« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月31日

ありがたやー。

今朝は早く起きて、僕が良く行くラーメン屋「TAIZO」に皆で行ってきました。

Taizo213

店名 ラーメンTAIZO
住所 福岡市博多区住吉4-28-1
電話 092-474-8787
時間 12時〜14時 18時〜翌3時
店休日 月曜

それもこれもですね、前回の心の優しい顔の怖い親友がアグネスさんの為に尽力してくれ、前代未聞の開店30分前から特別に開けてくれるとのこと!いやーありがたい。

やっぱりどこにいっても、アグネスさんみたいな有名人だと騒ぎになって色々大変なんで、残念ですがなかなか人気店なんかでは食べられないんですよ。

でも、マネージャーがラーメンを是非食べさせてあげたいんです!と愛情持って言ってるので、これはなんとかしちゃらないかん!と思って、昨日からずーっと色んなお店にかけ合って、唯一TAIZOさんが「昼過ぎると満員になってしまうからその前に是非お越しください」ってお返事くれまして、お言葉に甘えたとです。

そんなわけで、TAIZOの皆様ゆったり食事させていただきまして有り難うございました。美味しかったぁ!

是非みなさんも福岡にお立ち寄りの際はTAIZOヘ。

では、僕の大好きな町、久留米に行ってきます。

投稿者 burtman : 14:39 | トラックバック

2008年5月30日

かえってきたぞぉぉぉ。

九州ツアー&福岡長期滞在中のburtmanでっす。

2316席満員のサンパレスでアグネスさんに出身地を訪ねられ「板付ですっ」って言った時の「おおおおぉぉぉぉぉ」という地元人を歓迎する温かいレスポンスが忘れられません!
やっぱ福岡は人がぴしゃり熱かね〜!
ホントありがとうございましたっ!

そげなわけで、だんだん博多弁がぬけんごとなってきて、現場でもスタッフが「なんばいいよーとやこいつ」って目をするような状況になってきたっちゃけど、まぁまた東京にかえりゃーすぐ標準語に戻るばい。

それまでちょっとまっとって。ご面倒かけます。

福岡に実家があるのが、バンマス山川さんと、俺なので、二人して会場に色々と差し入れしたり、スタッフの皆に色々お店紹介してディープな福岡を楽しんでもらってますです。

僕はちなみに・・・

宝雲亭の一口ギョーザ

080526 230238

とりかわ粋恭の焼き鳥

080527 220825

等、死んでしまうかも・・・と思う程の美味い店を筆頭に、とあるラーメン屋のファッ◦ンなチャーシューを食してもらったり、日本一ポン酢が美味いと思う博多 華味鳥の水炊き、博多夜は夜な夜な中洲のライブハウスでセッションして回ったりと内容の濃い日々を送ってます。


ある夜、中学時代からのながーい付き合いの友人から、雀荘へ呼び出しが(笑)

080529 015950
なんでそんな所や!(怒)と思いつつタクシーで向かったら、なんと友人が副業として始めた店だった。本業は印刷屋社長。

顔だけです凶器なのは…子供が見て泣いてしまったら、ごめんなさい…代わりに謝ります(汗)

というわけで、待ち合わせを不思議な場所でしつつ、美味しい物食べに行って、「歌える所あるから…」とライブハウスにつれていかれた。

G&Lというお店。

080529 022708
店に入ると演奏を早速やっていて、「新曲(新しいレパートリー)です」ってMCが入って始まった曲がなんと…

翼の折れたエンジェル

ついこの前、博多の大尊敬している先輩ギターリストが「ここ1週間(故)エリック・ゲイル(1934年9月20日-1994年5月25日)にハマってる」って言ったのにも驚いたが、これは椅子から落ちるかと思った(笑)

好きな事を好きな時に出来る、時間関係ない良い街だなぁと思ったよホント。

このお店、珍しく生バンドで客を歌わせるお店で、俺にも歌え歌えとやたらと勧めるので、友人の歌に合わせてギター弾いたった。

なんで無理矢理弾いたかというと、実はなんと昔彼とバンドやってたもんで(笑)かれこれ20年近くぶりの共演これを叶えるには今しかない!と思い、お互いテレながらの長渕剛さんの「とんぼ

