2019年11月20日

Smooth Ace Live

201911201722.jpg

2019年12月18日(水)

開場 18:30 / 開演 19:30


会場:代官山 晴れたら空に豆まいて


出演:Smooth Ace<重住ひろこ[vo]、岡村玄[vo]>
   

ツヤトモヒコ[vo]、星野みちる[vo] 、末松一人[g]

チケット: 前売 ¥4,000(税込) / 当日 ¥4,500(税込)(共に1ドリンク代600円別途)


✳︎整理番号順入場
前売チケット:10月26日〜予約受付開始
メール予約 0:00〜 / 電話予約 15:00〜 (初日のみメール予約のほうが整理番号が早くなります)
>>>>>メール、お電話でのご予約方法はこちら

お問い合わせ: 03-5456-8880【15:00〜22:00】 info@mameromantic.com


この記事へのリンク

末松一人生徒発表会

ライブ経験のある優秀な生徒4人による、発表会を行いました!!!

image1-8.jpeg

会場は、満員を超え、はち切れんばかりの状態で、ほんとに席が少なく申し訳なかったのですが、お客様も応援しているお友達だけではなく、すべてのアーティストを見ていただいた上に、すごく楽しかったと言って帰っていただけたので、僕もやって良かったなぁと本当に安心しました。

出演者4人ともとてもよく頑張ってくれました。レッスンの中では、自分の歌を体現することに、若干照れもあって、少々心配な気持ちもありましたが、みんなステージに上がってしまえば、しっかりとパフォーマンスできておりました。

また、ミュージシャンの入れ替わりの時に、プチ発声練習をしましたが、皆さんお上手で、音楽好きな人が集まっているんだなぁと嬉しかったです。

また来年同じ位の時期にやれたらなぁと思っております。さらなる成長ぶりを皆さんご期待ください。

僕が主催するMusic School Bambooでは、長年の経験をもとに培ったカリキュラムを使い

「より早く、より簡単」

に実力アップできることを第一目標にレッスンを日々行っております。

例えばサッカーボールが、鉄球でしたらあなたはサッカーをやりたいと思ったでしょうか?

歌や演奏と言うのは、日常生活の中では全く行わない行動をするわけで、そこには見えませんがかなり高いハードルがあります。
これをほとんど見えなくなるほどハードルを下げてあげるのがレッスンじゃないかと思っています。

どんなことでも、全く歯が立たなければやる気は起きません。でも、簡単に進む事が出来れば、やる気はどんどん湧いてきます。
心配しないで下さい、いくら簡単でクリアしていけても、音楽の可能性は宇宙より広いですから。

そんな簡単にクリアするノウハウを、講師陣で共有し、レッスンを行っているのがMusic School Bambooです。

ご興味のある方は、下のURLからご覧ください。
https://www.music-school-bamboo.net/

この記事へのリンク

2019年11月 7日

11月12日末松生徒発表会

11-12.png

2019年11月12日に末松一人の生徒の中から、選りすぐりの生徒4人を集めまして、ライブが行われます。

生徒をサポートするバックミュージシャンは、売れっ子のリズム隊、村田悟郎さんと、木村光学さん。当日は末松もギターでサポートします。

ジャズやフュージョン、ポップスまで、様々な楽曲をご用意しております。

ライブの中ではミニコーナーとして、だれでも「音痴」が治る方法など体験レッスン的なことも用意しておりますので、ぜひ皆さんお友達を誘ってご来場ください。

末松一人生徒発表会

出演田中紀行梶谷俊介樋渡智美エネゴリ
11月12日(火)Open 19:00 Start 19:30
場所Music Bar Circlehttp://musicbarcircle.com
ご予約はこちらから http://kazutosuematsu.cart.fc2.com/ca6/15/p-r-s/

この記事へのリンク

2019年10月30日

FUJIYAMA GEISHA CUSTOM CLASSICS

久しぶりに、自分のモデルのギターを作ってもらってまして、チーム末松モデルとして制作が進んでおります。

というわけで、途中経過が入ってまいりましたのでご紹介します

image1.jp2

FGCCと言うメーカーで、メタルトップのギターなんですが、普通のメタルと言うと、アルミニウムが普通なんですけども、アルミニウムは音があんまり好きになれずに使いませんが、このメーカーの凄いところは、他のメーカーではとてもじゃないけど高額すぎて使えないステンレスを使っていると言うことが特色です!

一応、今メインで使っているのは、世界初のブラス(真鍮)トップのギターなんですけども、これがまたとても金属だと思えない位暖かい音がするわけですが、スーパーロングサステインのステンレスも使ってみたいと思って今オーダーかけています。

どんなのが出来上がってくるでしょうね?楽しみです。

ちなみにYouTubeにも動画をアップしてますので、ご覧くださいね!


