Information
エンラージメントトレーニングスタート

スクリーンショット 2017-04-26 22.48.58.png

動画+テキスト配信レッスン「エンラージメントトレーニング」


1週間に1つの課題をクリアという誰にでもできるトレーニングで絶大な成長効果が現れ、ミュージシャンとして生まれ変わります。

多様な要素が入り混じったギターの演奏を、分解し、個別にトレーニングし、目的への最短距離に向かうので、初心者から上級者までレベル問わず楽しんでいただけます。

多くのアーティストを育て、現在もメジャーアーティストのレッスンを行っている末松一人ならではの動画レッスン。楽しんでスキルアップしてください!
メルマガ登録・解除

Information
1st Solo Album ご予約受付中!!!

Kazuto Suematsu 1stアルバム情報!

2018.8.Release(予定)

1st Album
「Curlously Twisted Soul」

4573106340081.MAIN.JPG

全10曲収録

収録曲(予定)

1. Ah! Ah! Ah!
2. Comedia
3. Upper North Shore
4. Curiously Twisted Soul
5. Flock of Birds
6. Fight for Your Right
7. この夜の果て feat. 秋元武、稲葉政裕、奥本亮
8. Tokyo Rose
9. The Beef feat. Oz Noy
10. Summer Garden Snake

フィーチャリングアーティスト→Oz Noy、稲葉政裕、秋元武、奥本亮、Dr.kyOn


続きを読む "1st Solo Album ご予約受付中!!!"


2018年11月28日

福岡ギターサミット2019

46513844_1911880155528505_2944372464215392256_n.jpg 46715767_2267656460187992_6118935285502836736_n.jpg
Taguchi Teiji Presents
Fukuoka Jazz Guitar Summit Vol.3

2019年1月19日(土), 2019年1月20日(日)2日間開催

今年も呼んで頂けましたので、参加させてもらう事にしたのですが、、、今年はなんと2Daysとも参加という、、、ひえーな状況になってしまいました。
素晴らしきJazz Guitaristのみなさんと楽しんで参ります!見に来てね!

続きを読む "福岡ギターサミット2019"

この記事へのリンク

Kazuto Suematsu Live ~新春シャンソンショー2019〜

46709253_712639812442030_5014317255144505344_n.jpg

2019年1月17日(木)

ライブタイトル
「新シャンションショー2019!末松一人と、にゃんとバナナニードルと、エンドケイプのバナナートのあーっと驚くアートと技術。バナナの謎はまだ謎なのだぞ、みんなで書き初め大会!」

バナナートの第一人者エンドケイプさんを囲んで、バナナートに関連するアーティストが共演!音楽に合わせてエンドケイプさんもライブバナナートを披露するよ!書き初めもお客さんと一緒にバナナでやるよ!楽しみにしててね!

続きを読む "Kazuto Suematsu Live ~新春シャンソンショー2019〜"

この記事へのリンク

2018年11月26日

BSプレミアム ザ・フォークソング

46757627_1370175289784742_6628644515085287424_n.jpg46756603_1370175299784741_802902122617110528_n.jpg  

ザ・フォークソング
〜青春のうた〜

BSプレミアム
11月25日(日)午後11時20分〜午後11時49分
12月2日(日) 午後11時20分〜午後11時49分

ギターでマスターバンドに参加させて頂きました。

是非ご覧下さい!

この記事へのリンク

原田徳子LIVE

n2w2018.png

銀座ヤマハホール

2018年12月25日火

※末松の写真は掲載されていませんが、出演決定しています。

この記事へのリンク

2018年11月24日

またアップデートしました。

結構前は、とってもエフェクターの事が好きで、よく調べておりました。

今では20万以上するオーバードライブも、3台も持ってたりして、新旧関係なく名機という名機を揃えておりましたし、当時のエフェクターは古いものも含めて、ほとんど知ってるんじゃないかと思うほど、気が狂ったように調べておりました笑

今では、てんでサッパリです笑

きっかけは2つありました。

1つは内部コンデンサが劣化すると、新品とは音が変わってしまうので、古い物に歴史的価値以外はないと感じた時。

もう1つは、仕事のために機材まで同じく揃えて全く同じ音色に作り込んで行っても、僕の雰囲気や、機材の見た目で同じ音だと感じてもらえない事があった時です。

ほんと、、、アレ笑

それから、自分が持ってる中で、気に入った物だけを、自分の趣向に合わせ使いこなす事に、仕事全体をアップデートして、それからなんとかそのバージョンを好評頂けるようになったように思います。

僕の知ってる今のところの結論ですが、時代時代の音楽がある限り、最高の機材だからといったとこで、他人の音の記憶を追い抜けません。どんなに現代最高音でビートルズをやっても、誰も記憶にない音楽に聞こえるだけ。意味ないんすよ。もちろんやってる人も違うしね。

だから、自分の音でやりつつも、プロジェクトによっては古いジャケットを羽織ったり、ちょんまげをつけなきゃいけない時もあると知ってる感じで、機材選びが出来たら良いんじゃないかなと思います。

この記事へのリンク

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  ... 278