« これ以上はどうなのか | メイン | Music Lovers »

2010年9月17日

58に決めました

このギター談義だらけで不評なBlog。色々と考えましたが誰も傷つけず自分の為にもと考えるとさほど方向性が変えれません(笑)
そんなわけで、誰にでも分かるように詳しく説明入れつつ、今までと同じようなことを書いてみようかと思ってみたり、でもきっと文章が長くなるので挫折も早そうだなと思ったりしてます。

最近ピック(ギターの弦を弾くプラスチック的な物)について考え直したりしてました。
アーティストのサポートというとそのアーティストの方の過去に発売した沢山の曲をやるわけですが、もちろんレコーディングというのは作り込む時間が沢山あるので、曲に一番合うようにギターだけでも沢山のギターを使い分けられていたり、もっというと一曲ずつ演奏者も違うわけです。
そこがライブとなると一人で全部を弾こうとするのですから、あら大変。
ま、厳密に全部同じようにとは行きませんが、ある程度原曲に似せようとするだけでも、各曲かなり演奏方法や楽器が違うわけです。 これがCDで聞くのとやるのでは大違いで、なかなか思ったような音が出なかったり、上手くやれたようでも全然違ったり、トーンが他のメンバーと音が合わなかったりするわけです。いくらもんたよしのりさんが歌が上手くても、コーラス隊の中に入ると一人だけ目立って上手くハモらなそうでしょ?そんな感じです。ほんまか?
さて、もう挫折しそうです。。。おっと

というわけで、見た目はとても簡単な・・・とある奏法が上手くいかず(音が悪かった)ピックを再選考しようとしてました。
まぁ選ぶと言っても人が使っているピックをみて、あれを使っているから出来るのかな?なんて思った物を自分でも買って試すのですが、まぁ大抵の場合いきなり使っても、そもそもその新しいピックに慣れてないから、滑ったり手の中で回ったり演奏がぎくしゃくどころか冷や汗かきまくりで、結局演奏終わり次第窓を開けて投げ捨てることになります(もちろん冗談。ゴミ箱に捨てます)

というわけで、結局自分の持っているピックに戻るわけですが、そこでやっと自分のピックを別の角度から見られるようになっているわけです。
長いこと使うとどうしても一つの使い方やイメージから頭が離れませんが、一度全て忘れてから改めて自分の物に向かうとまぁこんなに可能性の広い物を使っていたのか!と電撃が走ったような感動したりします。
というわけで、また一つ自分のピックの長所を見つけ、演奏に幅が出まくりました。
人も物も何でも変えりゃすぐ答えが出るなんて事はありえないですね。なんて。

最近プライベートでとある事にチャレンジしてます。
ある試験を受けているのですが、まぁなんと難しいことか。
新しいことをやるのは頭の回転に最高に良いなーと感じます。
運動神経悪い方じゃないと思いますが、久しぶりだとなかなか体も頭も思うように動かない。いやーぎくしゃく動いている自分が笑えます。
マンネリしている人は何か審査されるような事を日常に取り入れるのはいかがでしょう?
僕はこの試験が終わった後、ピアノやコーラスワークなどやりたい事満載ですが、いずれTOEICという物にじっくり挑戦したいと思っています。

最近こういうチャレンジの中だからでしょうけど、反省と、練習はしない。これが僕のマイブームです。
上手く伝わらないと思いますが・・・例えば仕事で失敗したら家に帰ってまでそこだけ反復したりするでしょ?字が下手なら何度もかいてみたり・・・ね。そういうのを反省とか練習とか言いますね。
これを一切やめてみてます。
ネガティブな練習はやればやるだけ自分がいかに出来ないかを思い知るだけって事に気づきました。
あと、成功したイメージというか、こうするんだ!って言うのが自分に明確でない物は、絶対完成しないと言う事も最近分かったりした。大抵失敗している時はちゃんとイメージしてないんだな〜何となくこうやればいいのかな?位の適当さが同居しちゃっている事が大間違い。
というわけで、まずはイメージする事だけに情熱をおくようにして、成功した時じっくり何故成功したかを考えるようにし、出来ない事は出来ない!と色んな事諦める事にしました。
最近何に対しても成功させる事以外何も考えてません。超ポジティブなんで一つよろしくお願いします。

国内ではまだ未発売のTaylor(アメリカのギターメーカー)のエレキ(僕のアコギはほとんどTaylor)を今度のライブに向けて借りてきました。
かなり前に試作品を触らせて貰ったことがあったんだけど、その頃も良かったが段違いに良くなった気がする。
アーム(ギターから棒みたいなのが出てるでしょ?あれをひっぱたりすると音程を上げたり下げたり出来る)が秀逸で、ぐんにゃんぐにゃん柔らかく動かせる上にチューニングも安定してる。
しかもピックアップの音も良いし、僕の他のギターとの持ち替えた時の違和感もなく最高。
アメリカではもう大人気で生産が追いついてない・・・というのも良く分かる気がします。アコースティックメーカーだからこそ出来る鳴りの作り方。
またこれとは違ったタイプも試せるそうだからそれで使用ギターを決まったらまた写真撮りますね。

最近近所のパスタ屋に凝っていて。
色々食べてみてますが、写真に写っているボロネーゼは素晴らしい。
瀬田にあります。興味のある方は探してみて!

未だLive Infoアップして無くてすみやせん!
どこからどこまで書いて良いのかわからないので、どーもほったらかしになりつつあります(汗)
現在はツアーもしつつ、10月10日に行われるJUJUの日ライブに向け、みんな一丸となって頑張っております。
今回のJUJUさんのライブはバンマスという大役を命ぜられ、リハが始まるまで膝が笑い、めまい吐き気、不眠がつきまとっておりましたが、バンドメンバーが素晴らしい超絶技巧&アイデア豊富な達人揃いで、眺めているだけで光のスピードで曲が出来上がり、素晴らしい歌、演奏、素晴らしいスタッフと楽しいばかりの毎日です。楽しみにしててください。

IMG_2372.JPG

IMG_2375.JPG

IMG_2374.JPG

IMG_2376.JPG

投稿者 burtman : 2010年9月17日 09:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/607