2007年1月23日

buRt-manの機材レビュー

さてさて、では、第2回は。。。

ギター達を。

ギターもかなり使ってきましたよ。以前のHPには機材のリスト書いておりましたが、うっとうしいなと止めちゃいました。今まで全部で何本くらい買ったかなぁ。。。トオイメ
そんなわけで、いろんな思い出も含めて書きますね。

Tokai Telecasterモデル

C0078027 1142313

写真は色違いのギター。俺のはシースルーブルーだった。福岡市の天神にあるLittle Wingって店で、中学生の頃おやじに買ってもらった初めてのギター。2万5千円。
ただ何も知らない末松少年は音がペケペケいうんで(テレキャスターは当たり前)「ロックじゃねー!」と手放してしまった(←あほ)
おやじごめん。
でも、安かったのに作りはさすがTokaiという感じで、今楽器屋で見かけると弾いてみるんだけど、音良かったんだよね。
Senで作られたボディーで、昔は国産も良いもの作っていたなぁと思います。

Orville by Gibson GoldTop Les Paul

Orville

高校に入学して買ったギター。これは20歳くらいまで持ってた。本当に音が良かった!
高校生の時コンテスト荒らしてて、Gibsonを持つチャンスが何度もあったけど、全然そんな気にならず「これでいい!」って断った。
今、Orville by Gibsonを弾いてもやっぱり良い音だと思う。現行品よりよっぽど良い音する気がするのは俺だけ?
俺のは、ネックが3回折れて、修復をあきらめた。3回目折れた時には幽霊が出て「どれくらいひどい?」と聞かれた(マジ)それ以来、楽器には命が宿ると信じて大切にしてます。

Vanzandt テレキャスターモデル

Vanzandt

これも持っていたやつの色違い。俺のはカスタムカラーで、グリーンスパークル。
ジャズを始めた頃に買ったギター。シリアル♯80というかなりの初期だった。
俺のがあまりに良い音していたので、まわりではめちゃくちゃ流行ってみんな持ってた。
しかし、♯100を超えたときから品質ががくっと落ちてしまって、初期以外はだめだめでした。

ただ、また最近品質が安定したみたいで、先日、最近のを触る機会があったんだけど、かなり良かった。機会があったら買いたいと思ってます。

この記事へのリンク | トラックバック (0)

buRt-manの機材レビュー

じょわったー
バートマンですか?

最近機材に関する質問があるので、聞かれた事だけに答えとるわけですが、実はそこにはいろんな楽器との出会い別れがあって、そこに行き着いておるのです。なので、全部伝えられないから勘違いを生むのではないかと若干心配。

なので、いままで出会い使ってきた楽器を中心に、1回に3個ずつくらい僕の個人的なレビューを書いていこうと思っております。今から購入と考える人は参考にしてみてくださいな。

ギターリスト専用ですね。いや、見て楽しめる人は楽しんじゃってください。

んじゃ、一回目は。。。アンプ

Matchless Lightning

Lg-112

まずはClass A回路という言葉を流行らせたMatchless。
立ち上がりの早いロックな音。クランチな音は最高。15wのLightningでさえ1000人くらいの会場サイズならPAなしでばっちり!というほど音がでかい。コントロールもシンプル!
もっと低価格で、安定供給してくれればいいのに。っていうかアンプ修理できるお店ふえてくれ〜!

VOX AD-120

Vox Ad120Vt Gr

Voxの血筋なのだが、本家のスモーキーな音質も若干残しつつ、色々な物まね機能を備えたデジタルアンプ。海外では賞もとった優れもので、しかも本家AC-30より全然エンジニアうけが良かった。本家は個体差がありすぎたが、これはちゃんと一貫してる。僕にとってはずーっと70点を貫ける一品。ー30点は減衰の最後がスムーズじゃない事。

YAMAHA F-100-212

F100

古くさい、ルックスださい、フェンダーの物まねのにおいがする、ソリッドステート、悪い理由をあげたらきりないが・・・しかし僕の現在ライブでのメインアンプ(笑)1台だけを。。。というわけではないけど、なんだかんだいって、このアンプをもう15年近く使ってます。

コーネルデュプリー氏、マイク・スターン氏、内田勘太郎氏などプロにもファンが多く名機と呼ばれております。音はすごく気に入ってる。使い込んであるせいか、とても甘い音色。
ただそれよりなにより、どこも壊れないのが一番素敵!

この記事へのリンク | トラックバック (0)

RYTHEM企画イベントライブ〜RYTHEM presents 「Acoustic PoP Vol.4」

公演日 : 07/3/20(火)
地域 : 東京都
会場 : SHIBUYA O-EAST
開場 : 18:00
開演 : 19:00
料金(税込): 前売/¥3,500 当日/¥3,800(ドリンク代別)
問い合わせ先 : SOGO:03-3405-9999
発売日 : 07/3/3(土)
備考 : Opening Act 有 / スタンディング全自由 / 整理番号付

発売方法:電子チケットぴあ<0570-02-9999>P-code対応NO<0570-02-9966>
     ローソンチケット<0570-084-003>
     イープラス<http://eplus.jp(PC・mobile)>
     CNプレイガイド<0570-08-9999>
http://www.fan-navi.ne.jp/rythem/

この記事へのリンク | トラックバック (0)

aimee charcoal ライブ

2月19日 

渋谷O-NEST

ATATAKA vol.26

aimee charcoal / Ao-Neko / Annarhythm /
Laff RHYTHM / Mama's Sleeptone

開場18:00/開演18:30

● 前売¥2.000/当日¥2.500 ● ドリンク別

http://www.aimeecharcoal.jp/

この記事へのリンク | トラックバック (0)

buRt-man Guitar Lesson

ギタースクール生徒募集中!!

もっとうまくなりたい人!
バンドやスタジオ&バックミュージシャンとしてプロを目指している人!
練習をもっとステップアップしたい人!
今からエレキベースを始めたい人!
初心者の方も歓迎します!

<個人レッスン中心のメニュー>
相談にのりつつ楽しく丁寧に教えます。
基本的に個人レッスンですが、特別講習としてゲストを迎えてのセッションや理論セミナー、プロのライブ&レコーディングの見学&手伝い等、楽しくてためになる企画盛り沢山です!

レッスン日及び時間は毎月月末に話し合って決めていきます。
(1レッスン50分×3回コースと、1レッスン80分×2回コースあり)

なお、体験レッスンも無料にて行っております。随時ご相談ください。

<受講費用他>
レッスン日の決め方
毎月都合の良い日を話し合って決めていきます。
基本的には、月末までに翌月のレッスン日を決定しますが、
月に2回ないし3回の受講が都合に合わない、月末に翌月の予定が立てられないなどありましたら、ご相談ください!

受講費 
月額10,000円(税込み、スタジオ代別)
※50分×3回コース、80分×2回コース、どちらも月謝は同額です。

入会金 
3,000円(税込み)

※初回は入学金+受講費+教材費で13,000円(税込み)になります。

<問い合わせ先>
club@burt-man.comまで

この記事へのリンク | トラックバック (0)

  1 ...   275  276  277  278  279  280  281  282  283