« Song for hope -希望のうた- | メイン | 中村哲、山田智之、末松一人 スペシャルクリニック »

2011年3月18日

Song for Hope現状からの〜久々のレビュー

先日BlogにSong for Hopeの事を書きまして、ご案内メールを沢山お送りさせて頂きました所、沢山のアイデア、懸念、反対意見、沢山頂いております!

活動に対し厳しい意見は正直辛いのですが、その方が被災地の事を思って強く思いがあるからこそ出るわけなので、慎重に考えさせて頂く大切な意見と受け止めております。
熟考した上で僕は僕の出来る事を続けさせて貰いたいと思っております。

そして、勇気がでるようないいアイデアも沢山頂いています。
ありがたいことに素晴らしい活動支援も、賛同下さった企業から届いています。
本当にありがとうございます。

Song for Hopeは別に会社でも団体でもなく、音楽家(今は少人数で作業に当たっていますので、活動が僕等から見えるプロミュージシャンに限らせて頂いております)に歌と思いを伝える場所を提供しようというだけの活動です。

とはいえ、大事な作品達と、義援金を預かってくれる企業とのやりとりですから、責任は重く感じておりまして、参加してくれる音楽家の方々、募金をしてくれる皆様、そして今厳しい環境をぐっとこらえてる被災地の皆様に安心して使って貰うために、やりすぎかというほどの確認の作業を企業と繰り返しております。
今はDL販売を委託する国内最大級の企業との契約が進んでおりまして、それが済み次第またここでご連絡させて頂こうと思っております。

とにかく活動の透明化、可視化に努め、信用を上げる努力を致します。
どうぞ、一円でも多く被災地に届ける努力を惜しみませんので、安心してご参加下さい。
そして、同意出来ない!まかせてられない!という方々は、是非自分の出来る事をして頂きたいと思います。
僕の正直な気持ちです。よろしくお願いします。

そして

久々の機材レビューをやってみます。
ちょっとだけ違うこと考えてリフレッシュしてみたりしませんか。

まだ若干謎の多かったGuyatone TZm5 RHSです。
TZm5との大きな違いが分からぬまま、ちっとも評判も見えないからこそ使ってみました。

だめな料理番組のレポート状態ですが、これは「かなり良い!」ですよ。
僕とってのメインドライバーの一つとなりました。これは使いやすい。
さすが今年のNAMM 2011 – Editor’s Picks, Day 3に選ばれただけはあります。

興味がある人は映像をご覧下さい。
iPhoneでサッと撮ったけど、音の図太さなどよくわかります。

投稿者 burtman : 2011年3月18日 01:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/642