« 素晴らしい出会い | メイン | サザンビーチ »

2008年7月24日

鈴木雅之さん リーガロイヤルホテル堺

リーガロイヤル堺で、鈴木雅之さんのディナーショーに参加しました。

Dcf 0674

メンバーはみんな一流ばかりなので、モニターから出てくる音は最高!
楽しかったなぁ〜!

でも、みなさんがっちりとチームになっている所に、僕だけが初参加だったので結構緊張。。。

しかし!ショーが始まってしまえば、鈴木雅之さんの存在の凄さ爆発・・・
凄い大きな船に乗ってるっていう感じというと分かるかな?

何やったって全部かっこよくなる!

全ては鈴木雅之さんの為に・・・そんな感じ。

見に来ていただいた皆さん有り難うございました!

ちなみに打ち上げでメッケンさんから「ジョンベルーシに似てるよね」と言ってもらってからは、皆さんから「ベルーシ」と呼ばれ始めました。

こんにちわ、シカゴ生まれ福岡育ちのベルーシです。

で。

ここからは書くか書かないか悩んだんだけど、自分の為に書き残す事にします。

打ち上げの席で、鈴木雅之さんから「末松のギターは(胸を叩いて)ここに来たよ」と言ってもらった。

「Guiltyをストラトのあの音で弾ける奴に会ったの何年ぶりだろう…ブッチャー(故:浅野祥之さん)を思い出した・・・」って。

他にも色々褒めて頂いた・・・感激です(涙)

ホントに、その瞬間は雷がズドンと脳天に落ちたかと思うくらい驚いて固まってしまった。

沢山のアーティストやミュージシャンに慕われるスターがわざわざ名指しで、全スタッフの前で褒めてくれる事なんて、まずあり得ないですからね。。。

でも何より僕が一番感激したのは、誰にも言ったこともない心底自分がこだわっている部分を初めて見抜いて、そして感じてくれて褒めてくれた事。

音楽は今や全てを把握出来ないほど細分化されていてるでしょう?

僕自身も色々と要求に応えてソフティスケートされたから、心の奥にある音楽は親友ですら理解出来ないものになってしまったと思ってた。

でも、鈴木雅之さんにかかれば、全てお見通しなんだな。

やっぱりトップスターは凄い。

あの日の出来事は全て一生の宝です。

ただ・・・
ああやって演奏出来たのは、的確な指示をくれ、好きに演奏させてくれたバンマス岡本さん(Pf)をはじめ、メンバーの素晴らしい演奏があってこそだし、スタッフの皆さんの素晴らしい仕事ぶりもライブでは凄く影響する。

もっといえば僕のわがままを聞いて機材を作ってくれているメーカーのおかげだし、気持ちよく仕事させてくれている家族のおかげ。

そうじゃなきゃ、あんな風に言ってもらえるわけが無い!俺はなんてラッキーなんだ!

ホントに僕は皆さんのおかげでハッピーな時間を過ごせました!

いつもありがとうございます。

これからもどうぞ末松一人をよろしくお願いします。

投稿者 burtman : 2008年7月24日 04:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/207