« 新潟〜佐渡 | メイン | buRt-manの機材レビュー ベースでのサウンドチェック(動画) »

2008年10月 1日

オリジナルコンプレッサー「Lustre」

先日織田哲郎さんのライブツアー2008 「SHINE THE LIGHT!」に、えふぇくたぁ工房いっぺい氏が伺った。
なぜかって、このオリジナルコンプの反応を聞くためだ。

結果から言うと。
「あれ良いよ!ナチュラルなかかりがいい!」と「使っていたけど音分かった?」とツアーで全面的に使ってる事と、お褒めの言葉を頂いたようだ。

プロデュースした僕も、とっても嬉しい連絡だった。

まぁそれよりもなによりも、電話くれた電話先のいっぺい氏が緊張でガチガチだったのが忘れられない。

DVC00371_M.JPG

また特に喜んだ理由は、ツアー直前にコンプを渡した後、織田さんに関わる人たちから、織田さんの音(トーン)に対する異常ともいえるほどのこだわりを感じるエピソードを聞いたからだ。

残念ながらここではそのエピソードは少しも書けないが、どの話も聞けば聞くほど凄い話。
音楽系の仕事の人なら笑えないか、冷や汗が出るような話だろう。
それもこれも、織田さんが掴めるくらい鮮明にトーンをイメージ出来てるからこそ出てくるエピソードだから素晴らしい。

その織田さんがかなり気に入って使ってくれ、先日mayushaさんがコメントくれたようにライブで沢山の人にあの音を聞いてもらえたというわけで、非常に嬉しかったわけだ。

DVC00369_M.JPG

というわけで!

えふぇくたぁ工房のいっぺい氏と、長文メールと電話連絡を何度も交わし(たぶん通話料金、エフェクター1個分以上)、ロードテストを繰り返し、素晴らしく良いコンプが出来たので、全く同じ物をこのBlogだけで限定発売する事を発表します!

以前からそう出来たら良いなと思っていましたが、なんとか発売出来そうな所まで打ち合わせが進みましたので、いっぺい氏に製作に入ってもらいました。

というわけで、オリジナルコンプレッサーと言っていましたが、長く愛着もって使ってもらうためにも無い知恵振り絞ってネーミング。

『Lustre』リュストルと名付けました。どうです?良い名前でしょ?

Lustreの発売に関しては調整段階なので、ざっくりとしたインフォメーションで申し訳ないですが、少し説明しますと…

・限定台数(多分10台位が限界かと)

・価格4万前後に押さえられると良いなぁ。

・ユニバーサル基盤/ハンドワイアード

・トゥルーバイパス

・ディスクリート回路

・ON時にのみ、かなり素晴らしい音楽的なバッファーを通ります。

・ラッカー塗装/スパークリングオレンジ

という事になるでしょう。

Lustreに関して気になって気になってどうしようもない人のお問い合わせや予約等はlustre@burt-man.comまでお願いします。

限定台数を超える予約が入ってしまった場合、先着順での受付となりますのでご購入いただけない場合があります事をご了承ください。

※写真は製作途中の様子

DVC00367_M.JPG

ではまた。

投稿者 burtman : 2008年10月 1日 05:36