いやいやG&Lのみなさん夢を叶えていただいて有り難うございました。


そんなわけで、友人から紹介しとけと脅されたので、紹介しときます(笑)

全く僕には関係ないが、麻雀好きな方は良かったら行ってやってください。
080528 233639
麻雀クラブ クーマ
092-531-1118
福岡県福岡市中央区清川2丁目11-33-4F

今日は、クマまで。

投稿者 burtman : 05:36 | トラックバック

アグネス・チャン 里圧町制施行記念コンサート


アグネス・チャン@里庄総合文化ホール

公演日 : 2008/06/15
地域 : 岡山県
会場 : 里庄総合文化ホール
開演 : 14:00

投稿者 burtman : 00:28 | トラックバック

鈴木雅之


鈴木雅之@大阪リーガロイヤルホテル堺

公演日 : 2008/07/21
地域 : 大阪府
会場 : 大阪リーガロイヤルホテル堺
開場 : 18:00
開演 : 18:30
料金(税込) : ¥40,000-

注意事項 : ディナー18:30~、ショー20:00~。未就学児童は入場不可。
お一人様:お一人様は、指定。

問い合わせ:WILL MUSIC : 06-6212-2295
リーガロイヤルホテル堺・ロイヤルホール : 072-224-1121

投稿者 burtman : 00:10 | トラックバック

2008年5月24日

素晴らしい出会い。

西のツアーが始まりました〜!

Dcf 0575

アグネスさんのマネージャー橋本君が神戸出身と言う事で、そばめし〜明石焼に連れて行ってもらったり、話題の姫路おでん言ったり、広島お好み焼きみっちゃん〜つけ麺ばくだん屋いったりと相変わらず喰った記憶ばかりが残ってます。←おいっ(汗)

Dcf 0585

平和記念公園。
身が引き締まります。

争ってる方々、覚えていますか?



素晴らしい言葉との出会いがありました。

新聞で読んだ、オリンピック直前にケガで悩むハードラー為末選手の言葉です。

「修業とは理不尽に耐える事である」

素晴らしい言葉だなぁ。

感動しました!ありがとう為末選手。

今日はここまで。

投稿者 burtman : 13:37 | トラックバック

2008年5月14日

ババヘラ

あぎだに来ておるんてが。

Dcf 0572

なんと稲庭うどん生めんバージョン頂きましたス。べがり美味。

地ビールも最高「川反ラガー

Dcf 0568

それより何より、ババヘラっていう食べ物があるんです。

↓見てください。

Dcf 0570

ただのアイスに見えるでしょ?

なんでババヘラって言う名前かって?

ババァーがヘラで作るアイスだから「ババヘラ」だって!ひどいよね(笑)

でも、ババヘラの元祖のおばあちゃんが楽しそうに教えてくれたんだから・・・まぁいいのか(笑)

Dcf 0571


本荘に向かう時は日本海沿いを通ってきました。

Dcf 0566-1

日本海沿い好きなんだなぁ。

風景が・・・冷たくて、悲しくて、壮大で、神聖。

道端に生えている草なんかも九州とそれとは違って、線は細く背も低いがたくさん寄り添って生えてる。

のびのび生きてる感じがしない。ほんと木や草、岩とかが点在してないんだよね。「ある」か「無い」。

逆に「生命」を感じますよ。ホント。

全然関係ないけど、そんな海を見てると鈴木祥子さんの「帰郷」という曲が浮かびます。

いやーいつまでも眺めていたいなぁ・・・

巨大な風力発電機

Dcf 0567


そうそう、先日書いた日記を読んで頂いたおかげで、たくさんセミアコ情報頂きました。ありがとうございます。

10年前30万以下で売ってたES-335も今や店頭価格で100万。

同じく10年前60万で買えた1960年製ストラトはいまや400万ですよ(笑)

この10年の高騰ぶりは最近のガソリン所の話じゃないですよ(汗)まぁガソリンも笑えないけど。まぁでも古いギター好きだからしょうがないけどー。

ちょっと話戻して。

色々と良い情報頂いたので、ひとまず来週神戸〜姫路に行った辺りの移動日使って一人大阪の楽器店を回ってみようと思ってます。

でも、まだまだ情報あれば是非教えてくださいまし。よろしくお願いします〜!


