2020年1月 6日

2020年!

皆様あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

12月は随分とドタバタしてました。

もちろんSMOOTH ACEさんのクリスマスライブ

IMG_7176.JPG

有馬美紀さんのクリスマスライブ

IMG_9815.JPG

藤野みゆきさんのファンクライブ

IMG_7277.jpg

斎藤ネコさんのネコカル忘年会

cache_Messagep98192.JPG

いやー、素晴らしい方々との演奏は最高でした!!!

あとフェンダーの忘年会に伺ってチャーさんはじめ、JINOさんなど様々な方にご挨拶し、なんと人生で初めて!抽選会で当たりました。しかも何と最初に呼ばれたのがびっくり。くじ運は一生ないと思っていたのに笑

なんかこの日から妙に運気が良い感じがするんですよね。

まだ詳しい事は書けませんが、僕の書いた曲がとあるところで気に入ってもらったり、YouTubeで突然動画再生回数が3万を超えたり、初詣で引いたおみくじは番号が第一番で大吉だったり!

IMG_7455.jpg

こんなに運気がいい感じなのは、人生で初めてなので、ちょっと恐い位ですね。反動で悪いことが起きなきゃいいんですけども汗

と言うわけで、たくさんの人に見てもらうチャンスをいただいたので、少し真面目にYouTubeをアップし始めました。しかしまぁ3万再生以外の動画は相変わらずたいしたことない再生回数でウケてますが笑

ま、ただのラッキーだったようです。

なので、よかったらチャンネル登録してあげて下さい涙

チャンネル登録はこちらから
https://goo.gl/EBh9Ku

この記事へのリンク

2019年11月24日

本を書いてます。

今、本を一冊書こうと思っています。
そうです、まさしく僕の自伝です。
幼少期から大人になるまでの輝かしい僕の人生を綴っていこうかと思っています笑笑笑


fc91acf8f2e4007a5b3b3b21e2cb7994.jpg

(こちらは以前書いた理論書)

ごめんなさい悪い冗談です笑

先日ヴァイオロジーと言う本が発売されました。
それはスティーヴ・ヴァイ先生が自分の音楽感を書いたものだと言う触れ込みがありまして、それは素晴らしいと思って期待していたのですが、実際読んでみると、やっぱり最後は煙に巻くような言葉で締めくくられていて(やはり具体的な言葉では書きにくいのですよね。様々なことを断定してしまうので)若干残念な感じがありました。
でも、できれば断定して、あなたの経験上でいいから得られた結末が書いて欲しかった。音楽理論書はそういうことを書いてはいけませんが、スティーヴ・ヴァイ先生の体験談なのだから、好きに書いた方が良いのにと思いました。

で、僕は結構何事も理屈っぽく、いろんなことを理詰めで覚えてきましたが、実際の音楽活動では、こう考えた方が良いと言うようなことが多々あり、音楽の内容はもちろん、アマチュアのときの活動の仕方、プロになってからの人付き合いの仕方、機材のことなど、僕は不器用な人間なので散々怒られ試行錯誤して得られた情報が沢山ありますから、それをありのままつづったら、プロを目指す方々の(僕もただのプロ指向ですが)ためになるかなぁと思って、実際書きはじめたところであります。
海外にはたくさんのそういう本があるんですけどね、日本にはこういうのがないので、一つくらいあってもよろしいんじゃないかと。

慌てて出すわけではないので、どこか出版社さんで興味がある方はご連絡ください。

ご連絡なければ自主出版として発売しようかと思っております。

この記事へのリンク

2019年11月23日

おおらか中国

手島葵さんのツアーで行った、久しぶりの中国でしたが、街もきれいでしたし、衛生面もそんなに怖くなかったですが、何より感心したのは、人々のおおらかさです。

image1-10.jpeg

車は、譲り合わず、何だったら自転車のようにすり抜けようとする人たちばかりで、正直言ってヒヤヒヤして乗っておりましたし、クラクションは鳴りっぱなしで、初めはもーやめてって感じだったのですが、、、

そこだけ聞くと最悪なように思うかもしれませんが、よく見てみると、クラクション鳴らしている人も、鳴らされてる方も、まったく怒ってないんですよね。

顔はみんな真顔か、ニコニコしてるようなもので、あくまでも注意喚起として鳴らしてるような感じなんですよ。

それでもうるさくて嫌だと言う方もいるかもしれませんが。
でも今の、日本ではクラクション鳴らすとか、ちょっと割り込みみたいになっただけで、車から降りてきて罵声を浴びせさせたり、殴ってきたりするような時代。

とにかく、誰よりも自分を大切に扱ってほしいと感じすぎている現場があるような気がします。

いつの間にこんなにお高くなっちゃったでしょうかね?

人は失敗するもの、間違えるものです。どんなに時代が進もうが、人の考えてることはわかりませんし、生まれ育った環境、食べてきたものが全く違うのに、自分の考えが1番正しいと拳を振りかぶれるようになってしまったら人として終わりだと思いませんか?


この記事へのリンク

2019年11月21日

手嶌葵さん中国ツアー

久しぶりに手嶌葵さんのサポートで、中国へ行って参りました。以前香港や北京は行ったことがあるのですが、それよりもっと西にあります、武漢と、成都と言う街に行ってきました。

image1-9.jpeg

本当に、高級車ばかりが走る、東京で言うなら表参道や、六本木と言った感じの街で、食事もどれも美味しく、非常に過ごしやすかったです。

演奏のほうは。

実はですね、手嶌葵さんのサポートを以前から誘ってもらっておりますが。。。

僕って、とにかく黒人のグルーヴを追求し、ファンキーに…生きてきたんですかね?

あまり自分で自分のことを分析した事は無いのですが、そんなふうに感ぜざるおえないような気持ちになりまして

手嶌葵さんの非常にクラシカルなテンポの揺れ、ソロギターの要素、間の取り方、縦のコードの積み方、どれもが非常に難しく、以前は困惑しっぱなしでした。

そこからですよね、クラシカルな演奏にも対応できるようにと、ソロギターのスキルアップのために仕事を始めたわけです。

今回はそういうことを経ての、久しぶりの手嶌葵さんでしたが、今回は…バッチリだったんじゃないかなと思います!

手嶌葵さんもかなり楽しかったと言ってくれましたし、最近の努力がしっかりと実を結んだツアーとなりました。

引き受けた仕事に、ちゃんと努力し、結果出せたときには本当に嬉しいですね。また仕事で培ったその能力が、自分の音楽にさらなる彩りを加えてくれることだと思います。本当に手嶌葵さんを含めすべての関係者に感謝いたします。ありがとうございました。

この記事へのリンク

2019年11月20日

藤野美由紀ライブ

42c5668837f5b44ebbdb163955c307bb_15308ad5e765dd9bf404fd6c70b26779.jpg

2019年12月27日(金)

藤野美由紀リーダーライブ

Start 19:30

予約3,800円
当日4,000円

新宿 Music Bar Circle

この記事へのリンク

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  ... 283