2021年8月13日

焦りは禁物

やっぱり若いと焦るよね。
めっちゃ俺も若いとき、焦りしかなかったなぁ。。。という割にはよく寝てたかw
勝ちたいものね。でもね、でもね、勝ちたかったらゆっくりですよ。

要は普通のことをやってはいけない、当たり前のことをやらなきゃならないってわけですよ。

どう言うことか
例えば音楽業界でギターリストとして上手く行く人って、まず様々なジャンルに対応できる読譜力が必要で、あとはみんなと仲良くできるコミュニケーション能力ですよね。

これを前提に話すと、当たり前の社交性は持っておこうよ、音楽家の情報共有ツールである譜面の読譜力、それに伴う様々なリズムは鍛えておこうよってことです。
これってどちらも、焦って手に入るものじゃないですよね。他言語を覚えるようにじっくり何年も付き合っていく、ひたすら目の前にあるものと対峙する時間が必要になります。

逆を言えば、普通のことというと何かというと、ギターの所有欲に負けてギターを買う(ううう、耳が痛い)好きなギターリストの研究して同じように弾ける(これは何にも悪くない)手早くすごく見える速弾きをテキスト見ながらやる(これは意味ない)という訳で、ついつい派手で見栄えが良いものから手をつけてしまうんですが

やはりこの世の中で、手っ取り早いって必ず副作用がついてまわる訳で、まぁその副作用っていうと何かというと

・当たり前の基礎がつかない
・みんなと同じことをやってるからドングリの背比べ
・好きなことしかやってないから、他人からの情報が入らない
・派手さで売るともっと派手なことを求められ
・初心者のままの重心の置き方になる

っていうことに尽きます。

結局見地が狭くなって、マイノリティーになってしまう。
そこが非常に難しい部分です。

例えば、もし何かの作品を出したことで大ヒットが生まれたとしましょう。
でも、いきなりなのでどうやってそのお金を使っていいのか、どうやって振る舞っていいのかわからず、結局一年で一家離散っていう話は腐るほどあります。
突然生活レベル、ランクが変わっても、そもそも下調べができてないから大パニックになってしまう訳です。たまたま当たったから同じクオリティのものが連続して書けない、税金も知らない、教えてくれる仲間も作ってない、妬まれた時の対処も知らない。

ちょっと話を変えれば、好きなことをやりたい。これは皆が願っていますが、果たして人間として生きてて、日本のどこかに好きなように生きれてる人いますでしょうか?
好きな時に股間を出し尿意を済ませ、つばがたまればどこにでも吐き、、、としてる人いますか?結局いないんですよ。

でも、こと音楽になると好きにやりたい!となってしまう。
そのせいで、その人は◯ナニーが果たせるのでいいのですが、結局一緒にやった周りからは勝手なやつと見られ、その状況を見た人はこいつとはやらないほうがいいなと烙印を押されてしまっていることに気づいてないんです。有名人だと炎上するので気付くんですが、アマチュアはほとんど気付かずじまい。

そんな訳で、じっくりやる、じっくり成長する、これしかないんです。
焦るなら、実力アップに時間を全振りする。
ただ、勝てる時期が来たら一気に行く。どこまでも全てを受け入れて売れる。ただ、いつもじっくりに戻れるというか、帰ってこれる自分のペースを作っておくことが非常に大事なんです。

なかなか伝わらないんですが、一応未来のスターが読んでくれることを祈って書いておきましょう。

この記事へのリンク

2021年8月12日

速弾きにはブルースの力感が一番の元凶

さっきはライブ配信でした!

https://youtu.be/m_7tlZGTKhg

初めてか何度目か?ちょっと忘れてしまいましたが、Inner Bamboo Electron / SUMO STOMPのお二人にいただいたエビスビールをいただきました。

正直やってる最中は全く酔ってない気でいましたが、最終的には若干記憶がw
あ、それはいつものことか。

今日は力感の話をしましたが、結局30分くらい話してしまってしまいました。もうちょっとボリューム落とせると良いなぁ。

ついつい熱くなって、喋りすぎちゃうんですよね。

話しているうちに迂回路が見つかって、そっちに迂回してるうちに白熱してきてしまう。
しまいにゃギター持って何にも思いついてないのに、弾き始めてしまう始末w

と言うわけで、尺を考えずに話しすぎましたよってご報告でしたw

この記事へのリンク

2021年8月10日

夏を満喫したんだが

湖に漂って釣りしてきました。
もう関東圏内はコロナで溢れてますからね。

こうやって距離が取れるところしか怖くてなかなかいけない。

という事で外から帰ってくると、いつも耳かきするんですが(なんか長時間外にいると耳の中が固まったような気がするの俺だけ?)いつもの大事な耳かきがない!ない!ない!

めっちゃ耳かきが好きで、外耳炎になる程よくかくのですが(いいのかそれで)それでいいの見つけたらすぐ金を惜しまず買うのが耳かき。

そしてこの数十年で一番気持ちよく、細かいカスまで取れるのがこの耳かき!めっちゃ試したけど、絶対これw
もう見つからないので、今日も3本も注文しましたw
スクリーンショット 2021-08-10 19.48.35.png

皆さんのおすすめもツイッター、インスタグラムで教えてください^^


https://amzn.to/2Xfkk7Z

この記事へのリンク

2021年8月 9日

昨日は音楽理論をがっちりレッスンしました

https://youtu.be/fEFmApREQd0

昨日は誕生日だったのですが、こんなご時世ですし、外にもうかうか出ていけないので、家でみんなにお祝いしてもらえる方法、、、と考えてw

音楽理論を体力が続く限り教えてみましたw

みんなも音楽理論を知れて、僕もみんなにお祝いされて幸せという素晴らしいウィンウィン方式!

というわけで、ぜひみてください。

オススメはアーカイブを見るときに、キャプション使って、必要なところだけ、1.5倍のスピードで見ることです!

音楽理論署はこちらからゲットできますよ!
http://kazutosuematsu.cart.fc2.com/ca5/7/p1-r-s/

この記事へのリンク

2021年8月 8日

可能性はもっと先にある

今日は自分の誕生日です。

まだ何も言われてない時間にアップしますが、先に言っておきます、お気持ちありがとうございます笑

まだまだコロナ渦なので、何もしない一日です。
でも、今日まで生きてこれたことに感謝して、1日過ごしたいと思います。

実は最近だいぶ生き方が変わってきました。
まだまだなんですけど、自分のダメさ加減が今更になってわかってきて、ここ数年必死になって取り組んでいます。実力以上に大きく見せようとしてしまったり、媚びへつらい、好き放題しすぎて人を傷つけたり、自己肯定感も欲しかったんでしょう、まぁ如何しようも無い人間が如何しようも無い時間を過ごしていたように思います。

この年齢になってからでは何もかも遅いんですけど、もう死んだ一度終わった人間ですから、色々最後は恩返しして生きていこうと思っています。

というわけで、経験が足りないのでうまくいかないことばかりだったせいで、基本的には性格は明るいんですけど、ずっと暗いトンネルを進んでいたような気持ちでいました。

そこで、実は数年前ツアーか何かの行きがけに、暇つぶしに話題になってる本でも読むか〜とホリエモンさんの本を読んだんです。ええ、ご存知の方は全く持って学がない僕が本を読むなんて信じられないと思います。こちらです。

そしたら、2時間のフライトの間で、全く本が読めない僕が完読してしまった。。。
びっくりです。全然文字が読めなかった僕が、夢中になって全てを読み終えてしまってた。
そうか、小説や物語なんかは読めないんだけど、興味あったり自分の人生にでてくるような話は読めるのか!と自分を理解した一瞬でした。

それから、ありとあらゆる本を読みました。
様々な本を、これまた疑問に思ったことを解決できるようなことを中心に、どんどん読んでいきました。

特に音楽家というのは難しい。なんせ「自分」という難しい商品を皆さん売ってますから、売れた人はそれはそれは雲の上のように振舞いますし、それ以外の人はハイエナのようにガツガツしている印象で、どちらとしてもとても関わるのに勇気が必要な印象でした。いやー若手の頃はどうやればいいか本当に困惑しかなかった。

そういう悩みとその根源を、本で過去の歴史からたくさん学びました。
そして人という生き物の特徴に対して、僕がやってきたことが裏目裏目に出てしまうことをやってることもよく知りました。経験だけは人一倍色んなことをやってますから、本の内容がわかりすぎて辛いほどでしたw

例えばメールのやり取りの話。
お願いしたいことがあります。ちょっと無理をいいますが、ご相談に乗っていただけませんか?

ってよく使いますが、僕はこの後立て続けに、〇〇という仕事があるのですが、ご一緒させてもらえませんか?と矢継ぎ早に文章を続けておりました。

でも相手のことを考えたら、まずご相談に乗っていただけませんか?の後返信を待って、どんなご用件でしょう?の後に先ほどの文章を書くべき。とか、相手のOKが出る前に書くのは失礼だとか、本当に知らなかったっていうか考えてもみなかったw

本当に色々と本で学ばせてもらいました。社会経験がない人間の末路ですw
一度社会で揉まれるとそんなことすぐ覚えたんでしょうけど。

そうやってギターばかり弾いてきた末松が、1日の半分を本に持ち替えて今日があります。
今日少しご紹介した本を片手に、自分を見直して、最高の作品を作って、多くの方に届けたいと必死に頑張っていきます。

本当に今日読んでくれて、ありがとうございます。

この記事へのリンク

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  ... 290