現在、新しい企画に動いてます。

以前どこかで誰かに聞いたのが仕事の大前提として「まず自分が誰かの為に出来る事をやりなさい」っていう言葉で、人の為?・・・ってずーっと考えてたんだけど、なかなか答えを導き出すに至りませんでした。

でも、数日前にこれなら自分でも無理せず、もしかしたら誰かの為に役に立つかも知れないと思った事があるんで善は急げ!急速に動いております。

僕がスーパースターなら色々もっと出来る事も、何かやっても影響力も多いんでしょうけど(笑)自分の生活を脅かさずに出来て、自分のキャラにあってて、最悪自分だけでも責任をとり続けて行く事が出来る事となるとかなり限られてくる。

音楽の仕事も極端な言い方をすれば「自分を必要としてくれるアーティストの為に」もしくは「必要としてくれるファンの為に」精一杯やっているわけですが、もし時代や時の流れによって自分を必要とする人がいなくなってしまえばそれは成り立たないでしょう?

まぁそうなったら寂しいし、そうならないように努力もしてますけど、おじいちゃんになってしまったり、病気になってしまったらこの仕事は出来ないかもしれない…だから、そういう時代や年齢に左右されない、人生を通して自分に出来る事を考えてました。

というわけで、まだ詳細は明かせませんが、6月の中旬にはこのHPでスタート出来る事を前提に頑張っております。楽しみにしててください。

では、今日はここまでだス。

投稿者 burtman : 23:49 | トラックバック

2008年5月10日

ウロウロ

Dcf 0566

今日は鎌倉で仕事でした。

その前に朝から都内をちょっとウロウロ。

YAMAHAにいったり、ギター屋いったり。そうそう!ヴィンテージのセミアコ探してるんです。

あ、良い情報あったら是非教えてください。GibsonのES-335,345,355辺りの60年代製で、パーツ変わってても良いから木部に故障が起きてない物で、安かったら是非教えてくださいね。最近高ーんだよーまったく。

そしてコンプが見たくてとある店に。

そしたらなんと、コンプとは全く関係ないが以前から買おうと思っていたパッチベイが(写真最下白箱)1,980円!!!普通1万ちょっとくらいなのよ!やっすっ!。思わず買ってしまいました。

そんなこんなで気分良く会場に行く(←単純明快)
でも先日から起こっている事件で、折角の良い気分が台無し。

それは、機材帯電絶頂パチパチパニック

もーあっちこっちで、パチパチビリビリ。しかもスピーカーからはジーーーーーガーーーーープンプンプンと機材の何を外そうが、何を繋ごうが不可解なノイズが大暴れ。

シールド繋ぎ直してアコギサイドが治れば、今度はギターアンプが叫び、全部うまくいったかと思ったらマイクやらギターやらがパチパチパニックで痛くて触れない。

いやー会場によってこういう時たまにあって、何が原因か分からないが電気系統に問題がある時は、必然的に電気をいっぱい使うギターリストは冷や汗もンですよ。

もしもし?何がおかしいの?

って聞いても答えてくれないからなぁ・・・電気は。大元が悪いのか、その途中が悪いのか・・・そんなことゆっくり調べてたらいつまでたってもコンサート始められないからねぇ。こういう時はいつも苦肉の策ですよ。

シンプルイズベスト

しかもこんな事がある度に、普通の使用なら問題なくても、ちょっとした異常くらいで悲鳴を上げてしまった機材は一つずつレギュラー落ちを迫られるのです。ここら辺はシビア世界ですね。

やーそれにしてもまだ体がパチパチしてる・・・

というわけで、狂はここまで。パチッ。

投稿者 burtman : 02:42 | トラックバック

2008年5月 4日

Golden Weeeeeeeeeeek!

Dcf 0564

渋谷に行くと、すっごい人の量で驚きました。人・人・人・・・溢れかえってました。

でも、ちょっと離れると・・・道はがらがら。いいね〜GWはこれだから。
都内が昼間スイスイ進むので嬉しくなってしまいますね〜。
初期不良起こしてた828mk3を返品しに出ただけなのに、思わずウロウロしてしまった。

都内をぶらぶらしながら、しらいしくんのアルバムについて考えていて、やっぱし色々事情はあるにしろ、過去の音作りに色々思う所があって。

やっぱり今回は過去の2作とは圧倒的に違うものにしたくて、なんかざらっとした質感と言うか・・・僕の好みで言えばHi-FiやLo-Fi至上主義ではなくて・・・曲にまずあってる事が大前提だけど、結果的にどちらもうまく融合しているのが良いと思っているんで、打ち込みも使いつつも全体の質感やバランスをもっと変えたいなと。

そんなこんなでFender Rhodes探したりUreiやらハード音源なんか探してて・・・ふと我に返ったんだが。

俺、昔レコーディング機材の事とか全く興味なかったのに!!!

かなり昔、鈴木茂さんのインタビュー読んでて、「このリミッターを2ミックスに通すだけで曲全体の質感が良くなるからこだわって使ってる」とか言うようなレコーディングの機材の事をいってて、「ギターリストなのに全くギターの機材話をしない!」って不満だったなぁ(笑)今になってそんな若かった自分に後悔。

ギターでもレコーディングでも、「音」いじってんのが幸せなんだな。

響はここまで。

投稿者 burtman : 12:56 | トラックバック

2008年5月 1日

U-Chi-A-Wa-Se

バートマンです。
今日は淡々と日記を書きます。

Dcf 0563

仕事の打ち合わせしました。
表参道にある場所で(写真参照)
ここは福井のお店が集まっている場所らしく・・・でもなぜこんな高級な土地表参道に・・・という気はするが、なんともまぁ素晴らしい空間。

しかも、むちゃくちゃ美味かった〜とくに「へしこ茶漬け」。
とはいえ、真剣に仕事の話をしながら食べたので、うんま〜〜〜い!!!とかリアクションしてほっぺたを落としてる暇も無く、話の合間に淡々と食べたが内心これほど美味しい物があるのかと言うくらい実は感動してた。

ただ、うんま〜〜〜い福井の料理もかなり熱かったが、それにもまして僕らが仕事の事についての話し合いの方が断然熱く、なんとまったく話途切れず5時間話し続けた。
もちろん音楽の仕事についてだが、男二人でこれだけの熱い話が出来るんだから良い物が出来ないはずが無い。
まだ先の事なので今日はこれくらいしか話せないが、詳しく話せる日が来る事を楽しみに待っておいてくださいな。

もちろんそれだけ熱い話をしたわけだから、終電なんか当たり前のごとく逃していたので、今日話した色んな話を思い返しながらテクテクと歩いて帰り始め、もう少し行ってタクシー止めよう・・・もう少しと思っているうちにいつの間にかに多摩川に辿り着いてしまった。

都内から車での仕事帰り、多摩川を渡ると「ああ川を越えたら今日の仕事もこれで終わり」と心に区切りがついてなんとも爽快なんだが、今日初めて誰もいない暗闇の多摩川を徒歩で渡ったんだがこれもまたおもしろくて、水面に映る月あかりと歩道側を走る暴走トラックの怒号が異様な雰囲気の所為か、普段感じる事の無い興奮か不安かわからない気持ちが湧き上がったので、キョロキョロと誰もいないのを見計らい大声で叫び、気を振り払ったらなんだかスッとした。

川を渡ったら、あ、ここまで来たら歩いて帰ってしまったほうが良くないか?と思うようになり、とうとう川崎の自宅に着いた頃には空はしらけきってしまった。

家に着くと、自宅スタジオの為に買ったばかりの828mk3が封も開けられず部屋に転がっていて、それを見てなんだか充実しているんだなぁと変に感心してしまった。
現状を作ってくれている全ての人に感謝。

今日はここまで。

投稿者 burtman : 08:04 | トラックバック

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »