« いやー色々壊れてくれますねー。 | メイン | 久しぶりに »

2007年6月22日

憧れのドラマー

今日、昔から好きなドラマーの一人。

林立夫さんにお会いしました。

紹介してもらって握手して、ちょっとお話出来て嬉しかったなぁ。。。

あのタイムがながーーーーーーーーーーーーーーーいリズムはこの手が生み出してるのかーってちょっと長めに手を触っちゃった(笑)

キモいね俺(笑)

昔から特にドラムって大好きな楽器。

彼らが良くないと、バンドは絶対よくならない。

昔は勘違いして、メトロノームのように、テンポをキープする役目だと思っていたなぁ(笑)馬鹿だったよなぁ(笑)

テンポ感は演奏者全員が鍛えるもの。

ギターだって、ベースだってプロはみんなテンポ感完璧なんだ・・・ってことを知るのはかなり大人になってからでした。

ドラマーは指揮者なのです。

曲の展開を作っていく人。

ドラムが好きだから、研究してこだわってるんで、そこらのギターリストよりドラマーに厳しいかも。

ホント昔から好きだったので、国内外関係なくアーティストがメーカーと組んでやってるドラムクリニックにも通いましたよ〜。

会場に行ったらすぐに一番後ろを陣取って、かじりついてGrooveの説明や腕のフリなど見てメモ取るっていうドラムに勤勉なギターリスト・・・(笑)

そしたらあるクリニックの時、その時の先生「そうる透」さんがスタッフを呼んで、僕の真剣なまなざしが気に入られたのか、一番前のど真ん中に座らせてくれた事あったな(笑)

会場にたくさんいたアマチュアドラマーの注目の的だし・・・どうしよーーーーー叩かされたら・・・ってガクガクだし、すげーそうるさん俺に向かって一生懸命説明してくれるんですが・・・緊張で記憶がありません(汗)

そんなこんなで、話それちゃいましたが(笑)ホントにドラマーにも色々タイプはありますよね。

僕はシンプルで、サスティーン(音価)をコントロールしていて、ダイナミクスが豊富なドラマー全てMy Favoriteです。

もっともっと知りあいたいなぁ。良いドラマーと。

投稿者 burtman : 2007年6月22日 01:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.burt-man.com/mt-tb.cgi/75