« 武道館 | メイン | アグネス・チャン コンサート »

2010年3月22日

buRt-manの機材レビュー

規模の大小問わず一日で沢山のアーティストをサポートする時がある。

あと楽曲の音量が様々なアーティストも多数いる・・・っていうかほとんど皆そう。

僕の場合基本はエフェクターでバッキングとソロと音量を2つに分けて、そのライブで一番大きな音が必要な楽曲に合わせてアンプの音量をセッティングしているのだが 、まさかこの最大音量と2つの設定だけで全て上手く行くわけ無い。

じゃどうしているかというと、最終的にボリュームペダルを使って下げているわけだが、そらもうロックでゴーゴー!の曲からとても音量の小さいアコースティックな曲に変わった時なんかは、ゴリゴリに暴れられる音量を全神経を足先に集中させ0.5mm単位で動かすつもりでボリュームペダルをいじって下げてるわけ。

korg_xvp-10.jpg

もちろん最大音量の時は良い。ボリュームペダル最大まで踏み込むだけだから、おりゃー!ってなもんだ。
これがしかしバラードなんかで、ボリュームペダルで5まで落としバッキング、2拍ブレイク後、7くらいでソロなんて場面では・・・

思わず9まで上がってしまい僕も歌っている人も心臓が停止しそうになったり、逆に5からほとんどあがらなかったのか音が小さすぎて会場全体が「・・・」になったりする(笑)

皆どうしてんのかなぁ・・・と前から疑問で色んなプロに質問するが、やっぱり「足先に神経を・・・」が正解のようだ。
もっというと、仕事なんかのシリアスな場面なんかでは、細かいボリュームが設定できる様にラックやスイッチングシステムを持ち込んでるようだ。
まぁ、友達とのカジュアルなライブなんかでは少々音量が違っても良いかもしれないけど、大舞台ではバッチリ決めないとね。音量がいつも適当だとPAチームがその度に慌てるし。

EFCEWS0SVC.jpg

そんな時に出会ったのがScott HendersonのSubtle Volume Control。
これはまさに僕と同じ悩みを解決するために作られた物だった。
実際に買ってみたがとっても素晴らしい。

これは上面に付けられた大きなノブを上から踏み、足の裏で右左に動かすことによって最大ボリュームを変えるという物。操作する姿はまるでツイストを踊っている様。

そう、まさにこれ、やりたいことはこれなのだけど、僕が使った上での何個か難しさがあった。操作時に踏んでしまうとボリュームが今どこまで下がったか視覚で見れない事や決めたボリュームに足で動かすのが難しかったり、OFFに出来ない事や、靴底を選ぶこと・・・等々。
まぁ、スコヘンが使ってこそカッコ良いってのもある(笑)

IMG_1297.JPG

というわけで、色々悩んだあげく写真のものをテスト機として作ってもらった。
ボリュームは下げる方向のみ、音量設定できるのはOFFを入れればAとBの3つ。
これで、ソロとバッキング(クリーン、歪み)が3種類の音量で使い分けられるので、約12種類の設定が可能になったわけ。全ての人に必要って訳でもないけど便利そうでしょ?

僕はアンプの直前で使うつもりだけど、前段に使えばギターやベースの持ち替えの時に音量差を埋めるのに便利だし、何かと可能性は広がりそう。
これ特注で頼んだ物だから一般には売ってないので、欲しい人はBamBasicに聞いてみてね。

CDのミックスって1曲1日で終わらなかったりする。
それ程音量バランスって楽曲の印象に関わる所だから、ライブ中のボリュームにこそ最大の配慮をしたいよね。

投稿者 burtman : 2010年3月22日 11:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/525