« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月31日

buRt-manの機材レビュー


36506701_31.jpg 今日はちょっと前から書いていたBJFE Baby Blue Over Drive(以後BBOD)

スウェーデンのBjorn Juhlさんが作ってるというエフェクターで、BJF Electronics人気の火付け役になったのはBBODだったようで、その後Dyna Red Distortionというディストーションで大ブレイクとなった感じみたい。

Youtubeでその姿を見ることが出来るので、興味ある人はチェックしてみて。

裏蓋の内側に可愛い絵なんか書いてるもんだから、正直僕は女性が作っているのとばかり思っていた(誰か居ましたよね?女性で良いエフェクター作る人)ので、その姿を見たときはちょっとショックだった。

ま、見た目は商品とは関係ないが・・・

結構前に2万円弱くらいで売られているのを見かけた後、ぱったり姿を見なくなったと思ったら、どうもメーカーをたたんでたようだ。

それも手伝ってか、気づいたらオークションでプレミアついて高額取引され始めていた。

その後Mad Professorというメーカーから、BJF デザインと言うことで発売しているんだが、定かではないがBJFはBJFでガレージメーカー的に動いているみたい。その証拠に新作が結構出ている。

でもその新作達も高額。。。人気が変わらないのは生産台数も少ない上に、今も昔も上手く作られているという証拠だろう。

たしかに、とても良いペダルだと思う。

バイパスの音が良かったらもっと好きになったんだけどなぁ・・・どうしても好きになれない劣化の仕方をするんだ。

いやーそれにしてもTS808HWにそっくりだ。

投稿者 burtman : 06:42 | トラックバック

アグネスチャン 愛川町コンサート

アグネス・チャン@愛川町文化会館

公演日:2008/11/01

地域:神奈川県

会場:愛川町文化会館

開演:14:00

投稿者 burtman : 05:19 | トラックバック

2008年10月29日

良い天気

今日はとても天気が良い。
気温もそう高くなく、湿度も結構低くてカラっとしている所為か、いつも部屋に置いてあるアコースティックギターがコロコロ鳴っている。

DCF_0883.JPG

過去の日記で何度か書いたが、僕は子供の頃から重度のアトピー性皮膚炎で、チョコレートはあまり食べられないのだが、たまーにどうしても食べたくなる。
でもやはり体には気を遣うので、カカオ99%というのを買ってみた。
うん、まずい。
いったい誰がこれを必要とするんだっていうか、なんでこんな泥を固めた物を売っているんだ。

DCF_0882.JPG

なんだかバンドらしきものをやり始めようとしていたんだがなかなか難しいな。
僕の中ではいったん白紙に戻し、今新たに構築し直そうとスタジオ入りし始めた。
何事にも我が物顔で土足で踏み込んでくるタイプとは一緒に出来ないし、そういう人は一目見れば分かるくせに、自分の決断力が弱い所為で玄関先まで踏み込ませてしまい後で後悔する・・・っていう僕のいつものパターンに入ってしまった様だ。
良い人ぶって敷居を低くする所為で、必要以上に安っぽくみられてしまう事が多々ある(高いという意味では全くない)

弱くてしがみついてくるのも駄目だが、気持ちや状況に鈍感なのは演奏家としてはいかがなものか?
以前、山川えっちゃん氏が言ってたが「敏感なのを隠した鈍感はとても素敵」たしかにその通り。言っておくがしらんふりをするのが上手いという意味ではない!(笑)
そういう感性を持った人・・・と見渡すとプロの方が圧倒的にそういう人が多いな(誰かと比べてという意味ではない)
単純に人間性が備わっていないとプロではやっていけない、イコール、プロにはそういう人が多いという事なのだろうな。
上記を見て貰えば分かるが、一切演奏が上手いとか下手だとかいう話ではない。みんな頑張っているのだから、一方的にそんな偉そうなことを言うつもりは全くなく、どちらかというと普通の人間つきあいという意味での話。
さ、せっかく重い腰を上げたのだから、焦らずじっくり探そう。

DCF_0881.JPG

以前も書いたが、オーバードライブは本当に似たり寄ったりになってきた。
ギター、アンプ、スピーカーどれも多種多様、これでもかって言うくらい音が違うのに、なんでエフェクターは似てきてしまうのだろう?

一つ例を挙げるなら、TS808HWとBJFE BBODはそっくりだ。全く同じ環境で録音すれば、ヘッドフォンで聴こうがモニタースピーカーで聴こうが全くどっちがどっちか分からん。
あえて違うところを言うなら、バイパス時の音くらいか?もちろん設定次第で全然違う音も出るが、こんなにそっくりな音が作れるのも稀だったはず。

まぁどれもTS系って言うことなのだろうな。

ただこう似ているんでは、買った自分は馬鹿みたいだ(笑)しかもどれも高価(汗)まぁどれもサウンドテストして買ったわけではないから仕方ないにしても・・・
昔母に、何本も同じ音しか出ないギターばっかり買ってきて! と怒られて、形によって音が違うんじゃ!と怒鳴り返してたが、これじゃ全く反論できない。本当に1個あればいい。

そんな中、ネットで見つけたBamBasicさんのサンプルを試してみた。
めちゃ良かった!他のとまったく別次元・・・とは言わないが、最近のオーバードライブとは、ちょっと音色の傾向が違い、おっ!と思う良い音がする。しかも値段が安い。ものすごく素敵な会社だ。

