« buRt-manの機材レビュー | メイン | buRt-manの機材レビュー »

2008年7月 4日

buRt-manの機材レビュー

buRt-manの機材レビュー第9回は…

Dcf 0632-1

Marshall 1974X

です。

小さなギターアンプで、フルアップにするとマーシャルらしい心地よい歪みが出ます。

でも、1CH2CHをミニシールドでリンクした時ローミッドがドーンと出てくるんで、そのクリーントーンも結構お気に入り。

なんかチューブアンプならこのぐらいの大きさで(20W)結構何処でも出来る気がするな〜爆音系じゃなければ。

とてもお気に入り。

投稿者 burtman : 2008年7月 4日 16:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/199