http://song4hope.net/

25日公開時14アーティスト、公開後深夜には2アーティストが追加され16アーティストとなり、公開直後からどんどんダウンロードされております。本当にありがとうございます。

今後も続々と新しいアーティストに参加頂き、現在アップされているアーティストも追加曲がすでに用意されております。楽しみにしていて下さい。

現在では被災地の方々に負担が無いよう「軽く・早く・シンプル」をモットーにサイトを作っております。これからは状況に応じてサイトの充実を図りながら、様々な支援活動をしていきたいと思っております。

そこで近々の企画ですが・・・

「最高音質ノススメ」

え?マニア向け?という企画をしてみたいと思っております。

僕もそうですが最近では音楽を持ち歩くために、mp3やAACと言った圧縮された音楽ファイルを、iPadや携帯に入れてることがほとんどだと思います。

Song for Hopeでは、基本的にはダウンロード時間が長くならぬよう、圧縮されたmp3ファイルを販売して行きますが、ここであえてmp3とは別に、高音質ファイル(aiff、wav等)の販売も始めたいと思っていますがいかがでしょう?

誰も買わないでしょとか必要ないよって声が聞こえてきそうですね(笑)

まさにそうなんですよね。たしかに今の時代にはちょっと合ってないんです。
パソコンの小っちゃいスピーカーとか付属のイヤホンで聞くと、たしかに高音質だろうがなんだろうが音は同じですもんね。興味無くて当たり前。

P1050105.JPG

でもその反面、音楽家は機材の発展と共に、更に更にと音質こだわって音楽作ってたりします。
そして録音の時にマイクにこだわったり、HAにこだわったりして音を突き詰めて突き詰めて、出来たばかりの圧縮されてない曲をスタジオの高級スピーカーで聞くと・・・涙が出るほど素晴らしいんですよ!作った仲間と抱き合いキスしたくなるくらい(笑)

これに一番近い音質で聞いて貰いたい・・・なんて少し思ったりしていたんです。
mp3も素晴らしい技術なんですが、mp3と高音質ファイルでは、目の前の人と話しているのと、電話越しに話しているくらい僕には温度が下がって聞こえるんです。そして、その温度こそが伝わらないと感動が半減しちゃうんです。

僕自身恥ずかしい話、あまり音楽を聴かない時期があって、先輩ミュージシャンに100万位出してオーディオセット買えよ!音楽楽しくなくなるぞって言われて、アーそういえばパソコンで再生するようになってから聞かなくなったなぁと思ったんですよね。

この温度が分かる高音質を体感し続けると、きっとMusic Lifeが変わると思います。もっともっとSong for Hopeの音楽からエネルギーを送れるように!というわけでこの企画にチャレンジしてみようと思います。

そこで一つだけ提案が!
100万円のオーディオセット(笑)を買う前に、少し良いスピーカーを買ってみませんか?
スピーカーをつなぐと五月蠅いなんてことはありません。
良いスピーカーの方が音が良い分、音量下げても聞こえるんです。

僕は職業柄良いスピーカーを4種類ほど持っているので置き場所の問題もあり、まだ買っていないんですが、TimeDomain社のLightっていうのがTwitter上でも好評ですし、プロも使って絶賛してます。
この理論で作られたスピーカーは僕自身何度か試聴し感動したことがあるし、Lightはパソコン用としても良いサイズで、値段も安めでお勧めです。僕は近々チューンナップ版を買いたいと思ってます。
あ、回し者じゃないですよ?

IMG_3690.JPG

理論的なことは全然知りませんが、このエイリアンの頭みたいな形に秘密があるようです。
このスピーカーで是非Song for Hopeの高音質バージョンを聞いて更に楽しんでみてはいかがでしょうか?

これからきっとパソコンも、よりHDの容量が上がっていくでしょうし、容易に重いデータが扱えるようになると思います。そしたらもっともっと良い音で聞くのが当たり前になる時代がくるんでしょうね!楽しみです。

投稿者 burtman : 2011年3月27日 07:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/645