でも、正式に購入はしなかった。理由は色々あってまず音は良・・・あ、これ以上は浅岡さんにヲタと言われるから続きは自分のmixiのコミュニティに書こう。

では。

投稿者 burtman : 15:50 | トラックバック

2008年10月28日

久々の日記

今日はお詫びから。。。

そもそもの予定としてはLustreがもうそろそろお手元に渡ってないとおかしいのですが、予定よりだいぶ遅れております。
細かい部分に拘ってやり直しが続いたり、製作者いっぺい氏の怪我なども重なってしまい、予定としては今月半ば発売だったのですが、今週中に初お目見えでは無いかという感じです。

予約されて楽しみに待って頂いている皆様には大変申し訳ないのですが、もうあと数日お待ちいただけますようお願いいたします。

そして残りは・・・ラスト2台となってしまっております(汗)
出来上がり次第、映像や説明のページをアップしますので、それをみて気に入って「欲しいかも!」となっちゃった方はお早めにlustre@burt-man.comの方まで、お気軽にお問い合わせください!

DCF_0880.JPG
ここからいつもの日記に変わります。

プレミアムギターショーに行った。
着いてすぐ開催会場にも入らず、わざわざ出てグヤトーンの松木部長さんと寿司を食った(笑)
まぁ楽器は逃げはしないから。。。そんな余裕が出てきた。
上京してすぐは、ギターショーというものはたまらない喜び。
地方にはそんな楽しい行事ないからだ。
初めて行ったときは、それはそれは一つ残さず見るべしっと汗をかきかき焦って見て回ったのをよく覚えてる(笑)
今度はゲームショーとやらに行ってみたいなー。

DCF_0879.JPG

ギターショーを回っている時に、Dr.Kこと徳武さんに出会ったので、松木さんに紹介して貰った。
なぜだか徳武さん僕の名前を知っていたようで恐縮。。。
とても好きなギターリストなので、本当に嬉しかったな。

DCF_0878.JPG

僕のヘアースタイルを全面的に任せているTさんが結婚し、身内でパーティーするって事だったので、僕が演奏しに行ってあげたかったのだが、どうしてもスケジュールが許さなかった。

なので、 僕が「僕は残念ながらいけないんだけど、結婚記念に二人でなにかやるってのはどう?」って焚き付けたのがきっかけで、ウクレレと歌をお祝い代わりに教える事になりレッスン初日を迎えた。

まぁ間違いなくTさんのお友達はここを見ているわけがないので写真公開。

イケメンの旦那様と、かわいいTさん。
レッスンしてても、ほんとに「うまがあう」とはこのことで、「何でもさらっと出来ちゃうが飽きっぽい旦那様」と、「とても不器用だがしつこいくらいの情熱を持った奥様」が良い刺激を与えあうので熱中し、いつのまにかに1時間半以上レッスンしていた。

良い夫婦だなーと、なんだかこっちが嬉しくなった一日だった。

投稿者 burtman : 07:26 | トラックバック

2008年10月21日

新しい相棒

DCF_0868.JPG

だいぶ涼しくなってきて、僕がよく働く時期がやってきた(笑)
今年の初夏にはクーラーつけずに、汗をかきかき仕事するのもいいなーなんて言ったが、まったく自分知らずの馬鹿げた発言で、いつもと変わらず本格的な夏が到来したときにはクーラーの吹き出し口は僕を狙っていた。
やっとクーラーの呪縛から離れたので、今のうちに仕事をたくさんしよう。

DCF_0866.JPG

Blog更新や事務をしていたiBookが壊れてしまったので、自動的に制作用のパソコンでやっていた。
最初はこれでも十分かと思ったんだが、日を追うにつれファイルはどんどん増えるわ、色んなソフトがバージョンが古くて(制作環境保護のためバージョンアップしていない)一般的なことすら出来なくなっていたので、諦めてMacBookを買った。
先日出たばかりの最新バージョンなので、初期ロットには必ず故障があるMacは不安だったが、今のところ動作は良好。
とはいえアップルケアに入って万全の体制ではあるが。
Apple渋谷店、山宮さんに感謝。

DCF_0873.JPG

全然仕事とは関係ないが、やたらとFUZZが面白い。
他のエフェクターはだいたい似たり寄ったりになってきた。まぁ好みはあるが、でもこれしかないという感じでもない。
コンプもLustreで80パーセントの事が片付いてしまって、別の目的でDyna CompやCS-3があればもう完璧。
でも、FUZZだけは進化している気がする。ぶっ飛んだ音から、ぶっ壊れた音、音楽的な音、もうギターとか関係ない音等、いろんな機種が多くて未来はかなり開けている。
10年前までは、Fuzz FaceやBig Muffなどの音が基準にされていたような気がするが、オークションなどみててももう把握不可能というほどの種類が出ていて楽しい。
そんなわけで今いろんなFUZZを集めているので、自宅で眠っているFUZZで譲って良いものがあれば連絡ください。
僕の興味が尽きないうちにどわーっと集まれば、Youtubeにサンプル音源としてアップするつもりです。

投稿者 burtman : 18:34 | トラックバック

2008年10月20日

buRt-manの機材レビュー

最近気に入ってるFuzz。Analog.manのSun Faceを弾いてみた。
これもよく出来てるペダル。

ちなみにこれも他の機材や気温や色々影響を受けやすい機材だ。毎日まったく違うペダルを踏んだ気がする。

ボリュームの追従性が異常に良いので、手元ボリュームを使った奏法は楽しくてしょうがない。

そうそうファズって言うとジミヘンとかクラシックロック音楽にしか合わないと認識されてないだろうか?
ファズはオーバードライブなんかと違い、ナチュラルな歪みじゃない加工された特殊な音なんで、テクノやヒップホップなど打ち込みが強いトラックの中で無茶苦茶活躍するんだぜメーン!

