« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月27日

Song for Hope公開と、最高音質ノススメ

以前からご紹介してました、Song for Hope -希望のうた- を3月25日に公開いたしました。

song-for-hope.jpg

http://song4hope.net/

25日公開時14アーティスト、公開後深夜には2アーティストが追加され16アーティストとなり、公開直後からどんどんダウンロードされております。本当にありがとうございます。

今後も続々と新しいアーティストに参加頂き、現在アップされているアーティストも追加曲がすでに用意されております。楽しみにしていて下さい。

現在では被災地の方々に負担が無いよう「軽く・早く・シンプル」をモットーにサイトを作っております。これからは状況に応じてサイトの充実を図りながら、様々な支援活動をしていきたいと思っております。

そこで近々の企画ですが・・・

「最高音質ノススメ」

え?マニア向け?という企画をしてみたいと思っております。

僕もそうですが最近では音楽を持ち歩くために、mp3やAACと言った圧縮された音楽ファイルを、iPadや携帯に入れてることがほとんどだと思います。

Song for Hopeでは、基本的にはダウンロード時間が長くならぬよう、圧縮されたmp3ファイルを販売して行きますが、ここであえてmp3とは別に、高音質ファイル(aiff、wav等)の販売も始めたいと思っていますがいかがでしょう?

誰も買わないでしょとか必要ないよって声が聞こえてきそうですね(笑)

まさにそうなんですよね。たしかに今の時代にはちょっと合ってないんです。
パソコンの小っちゃいスピーカーとか付属のイヤホンで聞くと、たしかに高音質だろうがなんだろうが音は同じですもんね。興味無くて当たり前。

P1050105.JPG

でもその反面、音楽家は機材の発展と共に、更に更にと音質こだわって音楽作ってたりします。
そして録音の時にマイクにこだわったり、HAにこだわったりして音を突き詰めて突き詰めて、出来たばかりの圧縮されてない曲をスタジオの高級スピーカーで聞くと・・・涙が出るほど素晴らしいんですよ!作った仲間と抱き合いキスしたくなるくらい(笑)

これに一番近い音質で聞いて貰いたい・・・なんて少し思ったりしていたんです。
mp3も素晴らしい技術なんですが、mp3と高音質ファイルでは、目の前の人と話しているのと、電話越しに話しているくらい僕には温度が下がって聞こえるんです。そして、その温度こそが伝わらないと感動が半減しちゃうんです。

僕自身恥ずかしい話、あまり音楽を聴かない時期があって、先輩ミュージシャンに100万位出してオーディオセット買えよ!音楽楽しくなくなるぞって言われて、アーそういえばパソコンで再生するようになってから聞かなくなったなぁと思ったんですよね。

この温度が分かる高音質を体感し続けると、きっとMusic Lifeが変わると思います。もっともっとSong for Hopeの音楽からエネルギーを送れるように!というわけでこの企画にチャレンジしてみようと思います。

そこで一つだけ提案が!
100万円のオーディオセット(笑)を買う前に、少し良いスピーカーを買ってみませんか?
スピーカーをつなぐと五月蠅いなんてことはありません。
良いスピーカーの方が音が良い分、音量下げても聞こえるんです。

僕は職業柄良いスピーカーを4種類ほど持っているので置き場所の問題もあり、まだ買っていないんですが、TimeDomain社のLightっていうのがTwitter上でも好評ですし、プロも使って絶賛してます。
この理論で作られたスピーカーは僕自身何度か試聴し感動したことがあるし、Lightはパソコン用としても良いサイズで、値段も安めでお勧めです。僕は近々チューンナップ版を買いたいと思ってます。
あ、回し者じゃないですよ?

IMG_3690.JPG

理論的なことは全然知りませんが、このエイリアンの頭みたいな形に秘密があるようです。
このスピーカーで是非Song for Hopeの高音質バージョンを聞いて更に楽しんでみてはいかがでしょうか?

