« 中村哲、山田智之、末松一人 スペシャルクリニック | メイン | Song for Hope公開と、最高音質ノススメ »

2011年3月21日

Song for Hope 活動説明

今日正式に熊谷美広さんの方からTwitterの方で「Song for Hope -希望のうた-」の公開時期が発表されました。
以前から多少アナウンスしてましたが、いよいよ2011年3月25日(時間未定)動き出します。
(加藤登紀子様からRTして頂き一気に知れ渡ったようです。大変感謝しております)

それに併せまして、運営方法などの事をここでご説明します。
もちろんHPが全面公開になった際には、そちらでも説明させて頂きます。

大切なお金、作品を預かるため、出来る限りの可視化、透明化の為の説明とご理解下さい。

<サイトについて>

○Song for HopeのWebの運営に関しましては、末松一人が責任を持ちます。

○Webの構築には友人の大庭繁さんを中心にWeb制作のプロ数名にご協力頂いております。

○ロゴに関しましては著名なデザイナー様(匿名希望)にご協力頂きました。

<販売について>

○ダウンロード販売に関しましては、支援活動の内容がほとんど一致しましたので、日本最大級のダウンロード委託販売を運営管理されていますDL-MARKET様に委託いたしました。Song for Hopeのアーティスト紹介ページから、ダウンロードして頂く時にDL-MARKET様の販売サイトへリンクで飛ぶような形式になっております。

DL-MARKET様とは何度もメールで打ち合わせを重ね、直接取締役CEOの渡邊様ともお会いし、沢山良い条件をご提案頂きました。以下がご提案頂いた内容です。
IMG_3635.JPG
(渡邊様と末松の打ち合わせ風景。都内某所にて)

・平常行っている15%の販売手数料の撤廃。
・購入者がカード決済をする度に、決済手数料(1件につき4%弱)がかかるのですが、決済手数料の総額40万円までをDL-MARKET様が負担。それ以上は売り上げから差し引き。
・寄付金をDL-MARKET様に預かって頂く事と、DL-MARKET本社が大阪と遠方のため、信頼を築くために登記簿のコピーもご呈示頂いてます。

<寄付>

○チャリティ終了時にDL-MARKET様のチャリティ売上金と、Song for Hopeのチャリティ売上金をまとめまして、DL-MARKET様から日本赤十字社に寄付していただきます。

○ただし、Song for Hopeのチャリティのみの売上金額を集計し、寄付は別口として振込んで頂き、受領書を頂きます。

○寄付金振込時に振込手数料が発生した場合はDL-MARKET様にご負担頂きます。


<チャリティー終了後について>

○終了後の事に関しましては定かではありませんが、長期活動を考えております。チャリティー終了後のDL-MARKET様以外の別の販売方法、協賛企業など変更がありましたら、随時報告をしながら続けていきたいと考えております。

以上がSong for Hope -希望のうた-の活動内容です。
熊谷美広、末松一人、と個人で運営しているため、出来る限りの信用を得られるように尽力し、1円でも多くの義援金が被災地に届くよう活動してまいります。どうぞ皆様よろしくお願いします。

投稿者 burtman : 2011年3月21日 22:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/644