あ、失礼。

投稿者 burtman : 01:59

2008年10月19日

小麦好団

DCF_0861.JPG

久々の小麦好団(コムギコダン)の活動。といっても僕はつれてってもらうだけですみません(汗)
本手打ちうどんや「藤」という埼玉のお店に行った。
快晴のうどん日和で、お店の窓全開の状態で、出てきたうどんは麺も良い匂いで、さっぱりした肉汁出汁に付けて食べる・・・うーん最高!

DCF_0863.JPG

色々とおもろい物が届いたのまとめて。

左:バディーガイのシグネチャーワウ。ミーハーな気持ちで購入。高校生の時から好きで、実家に帰ればPolka Dotsのシャツも持ってる。という話はどうでも良くて、サウンドハウスで品切れだったので壱番館SHOPというネットショプで買ったんだが、先週のはじめに注文してやっと今日届いた。対応が遅すぎてまじでびっくりした。申し込んでも次の日にしか返事が来ない。申し込み→翌日連絡→振込→翌日確認連絡→発送連絡無し…それが基本らしい。それじゃはがきで連絡取り合ってるのと同じだ(笑)ここはもう使わないな。

真ん中:先日買ったTS808HWの付属品が断線していたので、付いていたアンケートはがきのコメント欄に「断線してました。」とだけ書いて送ったら、わざわざご丁寧に新品の付属品と謝罪のお手紙が入っていた。別に断線していても困らない物だったのでなーんにも期待してなかったのだが、こういう丁寧な対応してきたことに感動した。星野楽器さんは素晴らしいな。

右:SOFTBANKのサービスで1年間後に新品の電池パックをプレゼントしてくれるサービスに入っていたんだが、1年経っても何の連絡もないのでどうしたものか?と思ってHPで調べてみたら、携帯から電話で申し込まねばならなかった。知らない人多いんじゃないだろうか?入会の時そんな説明なかったし。
というわけで、手続きを済ませて1週間経って電池パック送ってきた。電池2個あると便利だな。

DCF_0864.JPG

レコーディングだった。
初めましてのドラム:滝山清貴さん。凄くやさしい人でたのしく仕事させてもらった。
滝山さんもピアノからギターまで弾いてアレンジするそうな。。。凄いな。
それにしてもAKG451は好きだなー。一本探して買いたいなぁ。

DCF_0865.JPG

投稿者 burtman : 16:27

2008年10月17日

buRt-manの機材レビュー

GuyatoneのCool Booster CB-3を弾いてみた。

これはグヤトーンのサウンドファイルなんかの為に弾いたんだが、単体で弾いた事無いなーと思って始めたのだが、これがいったい何を弾けば良いのかさっぱり分からなくなって何度もやり直した。

良いエフェクターなんだが、ブースターの良さなんて単体で弾いたって分からないな(笑)アンサンブルで威力を発揮する物だと思う。

でも一応弾いてみたので、音質はあまり変わらず音圧がブッと出てくるのが分かってもらえると…いいな。

投稿者 burtman : 05:46

買い出し

Lustre(Compressor)最新情報

ご注文頂いた皆様には申し訳ないのですが、少々パーツの入荷などの都合で作業が遅れてまして少し予定より遅くなってますが、塗装の途中経過写真が届きましたので来週中には入荷報告出来るかなーと思っています。
一台一台お申し込み順に僕が最終チェックと梱包をして発送するつもりです。
梱包完了しましたらご連絡しますので、代金をお振り込み頂いて入金確認次第発送いたします。
なんとか映像や完成写真載せてからの販売分も確保出来そうなので、もうちょっと情報欲しいなーと思っている人は楽しみに待っていてくださいね!

追加情報
1年間無料修理保証(正常な使用状態に限る)

DVC00048_M.jpg
では、いつもの日記に。

3ヶ月ぶりに髪を切った。写真はいつもお願いしているTさん。
偉そうに聞こえるとあれだが、初めて美容師さんを気に入って通ってる。
もちろん美人だし、こんな人がいたのかという位良い人で、それに加え自分でヘアデザインが出来る人。
「コンサート前なんで、セットすれば派手になって、日頃も手入れしなくてもすっきり見える、僕に似合う髪型」
こんな勝手な事言ったらどこのお店でも「お客様の好みがあるので・・・」と返されてしまう。
そこを彼女はうーん・・・と悩んでくれて、しかもホントにバランス良い感じに仕上げてくれる。ホントに助かってます。
Tさん最近良い事があったらしいので、近々お祝いに特別ウクレレ教室をしてあげるつもり。
いやーホント見た事ない位良い人なんだー本当に話してるこっちが恥ずかしくなるほどなんだ。
お願いだから心の中では「うぜー」くらい思ってるような黒い部分が欲しいな(笑)無いだろうなー。

DCF_0856.JPG

夕方色々買い物に行った。
ワイアレスキーボードの単3電池、Lustreの梱包用テープ、事務用セロハンテープ、蛍光スタンド、プリンター用インク・・・久々そういう文房具や電気屋に行くと色んな物があって楽しい。
デジタル放送対応のテレビなんかめちゃくちゃ安くなってる。そもそもTVを見ないので興味が少ないのもあるがあそこまでとは知らなかった。

投稿者 burtman : 04:41

2008年10月16日

buRt-manの機材レビュー

今回はFuzz!ということで、Haoから限定発売されたThe Roarを弾いてみた。

限定生産なので一時期は楽器店で姿を見る事は無かったが、最近オークションなどでちらほらと見かけるようになった。

きっと売りに出している人はスイートスポットが狭いので良い所が見つからなかったか、他の機材や電源等の影響を受けやすい機種なんで本番で変な音になって二度と使わないと誓った人かのどちらかだろう。

ボリュームの追従性が低いが、凄く良い音してると思うんだけどな?