これからきっとパソコンも、よりHDの容量が上がっていくでしょうし、容易に重いデータが扱えるようになると思います。そしたらもっともっと良い音で聞くのが当たり前になる時代がくるんでしょうね!楽しみです。

投稿者 burtman : 07:16 | トラックバック

2011年3月21日

Song for Hope 活動説明

今日正式に熊谷美広さんの方からTwitterの方で「Song for Hope -希望のうた-」の公開時期が発表されました。
以前から多少アナウンスしてましたが、いよいよ2011年3月25日(時間未定)動き出します。
(加藤登紀子様からRTして頂き一気に知れ渡ったようです。大変感謝しております)

それに併せまして、運営方法などの事をここでご説明します。
もちろんHPが全面公開になった際には、そちらでも説明させて頂きます。

大切なお金、作品を預かるため、出来る限りの可視化、透明化の為の説明とご理解下さい。

<サイトについて>

○Song for HopeのWebの運営に関しましては、末松一人が責任を持ちます。

○Webの構築には友人の大庭繁さんを中心にWeb制作のプロ数名にご協力頂いております。

○ロゴに関しましては著名なデザイナー様(匿名希望)にご協力頂きました。

<販売について>

○ダウンロード販売に関しましては、支援活動の内容がほとんど一致しましたので、日本最大級のダウンロード委託販売を運営管理されていますDL-MARKET様に委託いたしました。Song for Hopeのアーティスト紹介ページから、ダウンロードして頂く時にDL-MARKET様の販売サイトへリンクで飛ぶような形式になっております。

DL-MARKET様とは何度もメールで打ち合わせを重ね、直接取締役CEOの渡邊様ともお会いし、沢山良い条件をご提案頂きました。以下がご提案頂いた内容です。
IMG_3635.JPG
(渡邊様と末松の打ち合わせ風景。都内某所にて)

・平常行っている15%の販売手数料の撤廃。
・購入者がカード決済をする度に、決済手数料(1件につき4%弱)がかかるのですが、決済手数料の総額40万円までをDL-MARKET様が負担。それ以上は売り上げから差し引き。
・寄付金をDL-MARKET様に預かって頂く事と、DL-MARKET本社が大阪と遠方のため、信頼を築くために登記簿のコピーもご呈示頂いてます。

<寄付>

○チャリティ終了時にDL-MARKET様のチャリティ売上金と、Song for Hopeのチャリティ売上金をまとめまして、DL-MARKET様から日本赤十字社に寄付していただきます。

○ただし、Song for Hopeのチャリティのみの売上金額を集計し、寄付は別口として振込んで頂き、受領書を頂きます。

○寄付金振込時に振込手数料が発生した場合はDL-MARKET様にご負担頂きます。


<チャリティー終了後について>

○終了後の事に関しましては定かではありませんが、長期活動を考えております。チャリティー終了後のDL-MARKET様以外の別の販売方法、協賛企業など変更がありましたら、随時報告をしながら続けていきたいと考えております。

以上がSong for Hope -希望のうた-の活動内容です。
熊谷美広、末松一人、と個人で運営しているため、出来る限りの信用を得られるように尽力し、1円でも多くの義援金が被災地に届くよう活動してまいります。どうぞ皆様よろしくお願いします。

投稿者 burtman : 22:54 | トラックバック

中村哲、山田智之、末松一人 スペシャルクリニック

甲陽音楽学院で、ギタークリニックとライブをさせて頂きます。

以下Webより抜粋

1431_nw_img1_3972787.jpg

このクリニックでは、プロの現場でのアレンジ・プロセスや、バンドのグルーヴを作り上げていく方法などが紹介される。申し込みは、甲陽音楽学院のWEBサイト上の専用フォームから行う。また神戸ではクリニックの終了後、ライヴハウスMaiden Voyageで3人のライブも開催される。

クリニック

神戸

• 日程:4月9日(土)

• 会場:甲陽音楽学院神戸本校(兵庫県神戸市灘区篠原南町5-4-1)

名古屋

• 日程:4月10日(日)

• 会場:甲陽音楽学院名古屋校(愛知県名古屋市中区千代田4-1-11)

神戸・名古屋 共通

• 内容:

◦ アレンジクリニック(講師:中村哲)

◦ ギタークリニック(講師:末松一人)

◦ パーカッションクリニック(講師:山田智之)

• 受講料:

◦ [一般]前売2,000円/当日2,500円

◦ [学生]前売1,000円/当日1,500円

• 主催:甲陽音楽学院

• 問い合わせ:甲陽音楽学院(0120-117540)

ライブ

神戸

• 日程:4月9日(土)

• 会場:ライヴハウス Maiden Voyage(兵庫県神戸市灘区宮山町3-1-23)

• 料金:

◦ [一般]前売4,000円/当日4,500円

◦ [学生]前売2,000円/当日2,500円

• ※クリニック受講者はライブが半額

クリニックとライブの詳細:http://www.koyo.net/whatsnew/detail1431_163_g.html

投稿者 burtman : 21:00 | トラックバック

2011年3月18日

Song for Hope現状からの〜久々のレビュー

先日BlogにSong for Hopeの事を書きまして、ご案内メールを沢山お送りさせて頂きました所、沢山のアイデア、懸念、反対意見、沢山頂いております!

活動に対し厳しい意見は正直辛いのですが、その方が被災地の事を思って強く思いがあるからこそ出るわけなので、慎重に考えさせて頂く大切な意見と受け止めております。
熟考した上で僕は僕の出来る事を続けさせて貰いたいと思っております。

そして、勇気がでるようないいアイデアも沢山頂いています。
ありがたいことに素晴らしい活動支援も、賛同下さった企業から届いています。
本当にありがとうございます。

Song for Hopeは別に会社でも団体でもなく、音楽家(今は少人数で作業に当たっていますので、活動が僕等から見えるプロミュージシャンに限らせて頂いております)に歌と思いを伝える場所を提供しようというだけの活動です。

とはいえ、大事な作品達と、義援金を預かってくれる企業とのやりとりですから、責任は重く感じておりまして、参加してくれる音楽家の方々、募金をしてくれる皆様、そして今厳しい環境をぐっとこらえてる被災地の皆様に安心して使って貰うために、やりすぎかというほどの確認の作業を企業と繰り返しております。
今はDL販売を委託する国内最大級の企業との契約が進んでおりまして、それが済み次第またここでご連絡させて頂こうと思っております。

とにかく活動の透明化、可視化に努め、信用を上げる努力を致します。
どうぞ、一円でも多く被災地に届ける努力を惜しみませんので、安心してご参加下さい。
そして、同意出来ない!まかせてられない!という方々は、是非自分の出来る事をして頂きたいと思います。
僕の正直な気持ちです。よろしくお願いします。

そして

久々の機材レビューをやってみます。
ちょっとだけ違うこと考えてリフレッシュしてみたりしませんか。

まだ若干謎の多かったGuyatone TZm5 RHSです。
TZm5との大きな違いが分からぬまま、ちっとも評判も見えないからこそ使ってみました。

だめな料理番組のレポート状態ですが、これは「かなり良い!」ですよ。
僕とってのメインドライバーの一つとなりました。これは使いやすい。
さすが今年のNAMM 2011 – Editor’s Picks, Day 3に選ばれただけはあります。

興味がある人は映像をご覧下さい。
iPhoneでサッと撮ったけど、音の図太さなどよくわかります。

投稿者 burtman : 01:58 | トラックバック

2011年3月15日

Song for hope -希望のうた-

皆様ご無事でしたか?

ここを見てくれている人達はご存じだと思いますが、去年宮城県石巻市の有志が集まりMusic Fundというライブを開催してくれ、僕等は沢山の人達に出会う事が出来、そして音楽を心から楽しんで貰う時間を持つ事が出来ました。

そこにいた全ての人達が、2011年3月11日あの日一瞬にして。

僕はその事実が怖くて眠れませんでした。
今でも家族・親戚が沢山被災しているパーカッション山田智之(石巻出身)さんの事を考えると涙が溢れてきます。
実は今朝になって石巻ライブの有志の方々が無事だったと連絡が入ったので少しだけほっとしましたが、まだまだ沢山の人達が救助を求めています。

そんな中、僕はコンサートに愛媛に行かなくてはいけなくて、とにかく東北も、そして住んでいる関東地方も心配で心配で、着いてからも緊急事態が起こるんじゃないかとiPhoneを手放す事が出来ませんでした。

もちろん愛媛にいて何か出来るかなんて、そんな事を考えるすら余裕無かったのですが、音楽ライターで有名な熊谷美広さんがツイッターで「音楽を作って売って義援金にしないか」というような提案があり僕は飛びつきました。

そして熊谷さんと徹夜で考え抜き「Song for hope -希望のうた-」 を立ち上げる事にしました。

プロミュージシャンに曲を提供して貰い、被災地でがんばる方々がすぐ聞けるように、そしてその楽曲の売り上げを全て義援金にしようというものです。

テレビの受け売りですが、音楽は脳に直接訴えかけるそうです。
被災地で不安に思っている人達が、少しでも音楽で癒され、沢山のミュージシャンがみんなを見守っていると伝われば嬉しいです。

今日メールした所、早速数十名のプロミュージシャンが賛同してくれました。

それと同時に僕を大切に思ってくれる人達が、HPや団体としての信頼性、僕の責任の所在など沢山心配してくれます。
きっと色々と皆さんから言われる事も、難題も降りかかってくる事だろうと覚悟の上です。実は
この事を一緒にやってくれないか?と相談をもちかけたある人と散々このことについて口論しましたので、責任の重さは重々分かっているつもりです。

それよりいてもたってもいられなかったというのが正直な気持ち。

僕は有名アーティストではないので信用度も低いと思いますが、活動の準備を進めていく内に皆さんに安心して貰えるサービスが日本には沢山ある事がわかりました。
そういうサービスを利用して、少しでも楽曲を買って貰う方々に安心して貰い、そして少しでも多くのお金が被災地全てに届くように頑張りたいと思います。

もちろん安心出来る国の機関や、更に優れた状況を作れる方々が居ましたら、協力を募りたいと考えています。

今はとにかく、出来る事から始めたい。

皆様のお力をお貸し下さい。

投稿者 burtman : 15:46 | トラックバック

2011年3月12日

緊急時の準備

・お願いします。

まず家にいる人はご飯を炊いてください。

お風呂にも水を貯めてください。

・逃げるために準備しておく物

携帯(非常用電源も)
防寒具
ポータブルライト
ラジオ
ペットボトル
トイレなどに使うビニール袋
財布(通帳やキャッシュカードも)
お菓子
応急セット
ハンカチ・ティッシュ
女性は出来るだけ多めのナプキン(止血などにも使えます)

・もし揺れたらすぐ窓を開けてください。

安否確認はダイアル 171

171 + 1 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言吹きこみ


171 + 2 + 自宅の電話番号(市外局番からダイヤル)で伝言再生

ネットが使える人はこちらで状況が分かります。
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

3月12日の薄明開始は
函館04:23、青森04:24、秋田04:28、盛岡04:24、石巻04:24、気仙沼04:23、山形04:28、仙台04:26、福島04:28、東京04:33。

ツイッターなどで得た情報をまとめました。

また情報が足せそうだったら足します。

うちは川崎市多摩区で被害はとても少ない方だと思います。
でも、コンビニから弁当などの食べ物はすっかり消え、大混雑のため配送もかなり遅れています。弁当屋なども全滅です。(なので、炊飯器で必ずお米を炊いておきましょう)
街には日頃見た事無い人達がうろついています。
とても穏やかそうな人達が、タクシーに乗ろうと必死に奪い合ってます。

こんなに被害が少なかったこの街でも、こんな状態です。
何も無ければもちろん良いのですが、緊急時が迫っている今、慌てず・他人事とも思わず、一人一人がまずは自分の身だけでも守れる用意をお願いします。

そして、みんな今は被害のひどさより、未来に向かってどうするべきか発言しましょう。
雪の中、浸水した状態で救難を待つ人達が、沢山の勇気を持てるように!!!

投稿者 burtman : 02:46 | トラックバック

2011年3月 8日

おじゃったもんせ

さてさて前回からの続きです。

IMG_3479.JPG

ツアーのOFF日に福岡へ立ち寄りました。
しかも10年以上前に教えていた福岡スクールオブミュージックに立ち寄る事が出来ました(山野さんありがとうございました)
教務部の西本祐介さんに建物内を案内していただきつつ、当時一緒に働いていた皆さんと旧交を温めてまいりました。
しかし、当時と比べて何もかもグレードアップしていて終始驚きっぱなしでした。
専門学校の設備は本当に凄くて、通ってる皆さんが羨ましい!

IMG_3507.JPG

というわけで、ツアーの話に戻ると、「リレーつばめ」によく乗りました。
数日後の九州新幹線開通にあわせ引退するそうで、ラストラン(?)にタイミング良く乗る事が出来て嬉しかったです。

本当にお疲れ様でした!

IMG_3515.PNG

佐賀県武雄市に居る時にiPhoneのマップを見てみたら、流れ星のような物が写ってる。違うかな?
想像が膨らんで良いでしょう?

IMG_3523.JPG

鹿児島に行くと噴煙が上がってます。これは本当に生命を感じました。

IMG_3532.JPG

鹿児島中央駅の隣、アミュプラザという所に島村楽器店があって、ふらっと立ち寄った時に見た事もないピックを見つけ思わず買ってしまいました。
ASSURはきっとハマル人いると思います。僕は好きでしたよ。
巨匠渡辺香津美氏のピックも買いました。

IMG_3552.JPG

「タイムドメイン理論」と調べて貰えば色々と分かると思いますが、鹿児島のデパートの中。しかも高校生(鹿児島県立隼人工業高等学校)の研究発表という形でこのスピーカーを見るとは思いませんでした。
影響力も高校生も凄いですね!

IMG_3537.JPG

このツアー。ホントみんなで沢山飲みました。
何リットル飲んだでしょうか?

IMG_3568.JPG

九州で出会った皆さんに心から「あいがとさげもした」を送りたいと思います。

投稿者 burtman : 12:00 | トラックバック

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »