Information
インフォメーション

Profileとはまた別に現在の活動状況のまとめ

続きを読む "インフォメーション"

Information
エンラージメントトレーニングスタート

スクリーンショット 2017-04-26 22.48.58.png

動画+テキスト配信レッスン「エンラージメントトレーニング」


1週間に1つの課題をクリアという誰にでもできるトレーニングで絶大な成長効果が現れ、ミュージシャンとして生まれ変わります。

多様な要素が入り混じったギターの演奏を、分解し、個別にトレーニングし、目的への最短距離に向かうので、初心者から上級者までレベル問わず楽しんでいただけます。

多くのアーティストを育て、現在もメジャーアーティストのレッスンを行っている末松一人ならではの動画レッスン。楽しんでスキルアップしてください!
メルマガ登録・解除

Information
Kazuto Suematsu Band Live @ Drunkars Summit

IMG_6693.JPG

IMG_6692.JPG

2018年4月30日(月・祝)

‪18時00分開場‬ ‪/ 18時30分開演‬

Tight Rope電話番号
052-242-8557

【ご予約はこちら】webshopアドレス

http://kazutosuematsu.cart.fc2.com

Tight Rope
名古屋市中区栄4丁目3-15
丸美観光ビル
TEL:
052-242-8557

前売り/ネット2,500円

Information
Kazuto Suematsu Band Live @w.jaz

0506Flyer.png

5月6日ゴールデンウィークの締めに遊びに来て下さい〜!

今回は大好きなギターリストTsuyoshi.oさんをお招きして、久々にゴリッゴリにギターサウンド聞けるライブにしたいと思っています!

オープニングアクトに名古屋から来てくれるMasakiくんは、ゲストに超絶ギターリストKelly Simonz氏を迎え、末松がプロデュースした快心のニューアルバムの発売日ということで、素晴らしい歌と快音を聞かせてくれるでしょう!

<日程>2018年5月6日(日)

<時間>Open 18:00 Start 19:00

<会場>西荻窪w.jaz(東京)

<チャージ>ご予約2500当日3000

Kazuto Suematsu Band
Guest
Tsuyoshi.O

Opening Act
Masaki Ikeda 
New Album Call My Name リリースライブ

ご予約はこちらから
http://kazutosuematsu.cart.fc2.com/ca6/15/p-r-s/


2007年6月23日

久しぶりに

ギターの話ばかりじゃなくて、たまには仕事の話しもしてみましょ。

打ち合わせで、木下航志くんのプロデューサー&ベーシスト、名村さんに会いにいきました。

070622 223500
名村さんとの打ち合わせ。

名村さんは、面白いんですよ〜。別に笑わそうとしてるわけじゃないのが余計におかしくて、話してると笑いっぱなしになるんです(笑)

とはいえ、ボ・ガンボスをはじめ、鈴木祥子さんやキリンジなど数々の個性的なアーティストを手掛けてきた名プロデューサーなんですよー(尊敬)

今回は木下君じゃなくて・・・とあるアーティストの仕事をします。その打ち合わせでした。

これ以上言えないので残念ですが、楽しみにしていてくださいね。


そうそう、ここ1ヶ月くらい一緒にずーっとギターの話ばっかしてた、鈴木健治さんが、とうとう念願のFenderという名の伴侶を・・・(感無量)

昼から電話くれてたんですが、Tokyo Guitar Showには打ち合わせあったため一緒に行けずだったのですが、その後うれしそうにギターと一緒に写った写メが届きました。

良かったですねー。ホント。

良い音出しちゃってくださいませ〜!


070622 203956

ボケボケ写真ですが・・・

4台玉突き事故でした。おかげで打ち合わせに遅れました(汗)

みなさん安全運転で頼みますよん。

この記事へのリンク | トラックバック (0)

2007年6月22日

憧れのドラマー

今日、昔から好きなドラマーの一人。

林立夫さんにお会いしました。

紹介してもらって握手して、ちょっとお話出来て嬉しかったなぁ。。。

あのタイムがながーーーーーーーーーーーーーーーいリズムはこの手が生み出してるのかーってちょっと長めに手を触っちゃった(笑)

キモいね俺(笑)

昔から特にドラムって大好きな楽器。

彼らが良くないと、バンドは絶対よくならない。

昔は勘違いして、メトロノームのように、テンポをキープする役目だと思っていたなぁ(笑)馬鹿だったよなぁ(笑)

