Information
インフォメーション

Profileとはまた別に現在の活動状況のまとめ

続きを読む "インフォメーション"

Information
エンラージメントトレーニングスタート

スクリーンショット 2017-04-26 22.48.58.png

動画+テキスト配信レッスン「エンラージメントトレーニング」


1週間に1つの課題をクリアという誰にでもできるトレーニングで絶大な成長効果が現れ、ミュージシャンとして生まれ変わります。

多様な要素が入り混じったギターの演奏を、分解し、個別にトレーニングし、目的への最短距離に向かうので、初心者から上級者までレベル問わず楽しんでいただけます。

多くのアーティストを育て、現在もメジャーアーティストのレッスンを行っている末松一人ならではの動画レッスン。楽しんでスキルアップしてください!
メルマガ登録・解除

Information
1st Solo Album ご予約受付中!!!

Kazuto Suematsu 1stアルバム情報!

2018.8.Release(予定)

1st Album
「Curlously Twisted Soul」

CuriouslyTwistedSoul.jpg

全10曲収録

収録曲(予定)

1. Ah! Ah! Ah!
2. Comedia
3. Upper North Shore
4. Curiously Twisted Soul
5. Flock of Birds
6. Fight for Your Right
7. この夜の果て feat. 秋元武、稲葉政裕、奥本亮
8. Tokyo Rose
9. The Beef feat. Oz Noy
10. Summer Garden Snake

フィーチャリングアーティスト→Oz Noy、稲葉政裕、秋元武、奥本亮、Dr.kyOn

ご試聴は

Curiously Twisted Soul
は僕のHPトップのmp3プレイヤーで聞けます。
http://burt-man.com/

この夜の果てのデモ(フルバージョン)は
Ocean Blvd.のページで聞けます。
https://ocean-blvd.jimdo.com/

アルバム冒頭を飾るAh! Ah! Ah!は
エンラージメントトレーニング受講者に送られる映像冒頭で聞けます!
http://www.mag2.com/m/0001679256.html

New MV "この夜の果て feat.秋元武、稲葉政裕、奥本亮"公開!


1st ソロアルバムCuriously Twisted Soulは、
すでに予約開始しております!!!

BASEショップ
https://burtman.thebase.in/

もしくはこのHPの
Webshopから

ご予約お願いします!

2018年3月21日

当たり前の事をまず徹底的に調べる事からやるべき

最近、アマチュアもプロも含めて後輩から音楽的な進路相談みたいなことがよくあります。

こんなこと生徒以外に今まで無かったんですが、頼られてるのかな俺、、、照

冗談はさておき

やっぱりこの先どう動いていいのか、どういう活動をしていけば良いのかとか、色々この先を悩んでいらっしゃる方が大勢いますね。
まぁ正直見えないものは不安しか無い。僕も確かに不安。

で、早速答えから言いますが、結局の所そういう人達は全員

《当たり前のことをまずひとつもやってない》

ってことですかね。

まずはライブでしょ?SNSにフライヤー作りにHPはもちろん、SHOWROOMやYoutubeやライブ配信、音楽機材設備投資、友達作りのパーティや、自分の教材作り、練習、レッスン受講などなど。ただ思いつきで書いただけでもこれだけあります。ネットで調べれば、3日もあれば誰が何をやってるかなんてすぐに分かりますよね。まずは当たり前に人がやってる事を調べて自分もやってみるわけです。

これをいうと必ずその中の、どれをやるのに向いてるか分からないとか言われるんですが笑

《全部やりましょ》

笑笑笑
何に向いてるかなんて貴方に分からないのに、僕に分かる訳がありません。
1週間くらい一緒に暮らせば個性くらい分かるかもしれませんが、そもそも絶対不可能でしょう笑
自分を知るには、まずは行動。外に出て行かなきゃわからない。人と出会って、貴方ってこういうの好きだよね!とか言われて、自分を知ったりする訳です。

まずは誰かが作ってくれたレールを歩いてみて、発信するって事はどういう事なのかやってみないと分からないですよ。
全部やってみると得手不得手が分かってきます。そこから自分にとって、あれ?なんか簡単にいい結果が出せた!ってものを探しましょう。
それが貴方に向いてる事です。


IMG_7479.JPG

そんな僕だってSNS色々やってます。

まずは写真や映像媒体での発信
僕のインスタグラム
こちら

こちらは文字媒体での発信
無料メルマガ「末松一人のHPにゃ書けない話」の登録は
こちら

Kazuto Suematsu Band FBページは
こちら

なぜか日本人は大人になると、趣味は習いにいっても、本業は習いにいかない。不思議だなぁ。
僕の好きな世界のトッププロは、今でも今日も明日も習ってますよ。
僕が監修している音楽教室は東京、名古屋、福岡で素晴らしい講師陣がレッスンしています。詳しくは
こちら