投稿者 burtman : 04:19

2008年10月14日

普通の日記。

湿度は高いが気温は低い。なんて仕事しにくい気温なのだろう。
うちには網戸が無い。いや、上京して以来、網戸が無い。
ちゃんと調べた訳ではないが関東では自分で買って取り付けるのがスターンダードのようだ。福岡では網戸なんて当たり前に付いているのだが。
日中は暖かいので虫がまだ多いからと、窓を閉めていればすぐ蒸し暑くなり、窓を開けると虫に襲われたりすぐ寒くなってしまう。
風邪引きそうなので少々暑くても上着を来ている事にしている。

keeley.jpg

不況の所為でポンドやドルが下がっている。しかし投資をしてないので直接僕には影響は無い。
いや逆に良い事が多くて、世界中の機材がセール中のように安く買えるので、ここ数日ネットをあちこち回って買う物を探してる。
こういう時はなかなか欲しい物が見つからないものだが、昨日今日で以前から欲しくて探していたもの数点ゲット出来たのでかなり嬉しかった。
ヤフオクはたまに良い物も出る事もあるが、今は何でもだいたいの売買の相場が確立してしまってあまり安くないので、今回の円高は僕にとってはとても楽しい出来事になった。

f0182861_0575043.jpg

     (photo 植田博之氏)

その流れでKeeleyというエフェクター会社をたまたま見ていたのだけど、Mac用に特殊なパンフレットが用意してあって、DLする事によりアプリケーションのように動いてくれ、ラインナップや注文方法がすぐ分かるようになっており、サウンドサンプルも充実していてとても楽しめた(写真(上))

これからは僕みたいなオタクだけを狙った職人気質な宣伝ばかりでなく、こういうエンターテイメント性は是非取り入れるべきだと思った。

DCF_0851.JPG

たまったお返事を書きます。

あられちゃん
佐渡是非来て欲しかった!夜は何も見えないほど「闇」で初体験で楽しかった!良い所ですね。
その2
スタジオに聞きにきてもらっては接待の仕方に困るので、是非ライブハウスに見に来てください。

ラングさん
そうそう多分あの人とこの人は・・・小躍りするだろうなと思いながらアップしました。
その2
ぐりぐりつまみ好きのお兄さんにもここを紹介してください。楽しんでもらえたら良いなー。

浅岡さん
エフェクターを一生懸命研究している中学生いると良いなー。是非いたらコメントして欲しい。
その2
是非是非ライブ決まったら(←もうやる気)歌いにきてください。

hirobeさん
良い所に気がつきますね。

m.motoさん
そうそうなかなか手に入りませんよね。秒札ですよホント。
噂通りのやりたい放題し放題のエフェクターです。是非買ってみてください。

さつきちゃん
是非是非ライブ見に来てください。おかげでだんだんやる気が出てきました。

シミズさん
元気ですよー元気ですか?
相手して…って(笑)僕の方こそかまってください。よろしくお願いします。
あ、コメント欄の説明ありがとうございます(笑)

chapajamaさん
いやいや音色褒めてもらっちゃってすみません(照)嬉しいなぁ。
でもchapajamaさんの最高のグルーブあってこそのあのギターの音色ですよ。ホント。
シールドは実験って言う訳じゃないですけどね。良いと思ったやつだけ厳選して持っていって効果を探っておりました。
写真もご自由に〜!

投稿者 burtman : 17:47

2008年10月12日

ええ、ヲタ話です。

レコーディングがあったので、シールドの研究結果を持ち込んだ。
結局色々差し替えたが、そらもちろんエンジニアのEQにも敵うわけもなく、中間にかんでいるマイクやプリアンプに敵う訳無く、何がどうサウンドに対して影響したかなんてわからなかったが、好みの音質のシールドさえ使えばアンプの設定はとても楽だし、音質がいいというのは弾くのはとっても楽だといっていいとおもう。

DS00473574.jpg

ああ・・・またヲタと呼ばれてしまうが。。。

ちなみに中域がしっかりしてれば後は人それぞれだし、ハイインピーとなると僅差とはいったが、それでは僕なりの答えは無いのかよと突っ込まれそうなので・・・ひとまず主観ですが僕がお勧めするのは2つ。
Fender Platinum Cable
All Parts Belden Micro Crack 8412

DCF_0849.JPG

Fenderはどこのケーブルとも違う音がする。発音も違えば音質も、サスティーンも違う。ハイファイな音ではないが、とてもパワーを感じる。かといってローが強い訳でもなくとても「ギター」という感じがするのが気に入ってる。
僕は特にハイファイな音色が出ない温かい音色が出る機材が好きだが、最近の打ち込みの派手なサウンドの中では音の抜けないぼろい機材ということになってしまうので、そこは最新科学と多少融合するべきだと思うんだが、このケーブルはいうなればそういうケーブルで、古くさい音だが現代にマッチするだけのパワー感を持ち合わせていると言って良い貴重な存在。しかもリーズナブルなのが最高。

Micro Crackは逆にとてもハイファイだが、高域だけがキラキラしていたりする高級ケーブルとは違い、中低域もどかっとパワーが出てるのでこれはこれでギターとしては使いやすい。オリジナル8412はエレキギターに使うのはあまり好きじゃないが、Micro Crack加工したものは不思議とエレキギターにバッチリだった。
しかも作っているのはAllpartsさんだが、僕の大事な友人でもあり、僕のギターのメンテナンスもやってくれている一人である、野口さんの発案というのが非常に素敵。
彼は元々半田に詳しくて、僕のギターの回路にもられた半田はいつも全て奇麗にやり直してくれる。そして最後にパッとスパイスを入れるんだが、そのスパイスをふりかけると発音が早くなるから不思議だ。
ちなみにこれもリーズナブルなのでおすすめ。

DCF_0850.JPG

とまぁヲタ話ばかりしないでレコーディングの話も。
お久しぶりでした高林さん(ドラム)と、マイミクで仲良くしてもらっている植田さん(ベース)とのセッションだった。
呼んでくれたのは稲葉政裕先輩に紹介して頂いた吉川みきさん。ホントにありがとうございます。
んなわけで、とても凄いGrooove・・・またリズムの組み立てが早いお二人であれよあれよとひっぱってもらってしまって・・・ホント楽しかった!
また是非ご一緒したいです。

投稿者 burtman : 21:37

2008年10月10日

オリジナルは素晴らしい

オリジナルって素晴らしいなと思う今日この頃。
ギターも機材も、それこそ服や薬まで。

オリジナルの定義は難しいが、僕が思うに他人が発表した物は避けて作った物かな。

僕は大抵良いと言われる物は試すようにしているが、結局オリジナルに戻っている気がするな。
オリジナルというのは個性が濃いので、存在理由が強い気がする。


今日は写真がない。
単なる撮り忘れ。申し訳ない。


リハスタジオに入った。

「大音量でギターを弾きたい」こんなに漠然とした理由で大音量でギターを弾いたのはいつぶりだろう?

サポートの仕事は楽しいしやりがいもあるので不満等これっぽっちもないが、以前から毎月1度くらいはどこかの会場で好きな音楽やりたいと思っているのもホントで。

でもどうもO型という血液型の特性か、ハッキリとした目標や確信が持てずにライブをする気を無くしてしまっていた。
たいした演奏が出来る訳ではないので、コンセプトも持たぬままステージに上がり、フィーリングだけで弾くのは今はとても嫌なのだ。

でもそんな事言ってたらギター弾く機会がなくなるんで、僕の人生の中では初めてという位、目的も目標も持たず適当にギターを弾いてみたが(あくまでリハスタだからだが)、これはこれで面白いなと思った。

こんな感じでなんだか人が集まり、いつの日か目標が見え、ライブをする。こんな普通の感じではやった事が無かったなぁなんて思って、これは続けると面白くなるかもな?とちょっと期待したりして。

集まるだけ集まった大人数音楽をやってみたい気もする。ちょっとだけ。

初めての試みだが、来る物全員拒まず去る者全く追わずでやってみるか。

投稿者 burtman : 09:24

2008年10月 9日

後、3個

もう何度も書いてますが。。。
Lustre(リュストル)というコンプレッサーを、大阪のえふぇくたぁ工房と一緒に作りました。
一緒に作ったというか、サウンドとデザイン監修が僕、製作がえふぇくたぁ工房ですね。

lustreface-1.jpg

最近ほとんどが、某大根や○スのコピーですが、これは全く違う回路から生まれたコンプレッサー。
でも、CD等で聞いた事がある、誰もが求めている音と思うものを目指し、かなり良い物が出来上がりました。

商品説明しますと。

・限定10台

・発売予定10月後半

・販売価格36,750円(税込み)

・ユニバーサル基盤/完全ハンドワイアード

・トゥルーバイパススイッチ

・ディスクリート回路

・ラッカー塗装/カラー:スパークリングオレンジ

・ON時には音楽的なバッファー回路を通ります。

本日の追加項目

・送料別。

となっております。

ただいまご使用頂いているのは、織田哲郎さん。

というわけで、まだまだ情報すらおおざっぱな状態の上に完成サンプル写真も無い状態だったのですが、反響に押されフライング状態で予約を受け付け初めてしまいました…が。

あれよあれよと予約が入りまして、後3個!
後、3個しかなくなってしまいました。。。(汗)

出来ればせめてサンプルが出来て、改めて発表してから数日間で即完売!となると幸せだなーなんて思っていましたが、毎日全国の方からお申し込みいただき、もう残り3個。すみません。。。

お問い合わせいただいた方の中でも、情報を待ってから注文しよう!と思って待っていてくれてる方がいるのですが、もしかしたらサンプルが出来上がる前に、いや近日中にも完売の可能性が。。。というわけで、絶対に増産するつもりが無いので、もし迷っている方がいらっしゃいましたらお早めによろしくお願いしますと言っておきたくて再度情報を載せた次第です。

商品の発送や、パッケージ等は僕が楽しみながら一個一個やるつもりで、今日色々と仕入れてきました。ふふふ。

よろしくお願いします。

DCF_0845.JPG

では、いつもの日記に。
ちょっと前に頼んでいたツアーケースや、歪みものエフェクター、シールド、CD等が午前中一斉に届いた。にこにこ。
一気に届くとありがたみが減るので、一個一個届いたつもりでいじっていこうと思う。
明日も一本シールドが届くらしいので非常に楽しみ。

DCF_0843.JPG

オリンピックをあまり見てないからなのか、時代が移り変わってしまったから理解出来ないのか原因が分からない事がある。

今回のオリンピックで鳥の巣と呼ばれていたスタジアムがある。
その鳥の巣の事の呼び方が問題なのだが、ニュースでは「五輪メーンスタジアム」と書いているのを見かけないか?