この記事へのリンク

2019年8月18日

まじめな話なんでスルー推奨2 自分の人生を生きましょう

前回は機材のことを書きましたが、またまたちょっと違う方向から書きます笑

僕を含めおじさんたちは、ギター音楽黄金時代の音を最高とし、いまだにあーでもないこーでもないと言っております。そしてみんなそんな音を出すべきだと言わんばかりに、インターネットも本も書いております。

だれが、何いってもいいんですよもちろん。言論の自由はあるわけで、勝手に好きなことを言えばいいんです。

ただおじさんたちが、自分たちの好きだった音楽に近い音楽をやる人を、やーーーーーたら褒めるのはいかがなもんでしょうね?
時代はどんどん変わっていくと言うことを前提とすると、なんとも保守的で、その餌食になった子たちはかわいそうな気もします。これはあくまで僕の意見ですけどね。

ギターの場合、初心者はもちろん、駆け出しの頃って、そういったおじさん情報に頼るしかないので、そういう情報を聞き続け美学を覚え、自分の好きなスターを見つけ、その人と同じギターを買い、その人と同じ機材を使い、その人の発言や趣味嗜好まで真似て人生まで似せようとしてしまう人も少なくないはず。

ある意味、新興宗教と同じように、ツボを買えば、水晶を買えば、自分の人生が豊かになるんではないかと言う、幸せを願ってのことで悪いこととも言いにくいですが、とても妄信的な考えに陥るんじゃないかと笑笑笑

インターネット上をちょっと見渡せば、簡単に見つかると思いますが、海外スーパースター風の人たちはたくさんいますし、心底惚れ込んだ先輩や先生と「全く同じギター」「全く同じ機材」なんて人も少なくないんじゃないですかねギターの世界は。

でもね、ここでやっと最初のテーマに戻ってくるわけです。
その人が誰が好きであろうが、共演してるミュージシャンにとっては関係ないんですよね笑笑

もちろん主役が自分であれば、、、例えばEric Claptonや、ジョー・ボナマッサみたいな、ギタリストが主役である音楽をやっているんであれば、共演者にも給料払ってますから、誰も文句言わないと思いますが笑

まぁこの日本、見渡した限りそんな音楽をやってる人は1人もいませんもんねぇ?笑

なのに、どこいっても、だれとやってもおかまいなし、、、俺はこうなりたい!!!って思いが強すぎて、煙たがられるのがギターリスト!ってわけです(自責の念を込めて)

今はインターネットのおかげで、すべての楽器がスター選手を輩出し、全ての楽器が今までないほど盛り上がっている時代だと思います。だから1960年代位から始まったギター至上主義のような音楽シーンはかなり縮小してるんです。その事実を受け入れ他の楽器と共存していくことを模索しなければいけない時代じゃないかと思い、、、ませんか?笑

お互い頑張っていきましょうギターリストの皆さん笑

なんでこんなことを書きたくなったかと言うと、面白い出来事を見てしまってですね。

とても素晴らしい経歴のアーティスト

と、

楽器は全然上手じゃないけど、でもこの人たちしかこういう音楽やってないよなぁ

みたいなバンドが、同じイベントに出て同じギャラをもらってたりするのを見ちゃったんですよ。

オリンピックでもありますよね。この競技は選手層が浅いので、初めて2年くらいの人が出れちゃうみたいな感じ笑

いやいや、人がやってない事をやれば、それが正解と言っている訳ではありませんよ。

音楽に限らず、どんなことをやるにも、どうしても最初は誰かを参考にしなければやれません。

でもね、素晴らしい先輩ギターリストも言っておりましたが、1番大事なのは、自分の人生を生きるってことです。

僕はスパム君と出会ってから、それをより強烈に痛感させてもらい感謝してます。

人に憧れたり、真似したりするのはもちろん僕もそうでしたけど、僕に降りかかっている難儀を憧れの人が攻略の方法を教えてくれる訳もありません。

だから、僕は逃げずにたくさん悩みましたよ。僕はポップスの仕事がしたいのに、なんでこんな11/8拍子の難しい曲を練習せなあかんねんとか笑

俺、5秒に1回位しか音出さない位ゆっくりのギターソロしか弾かないのに、1秒100音くらい弾いてるヘビーメタルの仕事がきたんですけどどうしましょ汗、とかね。

その難儀こそが、自分のスタイルを作ってくれ、人生を太くして強くしてくれるような気がします。

おかげでどんな仕事が来てもそんなに強くなくなったし、ベースだってその延長上みたいなもんで、必要だからやるみたいな感じですっとやれましたしね。

本当に沢山の人に出会い、磨かれたとはこういう事でしょうね。もちろん僕よりさらにさらに沢山の人に出会った人は、比べ物にならないくらいピカピカなはず。

と言うわけですごい長い文章になりましたが、雑誌や先輩のアドバイスはあくまでも初心者用。あまりに聞きすぎると自分の行くべき道を見失うと思います。僕も生徒や後輩には手法や手順、あと人としてどうなのそれ?以外は、言わないようにしています。

理解されるまで時間はかかりますが、人に憧れすぎず、自分だけの人生を大切にして、自分の難儀を喜ぶくらいの気持ちで、がんばることをおススメします!!!

この記事へのリンク

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  ... 283