僕も色々やりつつ、良い結果が出ないなと思えば辞め、また新しい事を始めてます。

少しでも僕を応援してくれる人に、楽しかったと思って欲しいしね〜。

がんばりましょ〜お互いに。

この記事へのリンク

2018年3月19日

永山恵理さん

ライブも着々と日程が近づいています。


20180303.png

今月はもっと外に出てライブする予定だったのですが突然のキャンセルが重なり、また突然のアルバム制作が舞い込んだりで、家でずーっと作品作っております。

せっかちなんで忙しくなってくると、イライラ、ゴールに向かってまっしぐらって感じになりがちなんで、出来る限り変なことしてにやにやしてリラックスしていようと思っているわけですが、楽しむ為に自分のした失敗につっこんだりしているうちにだんだん独り言が増えますね笑。一人で作業している姿は誰にも見せられない笑。

そんな中、3月30日に控えておりますライブの打ち合わせもネット上で進んでいますが、永山さん普段弾き語りが多いから、フルバンドでやるのを凄く楽しみにして下さっていて、なんとご自分のレパートリー山ほど資料を送って来て下さいました笑笑

多分全曲やるとお一人で3時間強ほどのライブが出来るかと笑。
今回はそれやって頂くと僕らの出番がなくなるので、ちょっとセーブして頂きますが、ぜひ、いつかやって頂きたい!

でも、そんなに楽しみにしていてくれて、ライブに力入れてもらえて、アー生きていて良かったーってくらいホントに当日が楽しみです。

頂いたサンプル音源を聞くと、とてもオーガニックというか、アーシーというか、ただただキャッチーさを狙った音楽じゃなく、パソコンで作られた音楽ではない(パソコンで作れる音楽を否定している訳ではないですよ!)テンポもかわりまくり、音量もかわりまくり、魂にただただしたがって作った栄養たっぷりな歌と音。

せっかくですから、それを最大限に堪能して頂けるアレンジもほどこしました。
ぜひ、楽しみにしていて下さい♪

3/30日のご予約はこちらから!!!

http://kazutosuematsu.cart.fc2.com/ca6/11/p-r-s/

この記事へのリンク

2018年2月23日

ソロアルバムへの道3to10

というわけで、悩みつつ初の自分の音楽を世の中に出した訳ですが、サポートという仕事をやっているせいか、やはり誰かの為とか、きっかけの為に作るのは、非常にアイデアが出るのが早く、魂がこもるというか、やはり情熱に勝るものはないということなのかもしれませんが、人生初苦無く音楽が作れた瞬間を味わいました。

そこで、ちょうど某海外ギターリストのソロアルバムに出会って、、、実はその人ギターは超うまいんだけど、アルバム自体はほぼ好きじゃなくて(本当に好みの問題)珍しいくらいちょっと意味が分かんなかったんですが、その方がアルバムを作ったときのコンセプトをしゃべってる動画を見つけ、あまりに意味が分からない理由を探りたくなってじっくり見てみたら、「映画のサウンドトラックの様な音楽を目指した」っていうわけですよ。

これが急にピンときて、Upper North Shoreのように忘れられないシチュエーションや、ドラマのような出来事なんかに、音を付けるとしたらどうするだろう?
ってワードが出て来て、逆に言えば、インストを聞いているときは、僕は映像がみえているような感覚に落ちているのですよ。

広大な草原や、海の中に落ちていく様な音だったり、煙モクモクのクラブを奥に奥に行ってる様なのとか。
もちろん映像は見えないけど好きって音楽もありますが、映像が見えるような音楽は大好きなんです。
どこで聞いていても、これいい!って思ったらすぐかけてるひとにこれなんですか?って聞いちゃうくらい。

ということで、ここでコンセプトがやった固まったわけです。
もちろん、歌詞があれば、歌詞の背景に見える映像に合わせよう。
インストは、見える景色に合わせよう。
それがなにより自分の個性。

前は、Jazzにするかなとか、Rockじゃないとダメだろとか、聞く人に関係ないもの沢山考えすぎてた笑。
僕は僕が感じるものにすれば良い。
Just Music
その人が書けば全て良い音楽な訳ではない。
そのジャンルだったらいいわけではない。
何にも属さない。その曲だけが全て。Just Music
以前習った言葉ですが、ずっと大切にしていて良かった。
コンセプト持たなくとも、一曲一曲大切に作っていって、ジャンル分け出来なくても良い、良い音楽だと思うものをひたすら作れば良い。 そんな境地になりました。

IMG_5500.jpg

そんなわけで、構想15年というか実力不足15年。やっとソロアルバムのデモが、2018年1月25日出来上がりました。
ほとんどの記念日を忘れてしまうけど、この日は僕にとって忘れられない一日となりそうです。