メーンって何だ?メインの事か?メインスタジアムならよく理解出来るのだが。
山城新伍がカメラマンをキャメラマンと言っていたように、昔エフェクターの事をアタッチメントとよんだように、時代の移り変わりでメインがメーンになったのか?「メイン」は昭和生まれのおっさんだけの呼び方か?
それとも練マザファッカーの影響か?

五輪メーンスタジアムと書かれているのを見る度、違和感を覚えて仕方が無い。

DCF_0844.JPG

ホークスの監督を秋山が引き継いた。
たいした野球ファンではないが、それだけはむちゃくちゃ嬉しい。

投稿者 burtman : 06:52

2008年10月 7日

こんな時にこそ。

昨日はしらいしくんのアルバム完成打ち上げだった。
みんなオモローな人たちだから、完成に対する音楽話等これっぽちも出らずに、終始オモローな話ばかり。
それにしてもオモローな男性陣と、美人な女性ばかり集まって楽しいのなんのって。

DCF_0842.JPG

今日はやっと本当にオフな感じだったので、先日に引き続きギターとアンプをつないでる線、シールドの比較をした。
そう浅岡さんも書いたようにヲタネタだ。僕が最近書いてる事は、ヲタと言われても仕方が無いな。

先日ちょっとテストをして以来、気になって気になって仕方がなくなってしまった。
というのも、ライブしていて今日はなんか音の調子がおかしいなーと思った事が多々あるのだが、それはもしかしたら3000円以上なら良いと大雑把に買って使っていたシールドの所為かもしれない!と気付いてしまったのだ。
具体的にいうと、アンプのEQではいじれないハイが出ている時が、非常に演奏しにくかったんだが、その帯域がシールドによって、あからさまに大きくなってる事に気付いた。

というわけで、とにかく持っている沢山の種類のシールドと、テストする為に高級シールドも買ってみて、それらをとっかえひっかえして、遠くから聞いてみたり、歪ませてみたり、録音してみたりしてチェックした。

結果は・・・

シールドの好き嫌いは人それぞれなんで大して参考にしないで欲しい。あくまで僕の主観。

当たり前のようだが、ハイからローまで帯域の広く出る物、中域だけがドンと出る物、全く使い物にならない物の3種類に分かれる。
アンサンブルによると思うが、ギター単体での音に関しては帯域の広い物は、アコギをアコギらしくナチュラルに再生してくれるようで良い印象を受けた。 

そして今日一番の驚いた事は。

中域に特徴を持たせたシールドならば値段の差ほど、ヴィンテージギター等のパッシブピックアップではあまり違いを感じない。

しかし!EMGなどのピックアップや、Hi-FIなサウンドを目指した構造のギターになると一転して、アンプを変えた時くらい音質が変わり、シールドの特性がサウンドに大きく出る。

という事に気付いた!要は「インピーダンス」の違いからだろうと思う。
とはいったものの、CAJはギターを選ばず圧倒的にローが豊かで音圧を感じるし、中域に狙いがあるシールドに限るがやっぱり3000円以上だったらどれでも良いというのもまんざら嘘でもない感じで、奥深いなーという感じ。

いやー本当に勉強になったな。とはいえ、近日中にButterfly effectに注文したシールドも届くし、まだまだ暗中模索は続く。

DCF_0839.JPG

今日まだ上京して3日目というドラマーが、福岡の先輩を伝って連絡をくれご挨拶に訪ねてきてくれた。
まだ25歳。若い!
日本でもトップクラスの大学を出ていて頭が良い所為か、一見信念があるような話しっぷりだが、まだどこもかしこも危なっかしく、早くなんとかしたいという焦りだらけで、その姿になんと返答したものか困ってしまった。
でも、僕が上京した時は彼よりも年がいっていたし、彼のようには饒舌ではなかったので、もっと何も出来なくてワナワナしていたんだろうなーと思うと、どこか気恥ずかしくて、でもなんだか懐かしい思いで彼の人生プランを聞いてた。

でも、自分で色々やってみる事が必要だと思う。誰かにぶら下がってなんとなく上手く行っちゃった方が後が恐い。それに気付くには沢山時間が必要なんだ。
とにかく僕も上京した時に先輩方に言われた通り、「生活をちゃんと安定させた方が良いよ」と言っておいた。
がんばってね〜醤油がなければ貸すからね!

投稿者 burtman : 23:46

buRt-manの機材レビュー

一度第7回で登場したUltima OverdriveをYoutubeにアップしてみた。

30種類以上の設定を同じようなフレーズで弾く事が結構大変だったような楽しかったような。

とにかく同じ事をやらないとサンプルにならないと思ったので、最後の方は最後まで弾ききる事だけに夢中になってた。

しかし説明書と違うサウンドが出たので、途中で???となってグリグリつまみを回してる。

まぁそういうのも生々しくていいでしょ?良いと言ってくれ。

ほぼ全タイプの音を出している映像は初めてかな?海外の人はこれみたらつまみが多くてびっくりするだろうな。

まぁひとまず頑張って弾いたので見てください。

投稿者 burtman : 02:55

2008年10月 6日

なぜこうパソコンに向かうと全て忘れるのか。

なぜこうパソコンに向かうとblogに書こうと思った事を全て忘れるのか。
誰か検証してくれないだろうか?きっと、ちゃんとかかなければ伝わらないという緊張からかと思うが、それにしてもぼけどころでは済まされないほど忘れていくのだが。
そうか嫌な事があればパソコンの前に座れば解決だな。