テンポ感は演奏者全員が鍛えるもの。

ギターだって、ベースだってプロはみんなテンポ感完璧なんだ・・・ってことを知るのはかなり大人になってからでした。

ドラマーは指揮者なのです。

曲の展開を作っていく人。

ドラムが好きだから、研究してこだわってるんで、そこらのギターリストよりドラマーに厳しいかも。

ホント昔から好きだったので、国内外関係なくアーティストがメーカーと組んでやってるドラムクリニックにも通いましたよ〜。

会場に行ったらすぐに一番後ろを陣取って、かじりついてGrooveの説明や腕のフリなど見てメモ取るっていうドラムに勤勉なギターリスト・・・(笑)

そしたらあるクリニックの時、その時の先生「そうる透」さんがスタッフを呼んで、僕の真剣なまなざしが気に入られたのか、一番前のど真ん中に座らせてくれた事あったな(笑)

会場にたくさんいたアマチュアドラマーの注目の的だし・・・どうしよーーーーー叩かされたら・・・ってガクガクだし、すげーそうるさん俺に向かって一生懸命説明してくれるんですが・・・緊張で記憶がありません(汗)

そんなこんなで、話それちゃいましたが(笑)ホントにドラマーにも色々タイプはありますよね。

僕はシンプルで、サスティーン(音価)をコントロールしていて、ダイナミクスが豊富なドラマー全てMy Favoriteです。

もっともっと知りあいたいなぁ。良いドラマーと。

この記事へのリンク | トラックバック (0)

2007年6月21日

いやー色々壊れてくれますねー。

昨日の日記。

やっぱり急いで書いたんで、誤字脱字だらけでしたね。後から読んだら俺だけ分かる内容でした(汗)

というわけで、ちょっと書き直しておきました。失礼。。。(汗)

日記の最後にも書きましたが、急いで書いたのはレコーディングがあったからなんですが・・・

仕事ギリギリまで日記書いていたか、現場に着いてすぐレコーディング用の機材が壊れた(汗)まだまだ今月はレコーディング続くというのに。。。

録音途中から機材が変な音出しまくり、音量が自動的に大きくなったり小さくなったり・・・1トラック冷や汗かきながら録り終えた頃には、楽器屋に走ってもう一台買ってくるしかないか・・・なんておもったんですが、一瞬だけ直ってくれたので、恐る恐る最後までそれ以上触らず使いました。良かったー録り終わってくれて(汗)

買いに行ったら買いに行ったで、かなりの時間のロスですからねー。

最近は、Line6、Zoom、GuitarRig等のソフトみたいにギターアンプに取って代わる色々便利なのが揃ってまして、ご多分にもれず僕もこれらのお世話になっているわけですが、これらは精密機器なので壊れたら機械素人には何が原因か分かんないのが悩み。

あと便利といえば・・・弦なんか、最近では鉄で出来てるのに錆びない!という、自然に逆らった商品まであります(笑)

それらは、今まで大きな機材を持っていかなきゃならなかったのをコンパクトにまとめ、たくさんの弦の予備が必要だったのを減らしてくれ・・・確かに有り得ないくらい助かってる部分ありまくりですが、難しい問題もたくさんあるんです。

それは、弦や機材ってのは、だいたいこのくらい使うと死ぬ(使えなくなるという意味)っていう時期が、もう20年も弾いてるんでなんとなく分かってるんでけど、最新技術の弦や機材は何が原因でいつ天に召されるか分からないのです。

あと僕はテクニカルな演奏に全然興味がなくって(もちろん速いテンポでは速く弾きますけど)見た目に凄いだけで吐き捨てるようなトーンになる事を避け、「なんちゃってギターリスト」だからこそ、そっとすくい上げるように最高のトーンを出すって事だけには特に命懸けてるんですけど、最新機材や弦って98点くらいまでは余裕で点数出せるんだけど、なぜか後2点が届かないんですよねぇ。

もちろん色んな曲があるし、プロである限り呼ばれた仕事の各曲の曲自体が「こういう音で弾いてくれー」って言っているトーンで弾きたいと思う。
となると結局それは僕のギターでいう100点の音では無くていい曲のほうが多いし、そんな事より多種多様な音のほうが必要なので、便利な機材を前にして「10曲に1曲くらいしか必要じゃない後2点は我慢して、仕事なんだから何でも対応できる便利さをとるか・・・」とも思うんだけど、やっぱりその2点が自分の「余裕」として残っているかどうかってのは演奏中では特に精神的に違ったりして・・・

僕を良く仕事で使ってくれる人や、ファンの人は「末松の音は温かい」って言ってくれるんですが、それは音を出す時にそこに圧倒的に気を使っているからだと思うんですよね。

だから、僕のギターは「込めてます」ってより「愛情込めてます」ってニュアンスの方が近いと思う。

そう思うと、良い音で録るのにマイクセッティングとかスゲー時間かかるんだけど、便利な機材より、得意分野が決まってる大きなアナログの方が良いのかな・・・

なんて悩みながら、今日もギター雑誌を持ったまま寝るのです。

おやすみなさい。Zzz...

またまた長文・・・あいすまぬ(汗)

この記事へのリンク | トラックバック (0)

2007年6月20日

またまたギターの話[スルー推奨]

今日なんて夏ですねー。梅雨はどこへ・・・というくらいうちの周りは晴天。
噂で聞いたんですが、今年は42.5度まで上がるって本当ですか?
今ですら車に機材積むだけで、ビショビショになるほど汗かくのに、平熱を5度超えた気温って・・・どうなるんでしょう?

ってことはともかく・・・
Rec仕事や長期ツアー用にアコギ買いました。
エレキは皆さんご存知のように、最近よく買ってますが(汗)アコギは・・・本当に久々。
僕は現在、そう高くないあるメーカーのアコギをメインに使ってます。
本当はアコギ仕事多いんで、もっともっと本数買わないときついんですけど・・・

それもこれも・・・とあるツアー仕事のリハーサルで休憩〜ってなって休憩室で皆と話してた時に、スタジオに忘れものしたのでとりに戻ったんです。
そしたら、ローディーの一人が僕のアコギを使って、し・か・も!センターのメインマイク使って「波田陽区」の真似してジャンジャン・・・残念!って笑いながら弾いていたんです(驚)

その時は別に何も言いませんでした(←次の日から本番だったので、事を荒立てたくなかった)が、機材を守るべき人が、ミュージシャンが大切に何年もメインギターとして付き合ってきた、しかもこれからツアーに出る機材使って遊んでる・・・
それって、音楽を作る人間の一人としていかがなもんでしょ?

というわけで、その日以来、ツアーやライブはスタッフが遊ぼうが何しようが壊れないように耐久性が高くって、壊されても持ち込めばその場でメンテナンスしてくれるメーカーの物を使おうと思って以来、都内にあるメーカーにお世話になってるんです。

誤解して欲しくないですが、99%のローディーさんは抜群です!音楽、楽器に愛情を持った素晴らしい人ばかりです。

今話したのは、あるツアーで出会った、残りの1%の残念な人の話。

でもね、そればかり気にしすぎてか、最近こだわりが無いように思われちゃってるんですよ(笑)
たしかに、弦張ってありゃ何でも弾くし、特に僕はジャンル広く演奏するんで、余計何者?って感じなのでしょう・・・仕事だから色々弾くのはしょうがないんだけど。

ただ、やっぱり見た目も、持ってるギターも全部そろって「その人」なのも本当ですからね。
たしかにそりゃそうだ!ヴァン・ヘイレンが大正琴じゃね?(笑)

僕としては自分で言うのもあれですが、ある一線を超えてるギターなら良い音で鳴らす自信があるから、ツアー道具には特にこだわらなかったのが誤解を生んだんだろうなぁ。難しい世界だ。
でも仕事は減らず増えたんでよしとしよう(笑)

そんなこんなで、最近はエレキも機能性耐久性というより、僕の事を一目で分かってもらえるように、見た目も音もこだわって、より末松色濃い物を使おう!
そう決めたんで、最近ギターが良く増えたわけです。

これで初めて僕の事みた人でも、分かってもらえると良いなぁ

でも、エレキは良いのよ。
問題はアコギで・・・そもそもアコギは耐久性が低い。
うすーーーーい板の張り合わせですからね。すぐ壊れちゃうわけ。
なので、うちの大切な娘(ギター)達が、他の男(1%のローディー)に遊ばれちゃう事を考えると、とても大事な一本になりそうな良いギターにはずーっと手が出なかったんですが(笑)上に書いたような理由と、色々お世話になってる人からの紹介で、Taylorというメーカーのギターが気に入り、今後メインで使う事にしました。

たくさん触らせてもらった中でも、僕は612ceというモデルが気に入りました。
ソロギター向きではない、ローの押さえられたアンサンブルで使えるギターですっ!いえい。

いやー長いブログだ。。。ごめんっ!

あ、やべー!!!仕事にいかなきゃー!ひゃー!誤字脱字お許しをー!

この記事へのリンク | トラックバック (0)

2007年6月19日

色々とお礼を。

相変わらず、鈴木健治さんとあれがいいこれがいいとギター研究に余念が無い毎日です(笑)

浅岡雄也さん楽しみにしてますっ。

Roofsのみなさんありがとうございましたっ!

先輩方もありがとうございました。

そして、母の命日にメールをありがとう。
おやじも忘れかけていたのに、記憶してくれていて、本当に涙でそうでした。
ありがとう。

この記事へのリンク | トラックバック (0)

  1 ...   250  251  252  253  254  255  256  257  258  ... 267