この日はさすがにシャンパンを盛大に開けてしまいたい気持ちでした。
その気持ちが抑えられず笑、必要ない量のCD-Rに盛大にデモを焼き笑っておりました←

この日から、車で移動時に聞いてはニヤニヤし、電車でイヤホンしてはニヤニヤし笑。
こんな良いアルバム世の中に無いだろうって自画自賛しちゃうくらい←
でも、ちょっと聞かないとサウンドを忘れてしまって、アルバム出すの怖いなって思ったり汗。  情緒不安定か笑。

IMG_5850.jpg

そこで、ちょっとMusic School Bambooを通じて素晴らしい出会いを頂き、Eric ClaptonPhil CollinsPeabo Bryson などと共演しているRyo OkumotoさんにTruffle Shuffle(Bamboo Shuffle)聞いて頂きました。

そしたら、とりあえず音を送って下さいって連絡が来まして。
音と一緒に是非初期ベックグループのようなインストだけどスッキリ感ゼロ、ロックのパワーも兼ね、でも宇宙まで逝っちゃってるソロをぶちかまして下さい!ってメッセージを付けて写真の用にファイルをまとめ、Los Angelsまでファイルをお送りしまして、、、あらら、、、その後数日返信が無い。

そしたら3/4名古屋のホテルでライブに出かける用意していたら、メールにピコン!とRyo Okumotoの名前が!

うーっ。どうしよう、ライブ前で落ち着いてないし、iPhoneのスピーカーで聞くのやだなぁなんて思ったけど、やっぱり聞かないっていう我慢が出来ず、ベッドの上でiPhone握ったまま聞いてみた。

どらすごいが!

思わず名古屋弁でいってしまうほど、ハイパーでスペーシーでイキきった演奏に

「これは凄い!鼻血もんです!」

ってメール送ったら、

「こちらも血まみれで弾いてます」

って最高の返答!!!笑笑笑
そんなわけで、誰かに聞かせたい病発症して、いてもたってもいられず、Truffle Shuffleを名古屋タイトロープさんで演奏予定だったので、MCの際にiPhoneスピーカーをマイクにあてて、送って来て頂いた音源を来ていた人みんなに聞いてもらいました笑

これからもこんな風に、縁も所縁もあったり、こっちがラブコールした方等、色々入ってもらいたいと思っております。

そのアルバム【Curiously Twisted Soul】すでに事前予約がはじまっております。
別名ひとりクラウドファンディングとも呼んでおりますが、これからアルバム発売まで、一緒に作る気持ちで見守って頂けたら嬉しく思います!
ご予約はこちらから。
http://kazutosuematsu.cart.fc2.com/ca0/13/p-r-s/

この記事へのリンク

2018年2月20日

点と点が線となり

先にちょっとご報告なのですが、メルマガ「HPには書けない話」、動画配信「エンラージメントトレーニング」をはじめ、FBページKazuto Suematsu Bandページ、インスタ、ツイッター、SkypeにLinkedinなどなど、SNSを通じて僕の活動が少しでも皆様の目に触れる様にと運営して参りましたが、やりまくったおかげもあり点と点のつながりが見えてきましたし、少し一カ所に整理していきたいと思っています。

もちろん個人のHPや、FBは継続しつつですけどね。
もう少し分かりやすくなっていくと思われますので、ちょっと再登録等、お手数かけてしまうかもしれませんが、お付き合い頂ければと思います。
また正式アナウンスいたしますので、チェックしていただけたら幸いです。

  IMG_5735.JPG

今メインで使ってるボトルネック、壊れたらどうしようと心配だったので、新たに作ってみました。
ちなみに既製品も10本以上持ってます。でもやっぱりワインのボトルじゃないとダメ。

今回は選びに選んで、LACRYMA CHRISTIのボトルで。
そう高くないのに、おいしかったこのワイン。
音はもちろんばっちり。予備を作れてホッとしました。

IMG_5738.JPG

前から気になっていたこちら。
カフェオーレだっけな、、、ま、トランスが入ってるってことなので、D.I.みたいなものですね。
音が変わります。
これは好み次第かなぁと思いました。僕は結構好きです。
レコーディングに使っていきたいと思います(予想)

この記事へのリンク

2018年2月16日

ROZEDDA イベント(名古屋)

詳細後日

ROZEDAイベントに、自分のグループで参加します。

<日程> 2018年3月4日(日)名古屋タイトロープ

TIGHT ROPE TEL052-242-8557

E-MAIL mail@tight-rope.info

続きを読む "ROZEDDA イベント(名古屋)"

この記事へのリンク

  1 ...   2  3  4  5  6  7  8  9  10  ... 269