ちなみに風邪をひいた。自分としてはかなり久しぶりである。
今回は風邪治りかけの人と数時間仕事したので、もう途中から喉がかなり痛くなっていた。
なんて免疫がないんだと情けなくなるが、なんとか気合いで喉の痛みと鼻水でとどまらせた。

暑いのか寒いのかわからない時期なので、みなさんもお気をつけください。

DCF_0838.JPG

以前も書いたが、本当に店舗は必要ないように思ってきた。これはもう強力にだ。
一昨々日、超メジャーな人の「最新CD」を買いにいった。しかーーーーし4店舗回って1店舗も無い。

ネットショッピングで十分と以前書いたが、ちょっとそれは言い過ぎかと反省していた。やっぱり見て回って自分のお目当てのモノ以外も情報としていれるのも良いかもしれないと思ったのが運の付き。
都内をぐるぐる回って歩き疲れてイライラしただけだった。
まだ懐メロなんかの珍しいアルバムや、廃盤や中古を探してるなら分かる。去年出たJ-POPだぞ?
結局帰ってきてAmazonに頼った。はぁ。。。

080926_0703~01_Ed.jpg

リュストルは毎日着々と予約が入り、驚く事にあと僅かとなった。
まだたいした情報もないのになんとありがたい事か。
今いっぺい氏と最後の詰めを続けているのだが、全ての面で完成が楽しみでたまらない。
ちなみに質問があったので、ここで答えておこう。

質問:もっと安くならないですか。
みなさんは結構原価が安いものと思っているようだが、これが全く安くないのだ。大手企業なら1000個作るためのパーツをドカっと仕入れるため、単価を下げる事が出来るかもしれないが、10個のために厳選したパーツとなると全然別次元。
しかもそれをいっぺい氏が基盤にはめて一個一個ハンダ付けして、ネジはめて、虫除けながら塗装して、乾燥させて・・・(汗)
その原価が高いプロトタイプを、改良の度僕に送って貰う送料や、打ち合わせの電話料金や、現場でのテスト期間など色々考えると。。。
あははははは。いいじゃないか良い物を作って10人に勧める事が出来て楽しいのだから。わははははは。

質問2:ラックに勝るコンプなんですか?
ラックはラックの良さと目的がある。ラックこそがギターに良いのであれば、高かろうが何だろうが買って使っている。
なぜプロのギターリストがコンパクトのコンプをわざわざ使うかというのには理由がある。
それは企業秘密なのでかけないが、その答えがLustreに秘められているのです。ふふふ。

一応出来上がってから写真やサウンドは改めてここに載せるつもりなので、その時を楽しみに待っていて欲しい。
ちなみに写真のエフェクターはLustreじゃないのでお間違いないように。

DCF_0837.JPG

久々にハマった。
マニアックな話で申し訳ないが、シールドのチェックをした。
CANARE(シールド)良いじゃないか。
俺は15年以上初心者用と思ってた。すみませんCANAREさん。
今のローディーチームの方々が口を揃えて「結局皆CANAREに帰る」と言っていた意味がちょっと分かった。
逆に現在多数持ってる高額なだけの使えないシールドはどうしよう・・・まぁサンプルに持っておくか。

今夜の最大の衝撃は、TS808HWのスポンジ加工のひどさか、これのどちらかに尽きる。

投稿者 burtman : 03:31

2008年10月 3日

Lustre正式に予約開始

細かい事が決まってきたので毎日更新で申し訳ないですが、Lustre(Compressor)について詳細発表です。

毎日更新というのも・・・実はちょっと焦っているのです。まずその理由を正直に書きます。

どうしても自分がツアーに出てしまうと責任もって販売が出来ないので、なんとか10月入ってすぐ発売したいと思っていたのですが、細かい部分がどうしても納得いく感じにならず、思わずこだわってしまっているのでかなり作業が遅れております。

あとハンドワイアードでの複数台の作業もかなり大変なようです。

ただ、ありがたい事にデザインや価格も決まって無い状態なのにも関わらず、mp3や動画のサウンドを聴いて買いたい!と申し込んで頂ける方が多くて、実はもうご予約いただける残り台数が少なくなってます(汗)

そういうわけで、デザインや価格等詳細を待ってお申し込みいただこうとしている方に1台も買って頂けないのでは申し訳ないので、現時点で決まっている事だけでも発表する事にしました。

ですので、まだまだ情報が少ないので申し訳ないのですが、迷っている方はこの発表で少しは決定しやくすなるのではないかと思います。

完成品が一つもないので写真は載せられませんが、一応お絵描き程度でブランド名も入ってないのですが、ざっくりでもイメージが伝わるように完成予定像を載せておきます(完成品とは印象が違う事がありますのであくまでも参考程度にみてください)


lustreface.jpg

では、Lustreの商品説明です。

・限定10台(以後の販売はありません)

・発売予定10月後半

・販売価格36,750円(税込み)

・ユニバーサル基盤/ハンドワイアード

・トゥルーバイパススイッチ

・ディスクリート回路

・ラッカー塗装/カラー:スパークリングオレンジ

・ON時には↓と全く同じ音楽的なバッファー回路を通ります。

DCF_0672.JPG

Lustreは本当にこだわりまくって時間かけて作っているものです。

これはROSSやMXR Dyna Compのコピーではありません。
スタジオラッククオリティーを目指しHi-Fiで音が細くなる物でもありません。

あくまでオリジナル。

しかもこれを通すだけで太くなる、艶が出るなんて、トーンを追求する「音マニア」「コンプ好き」にはたまらないでしょう?

もの凄くナチュラルにかける事も出来るのでどんなジャンルでも使えるかもしれませんが、僕としては是非「どんなコード進行でも歌える様なメロディーを弾いちゃう」方や、「この人のバッキングじゃないと歌えない」とボーカリストに言われちゃう「ポップス職人」に是非使ってもらいたいなぁ。

きっと「ポップス職人」にとって「これさえあれば俺最強」と思えるような相棒になると期待してます。

というわけで、ご予約ご質問はlustre@burt-man.comまでよろしくお願いします。

投稿者 burtman : 07:40

2008年10月 2日

buRt-manの機材レビュー ベースでのサウンドチェック(動画)

今日はちょっと別件で用事があったベーシストさんに、都内某スタジオにてLustreのサウンドチェックをお願いした。

いやーお願いしておいてこういうのもなんだが、ビデオカメラ越しでも上手いしかっこいいのがよくわかる。

快く引き受けて頂いてありがとうございます。

というわけで早速見て欲しい。

一目見てお分かりだろうが、そう!素晴らしいベーシスト種子田健さんだ。

この映像を見てパソコンの前で小躍りする人が何人いる事やら。ふふふ。

早速だが種子田さんの感想としては。

・SoftとHardのミニスイッチはSoftの方が使いやすい。

・パコンパコンにつぶしまくるコンプというよりラックのコンプみたい。

・Urei1176のつぶす感じじゃなく、ナチュラルなdbx系。

・バッファーを通り信号が奇麗になるからか、パッシブピックアップでもアクティブのように元気になるね。

という感想頂いた。
ベーシストの方にはとても伝わりやすいイメージでは無いだろうか?

しかも。

バンドメンバーのよしみという事で弾いてもらえるだけで十分だったのだが、なんと「これ6万くらいで買える?1台売ってくれるなら欲しい」と言ってくれ「え〜!」って声出したほどびっくり。

限定台数のためモニターとして差し上げる事が出来ない事をビデオ録る前から伝えていて、それでも二つ返事で「いいよ」と引き受けてくれただけでもありがたかったのに。。。
でも、本当に気に入ってくれたから買うって言ってくれたんだと思うと、心苦しいようなめちゃくちゃ嬉しいような…

というわけで、今日は数件のご予約に合わせ、種子田さんもご予約いただき、幸先のいいスタートを切れた。

早く値段やデザイン決めなければな。。。

投稿者 burtman : 01:49

2008年10月 1日

オリジナルコンプレッサー「Lustre」

先日織田哲郎さんのライブツアー2008 「SHINE THE LIGHT!」に、えふぇくたぁ工房いっぺい氏が伺った。
なぜかって、このオリジナルコンプの反応を聞くためだ。

結果から言うと。
「あれ良いよ!ナチュラルなかかりがいい!」と「使っていたけど音分かった?」とツアーで全面的に使ってる事と、お褒めの言葉を頂いたようだ。

プロデュースした僕も、とっても嬉しい連絡だった。

まぁそれよりもなによりも、電話くれた電話先のいっぺい氏が緊張でガチガチだったのが忘れられない。

DVC00371_M.JPG

また特に喜んだ理由は、ツアー直前にコンプを渡した後、織田さんに関わる人たちから、織田さんの音(トーン)に対する異常ともいえるほどのこだわりを感じるエピソードを聞いたからだ。

残念ながらここではそのエピソードは少しも書けないが、どの話も聞けば聞くほど凄い話。
音楽系の仕事の人なら笑えないか、冷や汗が出るような話だろう。
それもこれも、織田さんが掴めるくらい鮮明にトーンをイメージ出来てるからこそ出てくるエピソードだから素晴らしい。

その織田さんがかなり気に入って使ってくれ、先日mayushaさんがコメントくれたようにライブで沢山の人にあの音を聞いてもらえたというわけで、非常に嬉しかったわけだ。

DVC00369_M.JPG

というわけで!

えふぇくたぁ工房のいっぺい氏と、長文メールと電話連絡を何度も交わし(たぶん通話料金、エフェクター1個分以上)、ロードテストを繰り返し、素晴らしく良いコンプが出来たので、全く同じ物をこのBlogだけで限定発売する事を発表します!

以前からそう出来たら良いなと思っていましたが、なんとか発売出来そうな所まで打ち合わせが進みましたので、いっぺい氏に製作に入ってもらいました。

というわけで、オリジナルコンプレッサーと言っていましたが、長く愛着もって使ってもらうためにも無い知恵振り絞ってネーミング。

『Lustre』リュストルと名付けました。どうです?良い名前でしょ?

Lustreの発売に関しては調整段階なので、ざっくりとしたインフォメーションで申し訳ないですが、少し説明しますと…

・限定台数(多分10台位が限界かと)

・価格4万前後に押さえられると良いなぁ。

・ユニバーサル基盤/ハンドワイアード

・トゥルーバイパス

・ディスクリート回路

・ON時にのみ、かなり素晴らしい音楽的なバッファーを通ります。

・ラッカー塗装/スパークリングオレンジ

という事になるでしょう。

Lustreに関して気になって気になってどうしようもない人のお問い合わせや予約等はlustre@burt-man.comまでお願いします。

限定台数を超える予約が入ってしまった場合、先着順での受付となりますのでご購入いただけない場合があります事をご了承ください。

※写真は製作途中の様子

DVC00367_M.JPG

ではまた。

投稿者 burtman : 05:36

« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »